佐倉市の水害

いやはや、今年は関東、特に千葉が台風の当たり年でしたね。

25日にきた21号くずれの大雨のお陰で、佐倉市の冠水がNHKの全国ニュースで流れ、北は北海道から南は九州まで、あちこちからお見舞いの電話とメールが来て、いやはや心配してくれる方々がいるということは有難いことです。感謝、感謝。

ま、本人は25日は東京でランチ会の約束があったものですから、気楽な気持ちで出かけまして、昼前からすごい豪雨を眺めながら、おフランス料理のようなものを食べておったのですがね。
3時頃になって雨も弱まり、「さ、帰ろか」とJR東京駅から乗ったときは「総武本線は佐倉から銚子までは不通でっせ」というアナウンスがあったのですがね。ま、とりあえず船橋まで帰ってきたら、「あーらら」京成電車も止まっているではありませんか。
よくよく聞いてみると、佐倉から先で冠水があって電車は佐倉までしかいっとりまへんということでございます。

ま、間引き運転の中、我が家は佐倉の一つ手前の駅でございますので、なんとか早ければ30分で着くところを1時間ちょっとでヨロヨロと帰ってきたのでごぜえます。

途中の車中の景色が水につかった水田などがありまして、意外と降ったんだなぁと思いましたがそれほど大した事とは思わなくて、皆さんからのお電話、およびニュースで、「わぁーすごいことになっとるやん」と知ったわけですね。

今日はもうそろそろ水も引いたかなと自転車に乗って、視察に行ってきました。

商業施設が固まっている「寺崎北」の交差点の辺りが、まだ結構水が残っておりました。多少、渋滞は見られるものの幹線道路は通じているようです。
ただ交差点から鹿島川に沿った道路はまだ通行止めになっていますね。

IMG_0038.jpg
これは成田街道・鹿島橋たもとのうなぎ屋「鹿島園」の様子。床上浸水くらいでしょうか。椅子とかテーブルが外に出ています。
堤防が決壊した泥水が流れ込んだわけではなく、水位上昇して溢水した状況のようで、あまり泥ははいっていないように見えます。よかったよかった。不幸中の幸いなんていったら叱られるかな。
IMG_0036.jpg
こちらは寺崎北の周辺。主犯の鹿嶋川はこんな川幅の狭い川なんだけどね。もうかなり水位は下がってますが。
IMG_0024.jpg
まわりの水田の方が低いので、水が全然引いていません。
IMG_0013.jpg
IMG_0015.jpg
IMG_0033.jpg
向こうに見える丘が佐倉城址。さすがにお城は高いところにあるね。武家屋敷もそう。わかってらっしゃる。
こちらはベイシア、カインズなどの商業施設。こちらも土盛りと擁壁で2mくらい高いので被害はなさそうです。
IMG_0035.jpg
鹿島園の方のコメントによると、25日当日夜には水位はピークを過ぎたかと思ったら翌日未明にまた、水位が上がってきたとのことですので、ひょっとしたら利根川の水門を開けたのかもしれないね。

10年くらい前にも、利根川が危なくなって印旛沼に水をあけちゃったんだよね。それで印旛沼が溢水して、臼井の水田および農家が冠水したということがありました。

印旛沼からは印旛新川を経由して、大和田機場から花見川を通って東京湾に放水するルートがあるんだけどね。
横にいた人が自転車で大和田から来ているというんで、大和田機場は機能していたのか聞いたら、必死に動いてますということでしたね。
ま、花見川もそれほど大きい川じゃないから、機場のポンプの能力も大したことはないのかもしれないね。
その辺の水収支のことも大和田機場に見学に行くとおしえてくれるのかしら。

ま、確かに今回はちょっと大きかったけど、この鹿嶋川とそこに流れ込む高崎川というのはちょっと集中豪雨が降るとよく溢水するんですよね。
1kmほど先の印旛沼に流れ込んでいて、その印旛沼の水位が利根川と大和田機場の関係で水位がきまるものだから、この川も溢れたくて溢れているわけじゃないんだよね。
ゲロを吐こうと思っても口を押えられているようなもので、鼻からゲロを吐いているような・・・・

もともと、利根川水系の沼地だったところを埋め立てて、水田にしたものだからちょっと無理があるね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

浜えくせる
2019年11月03日 22:04
台風や豪雨による千葉県の被害はひどかったですね。
茂原に住んでいる知人も床上浸水で大変だったようです。

鶴見川は氾濫を免れましたが、多摩川水系は武蔵小杉等、被害が出ました。
大河の水面が上がりすぎると川に流れるべき下水等が逆流するのですから、
堪りません。

以前も紹介しましたが、川崎に女體(にょたい)神社があり、昔、多摩川の氾濫がひどかったので、ある女性が身投げしたら氾濫頻度が減り、その女性を弔ったのがその神社の由来とのこと。

風船屋店主toHAMAsan
2019年11月05日 11:29
女性が身を投げて災害を鎮めるというのは、ヤマトタケルの奥さんがワダツミの神の怒りを鎮めるために身をなげたりとか、日本には昔からありますね。
堤防を築くときの人柱は男もあったようですが・・・・・
これだけ災害が増えてくると、どうでしょうかね、どなたかを・・・・
本物の女性はもったいないから、IKKOさんあたりにお願いしますかね。