早口言葉

食用の菜の花が真っ盛りですね。

あの独特の苦みの混じった味がなんとも言えず、この季節はかなりな量を食べます。
だからいちいちスーパーでちまちました袋単位で買っていると高くつきます。

高くつくし、味も意外にそれぞれ違うのですね。品種も何種類かあるようですし、畑の土質によってもちがうようです。
オイラの場合はこの数年、気に入っている菜花畑に取りに行っています。

オーソドックスなお浸し、ベーコンなどとの炒め物、スパゲティにぶち込む、天ぷら、卵とじなどなど、早い話がなんでもありの食材ですので、たくさん取ってきても毎年、食べつくします。
食べきれない場合は、軽ーく茹でて、軽ーく絞って、1回単位で冷凍しておけば、かなり使い勝手がいいですね。

・・・というようなわけで、本日はお日柄もよく、今シーズン2回目の菜の花摘み。

画像


画像



画像

200円で小さめのレジ袋をくれます。それに目いっぱい詰め込んで・・・・・・
画像

3袋もあれば、しばらくはもつでしょう。

ここの菜花は全然アク抜きの必要がなくて、そのまま炒めてもおいしいので、我が家の御用達です。

菜花を摘みながら、早口言葉を考えました。

皆様もご一緒にどうぞ。舌を噛んでも責任はもちません。自己リスクで・・・・・

バナナなばなバナナなばなバナナなばなバナナなばな・・・・(痛てっ!)

この記事へのコメント

sazae3
2019年03月18日 19:16
我が家では小さい庭の一角で小松菜とほうれん草の種をまいて収穫していますが、寒かったのと遅く巻いたのとで小さくて本格的な野菜のにはなっていません。
でも小松菜は茎が伸びて花が咲きそうで、菜花を摘んで食べていますが小さくて小さくて・・・・
ご近所のおばあちゃんの畑にも頂きに行くのですが、やはり小さくて少ししか摘めません。

小松菜の菜花は新鮮だと甘くてほろ苦くて何の付け合わせにも最適ですよね。
この場所を教えてください。歩いて行けますか?
2019年03月19日 13:38
小松菜の花は食べたことはないですが、おいしいですか。
この場所は、ちょっと歩いていける距離ではありませんね。車で40分くらいかかりましょうか。八街の川村美術館の前を通り過ぎて、10分くらい走ったところですが。
最後のほうはくねくねしていて、私も行くたびに道に迷うようなところです。