人間の感覚

人間の感覚、痛み、悲しみ、喜び、味覚、いろいろな感覚がありますが、お互いに相手の感覚がわからないところが難しい点ですね。


もう30年くらい前になるでしょうか。漫画家の東海林さだお氏が、「鼻毛一本抜いたときの痛みを1ハナゲという単位にして、痛みを表現したらどうか」なんてことをエッセイに書いていました。もちろん冗談ですけどね。
転んでひざを打った時、35ハナゲとか、お医者さんで「頭が痛い?どのくらいですか?」「46ハナゲくらいです」なんていう風に使います。
奥さんに「ふん、あんたなんかに、子供を産むときの苦しみなんかわからないわよ。28650ハナゲだったんだから!」なんていわれたら、「俺なんか、野球の硬球が股間に直撃してな、その時は32780ハナゲだったんだから。女には玉の痛さなんてわかんめえ」なんて、夫婦の議論もより具体的にできるってものです。

ナントカ スミスという(いい加減ですみません)学者が、ミツバチに刺された時の痛みはどこが一番痛いかと調べるために、あちこち刺されてみたようです。
2020011800001.png
その結果、一番痛くないのは頭頂部で、100点満点で13点。足の中指が25。陰部(よくやるね)が60点、一番痛かったのは、鼻の穴の中で、これは90点だとのこと。痛い上にくしゃみ、鼻水が止まらなかったそうです。
よく、蜂に襲われた時に、頭を押さえて逃げる図を見ますが、これからは、人差し指を鼻の穴に突っ込んで逃げましょう。蜂のひとさし、なんちゃって昔はやりましたね。田中角栄の時だったかな。

今朝、喫茶店で読売新聞を読んでいたら、窪田空穂の一首が出ていました。

  哀しみは身より離れず 人の世の愛あるところ 添いて潜める

なんていうんだけどね。

ま、なんていうのかね、今のオイラには、身につまされるというかね。
愛があるから、哀しいという気持ちがあるということなんだろうね。へえー

死に別れではなくて、生き別れの場合はどんな気持ちなんだろうなぁ。今度、離婚したひとに聞いてみようっと。

いろいろと忙しく動いてはいるのだけど、足が浮いているというか、ふわふわしているというか・・・・
これが哀しいという気持ちなのかなぁ・・・

これを数値で表すとどれくらいになるのだろうか。

先日の同窓会で、10数年前に奥さんを病気で無くした男がいまして、平常心に戻るのに1年かかったと言ってました。
人によっても違うだろうし、完全に元に戻ることはできないだろうけどね。

今は哀しいかもしれないけど、突然目の前に若くて可愛くてやさしい(そんなのいるか?)女性が現れて付き合ってくれたとすれば、一気に哀しさなんか吹っ飛んで、「これは大チャンスやぁー」と大喜びできるのだろうか。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

sazae3
2020年01月19日 16:05
哀しさの中にあって、喫茶店の片隅で新聞を読む中で「窪田空穂の短歌」に目がとまるという風船屋さんGGのなんと言い表したらよいのでしょうか、何か映画のシーンを見ているような・・・・・私もこの歌を心に留めてまいります。素晴らしい感性をお持ちなんですね。
ますます風船屋さんのファンになってしまいました。

「哀しみは身より離れず 人の世の愛あるところ 添いて潜める」
ありがとうございます。窪田空穂の短歌に興味が湧いてまいりました。勉強します!
sazae3
2020年01月19日 18:24
済みません。長歌ですね。何でもかんでも短歌と言ってしまっていました。
浜えくせる
2020年01月19日 21:56
蜂の一刺し
足長バチに比べて、ミツバチに刺されても大したことはないと思っていましたが、ブラジル駐在中、テニスプレーの休憩中、ミツバチに刺され、痛みと腫れが、足長バチ並みで驚いた経験がありました。

また小田原の漁港で小魚釣り中、ハオコゼが釣れ、ひれに毒があるので触らないようにしていたのですが、ハオコゼが跳ねて私の手の指に乗っかって来ました。
最初釣り針による痛みかと思ったら、毒が指から腕に上がってきて、強烈な痛みでした。釣りどころではなくなり、タクシーで病院に向かおうとしたら、運転手が指や腕を氷で冷やせば、痛みは治まるというので、実行。
痛みは消えました。
ほかにも、ゴンズイ、アイゴ、エイ等に刺されたら怖いですね。クラゲも・・・。
風船屋店主toSAZAE3
2020年01月20日 16:11
いやはや、過分のお褒めのお言葉をいただき、汗顔の至りです。たまたま読んだ新聞に載っていたのが、なんだか気分にぴったりだなぁと思いまして。
愛は愛しみ(かなしみ)でもありますからね。ところで、57577になっていると思いますけどね。違ったかな。
風船屋店主toHAMAsan
2020年01月20日 16:12
風船屋店主toHAMAsan
2020年01月20日 16:19
HAMAさんも随分といろんなものに刺されていますね。私も釣りはやりますが、臆病なほど、まずトゲを切りますのでさいわいまだ魚には刺されたことはありません。メバルとか、カサゴのトゲに刺さったことはありますが、あまり毒はないですからね。蜂にはミツバチは数え切れないほど。なにしろハンカチ被せて捕まえに行ってましたので。幼児期にスズメバチに背中を刺されて、昭和25,6年のことですから、薬とてなく、隣のおばさんに朝顔の葉を揉んで絞ったのを塗ってもらいました。今でもちょっと凸部となって傷跡が残ってます。2度目は死ぬぞと脅かされているので、あまり近づかないようにしているのですが、それでも小学校高学年のころは、強力ゴム鉄砲でスズメバチの巣を攻撃したりしていましたので、スズメバチの世界では凶状持ちとなっているかもしれません。
sazae3
2020年01月20日 18:23
勉強不足ですみません。5.7 .5.7 が3つ以上続きその後に7の句で止めるようなものが長歌のようです。短歌の同好会に入り苦労しておりますが勉強不足で・・・。