たそがれ

気温が急に下がりましたね。


冬将軍が「あ、いけねぇ。寝過ごしちゃったぜ。いやいや、どーもどーも」と出てきたような具合ですね。

庭で下向いて草引きをしていたら、洟がずるずると出てきました。


わずかな日光の温かみを求めて、かまきりが壁でじっとしています
画像

画像


元気な時だったら、ここまでくると、カマを振り上げて威嚇のポーズをとりますが、さすがにそんな元気はなさそうです。

毎日、大鎌を振り回して、昆虫を捕まえ食べていた往時を懐かしんでいるのかもしれません。
子孫を残すためのエネルギーとして、配偶者さえも捕まえて食べてしまい、もう卵も産んだのでしょうか。ひたすらじっと死の時を待っているようです。

画像


「お前もたそがれているんだねえ・・・・オイラといっしょだねえ・・・・」
画像

画像


同じ境遇同士、慰めあって、放してやりましたが、逃げようともしません。

オイラも見習わないといかんね。最後は恬淡と迎えたいものです。

この記事へのコメント

浜えくせる
2018年12月13日 00:51
真冬にカマキリですか。
海にも鎌を持った生物、シャコがいますね。鎌の腕の動きがカマキリと逆ですが。
40歳代、米子在住時、島根半島の七類(しちるい)港でキスやカレイ釣りをしていて、シャコが数尾釣れました。
とげとげしていて、殻剥きに苦労しましたが食べてみました。
たそがれと言えば、以前「黄昏流星群」という漫画を見たことが 最近ドラマ化されているようです。
2018年12月13日 08:26
シャコは釣ろうと思ってもなかなか釣れませんが、外道としてよくかかってきますね。私も昔はよく食べました。どうやって捌くのかも知らず、料理バサミで側面のヒダヒダも切ってしまって・・・味噌汁にいれてもおいしかったですね。ビッグコミックの「黄昏流星群」ですか。今頃になってドラマ化されるというのは、それだけたそがれ人間が多くなってきたということでしょうか。
sazae3
2018年12月13日 08:33
恬淡を調べて分かりました。テンタンと読むんですね。
ありがとうございます。無欲恬淡でこの先高齢者としての人生はまったくその通りです。

まだまだ風船屋さんはお若いのですから、たそがれるのはまだ早いと思いますよ~ん。

しかし高齢者になって初めて知ることも多く自分で迎えてみなければ分からない事の発見に目覚めています。知らなかった事や知らなかった言葉、漢字など今からでも覚えたいなと・・・筋力・財力は無くても黄昏つつある脳で少しだけ楽しみます。いつもありがとうございます。




高齢になって物欲は呆れるほどなくなりました。しかし知らなたっか言葉や漢字などに出会うと調べてみたくなります。そのような意欲は最後まで持っていたいものだと思います。風船屋さんのブログには興味をそそられる言葉が沢山出てくるので、楽しく圃問させて頂いています。

カマキリさんのように1年1年たそがれて
sazae3
2018年12月13日 08:38
間違えて文章がダブって?ミスって?変なコメになってしまいましたが言いたかったことはご理解いただけますかぁ?
浜えくせる
2018年12月13日 22:06
シャコは外道として釣れますね。
確かにみそ汁にするとおいしそうですね。
私は寿司ネタのように茹でて食べました。
カマキリを英語ではmantisと表現し、
シャコはsea mantisあるいはmantis shrimpと表現するようです。
海のカマキリあるいはカマキリエビということでしょうか。

陸上のカマキリは食欲をそそりませんが・・・。
2018年12月14日 07:51
SAZAE3、「変なコメ」(笑)でも意味はよーく分かりますよ。71歳になって「まだお若い・・」と言われるとなんと返していいのかわかりませんが(笑)・・・物欲がなくなっても、知識欲などのなんらかの欲はもっていたほうがよさそうですね。120歳でなくなった泉重千代さんは、長生きの秘訣を聞かれて、「泡盛を飲んで、オナゴのことを考えること」と答えたそうですが。
2018年12月14日 07:58
海かまきりですか。確かにそんな風貌ですね。目はかまきりよりもかわいいですが、挟まれたときの痛さはかまきり以上ですね。陸のカマキリはなかに寄生虫がいるので、食べようと思ったことはありませんが、あまりおいしそうではありませんね。おなかの寄生虫はわれわれは子供の頃は「ゼンマイ」と呼んでましたが、ハリガネムシというらしいですね。水生生物のくせに、かまきりのおなかに寄生して、しかるべき時期になると、カマキリの脳神経をコントロールして、水辺に行かせるという、陰険なやつです。これにくらべれば、かまきりなんて、カマを振り回していますが、単純でかわいいやつです。
カマキリお尻を水につけると、ゼンマイが出てきますので、子供の頃は「なんでやろ?」と思ってましたが、水辺についたと誤解しているのですね。