切磋琢磨

切磋琢磨。兄弟弟子、友人、ライバル、同僚それぞれに知識・技を磨き能力を上げることなんですね。


自然界においても昔々、大昔。ムカシトンボが跋扈していたころ、植物としてはシダ類が大きくなって繁殖していたんだよね。
別にオイラも見てきたわけじゃないけどさ。

シダ類というのは構造が簡単で成長も早く、大きくなりやすいんだよね。構造が簡単なだけに、強度も弱く風で折れやすいという欠点があったので、そのあと形成層とか、導管とか、ちょいと複雑な木が出てきまして、成長に時間はかかるけど、しっかりと立っておれるという植物が繁殖します。

じゃぁ世の中、木ばかりになるかということですが、草なんてのも出てきまして、草も草食動物に食べられてなかなか子孫繁栄とはいかないので、イネ科植物のように、土中の珪石を体内にため込んで硬い葉脈を作り、動物に食べられないようにしたらしいのですな。
しかも、光合成で作った栄養分は葉に蓄えないで地面付近の茎に蓄えて、葉を食べても栄養があまり得られないようになっているんですなぁ。

ケイ素成分のあるイネ科植物をなんとか食べようと、牛さんなんかは胃袋を4つも作って、その中を食物を行ったり来たりさせながら消化するわけですね。1つ目の胃は容積が大きく微生物が働いて発酵させ、自ら栄養をつくるのですな。馬さんなんかは、やたら長い盲腸を作ってそこで発行させた食物を吸収しようなんてね。だからあんなに下腹が大きくなったんですな。
IMG_2204.jpg
食べるほうも必死、食べられる方も必死という長い長い進化の歴史があったのでござりますね。

女房の看病で、洗濯・掃除・検査の予約だ、銀行だなどと、忙しいときは忙しいのですが、病室に詰めているときはやることがなく、普段読みたくても読めなかった本なんかを読めるものですから、新しく仕入れた知識をこのようにひけらかすわけです。ははは・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント