痛いよぉー

ちょっと今日からこのブログ業者のシステムが大幅に変わりまして、しかもまだ変更途上らしいので、しばらくは記事も安定しないかもしれませんが、ご容赦を

もう40年近くなりますかね。左足の踝の上、ふくらはぎの下あたりに時々突起ができるようになりまして・・・・
普段は凹んでいるのですが、風呂にはいったり、運動したりすると膨れてきて、痛いのなんのって、そりゃもう。

当時、会社の近くの医者に相談したら、「多分、何かで打って、内出血して、その横にある血管に触っているんじゃないかなぁ・・・」とのご託宣。

何らかの理由で血の循環がよくなると、血管がその部分だけ抑えられているため、そこで滞留して、血管が膨れて痛くなるんじゃないかということらしいのです。

「暇なときに来たら、切ってあげるよ」と医者は言っていたのですが、あまり暇なときがなくて、結局40年放置のままきてしまいました。

出たりはいったりしていたものが、10年くらい前から、出っ放しとなり、痛みもなくなってきていたのですが、やっぱり抑えると痛い。

トレーニングジムのレッグエクステンションていうんですかね。足首に荷重をかけて、膝を伸ばしてハムストリングスを鍛えるやつ。
あれをやるとちょうどこの部分に荷重のゴムローラーがあたるので、痛いの痛くないの。間にタオルなどを挟んでなんとかやっておりましたが、めんどくさくなって、形成外科に「思い切ってすっぱりやっておくんなまし」とお願いしたら、「へいへい、おまかせくだせい」ということになりまして、本日行ってまいりました。ほいほい。


ま、こんなやつだったのでございますがね。
IMG_1652.jpg
IMG_1653.jpg


麻酔をうたれて、患部を揉まれて、ざくざくざっくりと切っていただきまして、
ぐしぐしぐしと縫われて、3時間に及ぶ大手術が無事終わりました。

「え?3時間じゃない?30分?なーんだ。待つ身は長く感じるもんだね」

・・・・てなわけで、包帯を巻くのかと思ったら、ガーゼをあてて、テープで貼るだけ。

IMG_1654.jpg

なんだかマシュマロみたいだね。


なにしろ、体の中で一番、皮の突っ張っているところだからね。あまり運動すると縫ったところが破けちゃうからね。気を付けてね。

なーんて脅されて帰ってまいりました。

40年連れ添った愛すべき分身は、鉛筆を1cmくらいに輪切りにしたような大きさでした。さよならー
この分身は、細胞検査に出されてそのあと廃棄処分となるようです。

ま、医者は3週間くらいはおとなしくするようにと言っておりますが、ま、2,3日はおとなしくしておくかな。

この記事へのコメント

sazae3
2019年07月02日 22:54
同じような痛みが残り赤くなったままの内出血の箇所があります。触ると痛みがあるのですが手術した方が良いのかしら?
今度暇があるときにブログに掲載してみます。
膝のすぐしたで転んで足をぶつけた内出血のあとなんです!
スマホからコメントお試ししています❗️
風船屋店主toSAZAE3
2019年07月03日 09:15
うーん、私の場合は、まずジムに行った時に支障があるので、歳をとって、だんだん短気になってきるので「えーい、切ってやる」となりましたが、最初にいった外科では「別にこのまま放置しておいてもいいんじゃない?」ということでした。別の形成外科にいったら、「痛いのなら切りますか」ということになったのですが。
とくに日常生活に影響がなくて、悪化の気配がないのであれば、そのままでもいいのじゃないでしょうか。