札幌オリンピック

いやーまたまたやってくれましたね。オリンピックのバッカ会長。マラソンと競歩を札幌でやれだって?


まぁ、もともと8月に東京でマラソンをやるということに無理があったんだけどね。
東京側も、「無理です。10月開催にしましょう」と言えばいいのに(認められるかどうかは別として)、いやいや舗装に工夫をすれば温度を下げられますよ。やりますから。日本の国民はやるとなったら税金をどれだけ使っても文句いわないんですよね。
なんてことで300億円もかけて、今年の夏に試走をしたら、予定の20キロどころか、10キロで中止したらしいじゃないの。

その結果、「いけます」というのか、「イケマセン、ダメです」というのかもはっきりしなかったんだよね。

その結果、バッカ会長が「アスリート優先です。場所を変えましょう。札幌です。札幌の夏はウニがうまいというじゃありませんか」と言ったかどうか。

うそつけ、アスリート優先じゃなくて、アメリカマスメディア優先だろ?それにうまいのはウニだけじゃないぞ。脱皮直後のタラバだってうまいぞ。(オレ、なに言ってんだろ)
2019101900001.png
ボートの競技場を東京にするか、福島にするか揉めていたときに、「オリンピックは都市主催の大会だから、東京でやることが望ましい。福島は遠すぎる」なんて、わざわざ予算の高い方に変えさせたのは誰だっけ?
札幌は福島より遠いということを、誰か教えてやれよ。

小池都知事が悔しさのあまり、「北方領土でやりましょう」なんて言っていたけどね。ま、気持ちはわかるけど、ちょっと笑っちゃうね。
ま、baked poopだね、焼けクソ 「よーく焼けてますよー」。札幌と国後択捉は同じくらいの緯度だよね。どうせなら樺太にしようよ。蚊が多いだろうけどね。

車道の遮熱舗装に300億円使ったんだっけ。オリンピック委員会は払ってくれるんだろうね。その金あったら、台風15号・19号の被災者も随分助かると思うけどね。歩道ならまだ歩行者にもメリットがあるけど、多分マラソン用だから車道に舗装をしたんだろうね。まったくの死に金。あの森喜朗の「俺、まったく知らんもんね」という顔も腹立つなぁ。

もともと東日本大震災の復興もままならないときに、なにもわざわざ誘致することないじゃないのと思っておりましたけどね。

猪瀬知事は「お金はいくらでもありまっせー」とカバンを振り回すし、「お・も・て・な・し、うっふん。おもてはないけど、裏はある」と言って裏金配ったり・・・・

そもそもアタマをすりつけんばかりに誘致する必要があったのかね。

お陰で、東日本大震災の復興工事要員が東京に集中して工事は遅れるし、建設資材が高騰して、予算が足りなくなるし、なんだかなぁと思いましたけどね。
マスコミも当初はなんだかんだ言ってたけど、いまとなったら「オリンピックまであと1年」だものね。

公平に見て、8月の東京でのマラソンは無理だと思うけどね。そんなことは5年前にもわかっていたことで、わかっていても誰も何もいわないところが日本人なんだよね。

浅草の商店会のおじさんとか、「東京でやるといってるから応援してきたのに・・・」なんて言ってるけどね。やるというひとは、8月に40キロ走ってみてから文句いいなさいね。

半分プロ(全部プロもいるけどね)、の競技を見て「勇気をもらいました」なんて言っているひともいるけどね。
あんなもので、もらえる勇気なんてその辺の野良猫見てたってもらえるぞ。
簡単にもらった勇気は簡単にまた消えちゃうんだよね。
2017100500001.png
生きる上での勇気を欲しいというのなら、BS101で思い出したようにやっている「グレートレース」なんかを見る方がおもしろいとおもうけどね。TOPを走る人は、プロだけど、60過ぎのしろうとの爺さんが砂漠の中を300キロも走ったりしているからね。それでもって「このレースが終ったら、ガンの手術するんだ」なんて言ってるから驚きももの木サンショの木。ちょっと知恵遅れの娘に「おれの頑張っている姿を見せるんだ」といってサハラ砂漠を走っているおやじもいるしね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント