中国ウィルス

いままで、自分で勝手にシンコロなんて略称で呼んでいたけど、せっかくトランプさんが、「中国ウィルス」と名付けてくれたので、こう呼ぶことにしますか。

いやぁ、昨日も食事会が銀座であったので、お江戸に行ってきましたが、銀座の歩行者天国もがらがらでね、混雑の苦手なオイラとしてはうれしいけどね。
うれしいけど、まじめに考えるとちょっと空恐ろしくなってきますね。
2020032200001.png
これは相当長引くでしょうね。オリンピックも多分1年くらい延期になるでしょうね。偉い人は「完全な形で、予定通りのスケジュールで」と力説していますが、エライ人が力を入れるときというのは、多分「延期もやむなし」と考えてるんだと思うのですがね。

ま、この中国ウィルス、ひょっとしたら、高齢化社会を整理するために神さんがつかわしたものかもしれませんね。
2002年に流行した、SARSは感染者8000人で致死率10%前後だったらしいけどさ。
2012年のMERSは感染者2500人で致死率34%だったんだって。

今回の中国ウィルスの場合、致死率を年代別にみると、
40代以下は0.2%程度と低いけど、50代で1.2%、60代で3.6%、70代で8%、80代以上は15%と急激に致死率が上がっとりますです。はい。

感染して、潜伏期間が6日くらい、軽い風邪の症状が1週間くらい続いてから、重症化・感染確定となるので、感染してから2週間は本人もわからないわけですね。年よりは、ひょっとしたらと外出とりやめ、自宅静養しても、若い人は風邪程度だったら飛び回りますからね。
若い人がまき散らして、年寄が死ぬという構図になっていくわけです。これが収まった後は、年寄の比率が少なくなってるかもね。
年寄りは、若者に負けないように、自衛するしかないわけです。

それにしても世界の死者が1万人を超えたというのはちょっとやばいですね。中国、イランなどはわかりますが、イタリアの死者が中国を追い抜いて3400人だってね。イタリア人はだれかれかまわず抱きついてキスするから感染しやすいのかな?

我々は、本当のパンデミックは歴史でしかしらないからね、その恐ろしさがまだわかってないんだよね。だから昨日も沖縄のおばはんが帰国後隔離滞在を言われているのに、勝手に公共交通機関で沖縄に帰ったりするんだよね。

14世紀に流行したヨーロッパのペストでは1億人が死んだと言われているね。
1918年のスペイン風邪は、その時の第一次世界大戦の死者1000万人を追い越して、8億人感染、死者4000万人と言われているね。
1957年のアジア風邪は200万人死者。日本でも東京都で80人死亡だって。

ま、なんといいますか、人間が自然を侵食してせっかくバランスがとれていた自然界を崩しているものだから、ウィルスが急激に変性しているともいわれていますね。
1998年にマレーシアで流行した二パウィルスなんかも、もともとは密林に住むコウモリを宿主としていたウィルスが、養豚業の隆盛に伴い、密林を切り開いていったものだから、コウモリのウィルスが豚に移り、豚の中でウィルス同士の遺伝子交換から新種のウィルスが立ち上がったといわれております。

今回の中国ウィルスもコウモリ起因と言われておりますが、途中で豚が介在して人感染する新型のウィルスになったとみている学者もいます。

とにかくウィルスというのは、生物じゃないからたちが悪いね。自己増殖できないから、生物の分類に
入れられてないんだよね。殻があってその中には遺伝子しかなくて、生物の体の中で細胞を使って、増殖してつくという卑劣なやつです。生物としての機能を持っていないから、細菌なんかよりも小さくてどこでも入っていっちゃうんだな。

ま、とにかく東京に出ても、博物館は締まっているし、美術館も閉まっているし、コンサートは中止になるし、食べるしかないんだよね。そろそろオイラも気をつけて、少なくとも感染の鎖にはいらないようにしないとね。

国立感染症研究所の数理モデルによると、一人の感染者が東京で出歩くと、2週間後には全国で35万人の感染者が出るらしいからね。
ネズミ算より恐ろしいね。
35万人といえばあーた、佐倉市が二つ消えちゃうんだよね。ごっそりと。

しかも、仮に日本が撲滅したとしても低開発国で感染が広がれば、どんどんまた変性しながら入ってくるからね。

おーくわばらくわばら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浜えくせる
2020年03月22日 23:11
このご時世、銀座の歩行者天国も閑散としていた由。
私は定年退職前の5年間は、銀座勤務でした。退職後も月に2回は銀座へ出かけ、パソコンのボランティアやカラオケスナック、キャバレー通いでしたが、
カラオケスナックは和食の割烹に変身、キャバレー「白いばら」も閉店して、
出不精気味の昨今、今回はコロナウィルス禍・・・ますますお江戸が遠くなりました。
品川・田町間の新駅や原宿の新駅にも興味がありますが・・・
風船屋店主toHAMAsan
2020年03月23日 09:27
「白いバラ」ね、残念ながら閉店になりましたね。閉まる前にもう一度行っておこうと思っていましたが、ついつい行きそびれてしまいました。由緒正しい、キャバレーでしたね。
武漢から国家手配のチャーター機を利用しておきながら、検査もしないで、帰った輩とか、帰国して熱があるのにそのまま帰ったおばはんとか、世の中無責任なのがいるから、高齢者は繁華街などにはいかないほうがいいですよ。
・・・といいながら、私は行っておりますけど。自分が感染してくたばるのはいいかと思うのですけどね、人に移すのは悪いですからね、ちょっとは気をつけようかと思います。