ウィルス捕獲!

ピーピーガーガー、「あ、あ、こちら佐倉警察生活課1班!4月1日午後3時15分。容疑者と思われるウィルスを296号路上で身柄確保しました!」「あーあー、こちら本部、直ちに本部へ連行しろ。念のため写真を本部まで転送」

「了解!」
DSC_0267.jpg

「あ、すみません、間違えました。確保した容疑者はこちらです。」

IMG_0757.jpg
手配書のものより、ちょっとイガイガが多いですが、逃走するときの走り方がコロコロコロナと言いながら走っておりましたので、間違いありません。かなり凶暴なやつで、掴むと痛いです。
IMG_0758.jpg
IMG_0756.jpg

なーんてことになりませんかね。

え?誰も本気で読んでない?えへへへ、エイプリルフールにしてはちょっとおそまつなお話でしたね。こらまった、失礼しました。

CORONAってのは、CROWNの語源なんだってね。太陽のコロナも、この容疑者もとげとげが、王冠のとんがりに似ているから、つけられたらしいよ。

オイラの通っているジムがこの1か月、スタジオで行われるレッスンが全てお休みでしたが、今日から復活。ドアも窓も開けっぱなしでヨガみたいなことをやってました。あーあー、そんなレオタードであられもない格好を・・・なんてことはなかったですね。
いままで空いていたので、器械などはよりどり見どりで使えてたのだけれど、ちょっとづつ皆さん復活するのかなぁ。今日のところはまだ少なかったけど・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

浜えくせる
2020年04月02日 02:36
オ・ケ・エ・ケ・エ・イッソ?(O QUE E QUE E ISSO?) それは何ですか? の ポルトガル語表現です。
球形で太いイガで覆われたピンク色の物体は、何ですか? 台所用品ですか? 手のひらを刺激するものですか?
日本人は、QUEと聞くと毛を連想して笑いますが、ブラジル人はCU(ク)というと笑います。例えば九時半というとCU DE RAと書き 食用ガエルのけつの穴の意だからです。
ブラジルでは桜田淳子のク・ク・クック・私の青い鳥は歌えません。

スポーツ・ジムの再開は良かったですね。雨天の4月1日近所のショピングモールへ行ったら、スーパー以外はガラ空きでした。
風船屋店主toHAMAsan
2020年04月02日 14:30
「それはなんですか」と聞かれましてもね。佐倉警察が身柄拘束したウィルスなんですけどねえ(笑)。
握ると、手のひらが刺激されて、ボケ防止になるかもしれませんという製品なんですね。クルミの実みたいなものですかね。
CU DE RAで、カエルの尻の穴?へー。DEは前置詞なんでしょうね。名詞と、前置詞とアルファベット文字数がみーんな2つづつってのもなんだかおかしいですね。
浜えくせる
2020年04月02日 15:12
手のひらを刺激するものなんですね。
DEは前置詞です。アキレス腱がTENDAO DE AQUILESのように。英語のOFです。
余談ついでに、ブラジルで、久保田とか、奥とか、大久保とかの名前の日本人が自分を紹介すると、CUが入っているので、笑われるので、名前を変えないと駐在しずらいみたいです。奥はTHE ANUSです。
日本国内でも、現役時代、職場で「奥さんから電話よ」と言われて、ドキッとしたら、奥という名前の男性から麻雀の誘いでした。
風船屋店主toHAMAsan
2020年04月03日 16:04
違う言語の同音異義語というのは困りますね。こんど、ブラジルの人の多い町(群馬県の大泉だったかな)にいったら、「ようこそここへーCUCUCU]と歌ってみましょう。昔、今東光とか、今日出海がフランスへいった時は、困ったらしいですね。コンという発音が・・・今日出海は慥か、文化庁の長官かなんかだったから、文化交流でフランス人とは会うことも多かったでしょうしね。