災害続き

いやぁ、もう日本全国、北から南まで、今年は災害続きですね。

北海道地震も震度7なんて、東日本大震災並みではないですか。つわりが・・じゃなかった津波がなかったのが不幸中の幸いですが、それでも死者・不明者で40人は超えそうですね。

それにしても、今年は災害が多いですね。
九州の豪雨とか、四国・中国の豪雨被害、それと先日の室戸から神戸上陸した台風21号の被害、それに今回の北海道の地震ですからね。
それぞれが、半端でない被害の規模ですから、おちついて考えると、ちょっとぞっとしますね。


関東だけが、被害かから免れているようですが、そろそろかな?

中国では、堯舜の時代から、易姓革命なんて思想がありましてね。
為政者というのは、徳のあるものが、天から命じられて国を治めるものであるという考え方ですね。
だから戦争だとか、災害なんかが、頻発すると「こんなに災害が起きるのは、現帝の徳がなくなってきたからに違いない。そろそろ別の人に代わってもらおう」という考え方ですね。

堯なんてのは立派な人で、みんなに尊敬されながら亡くなりましたが、その時に自分の息子よりも、舜の方が、為政者として立派だと、指名してなくなるのですね。
舜もまた立派な人で、常に国民のことを考えて国内を視察して回ったということです。その時に農民がお腹をたたきながら踊って、畑を耕し「いやー、いい世の中だ」と歌っていたので、舜は安心したということです。
そこから「鼓腹撃壌」という言葉が残ってきたのでした。

画像



堯俊の治世からはるかに下ると、下克上というか、政権を簒奪するために乱を起こしたものが強引に「いまの帝は徳がなくなったから、俺が新帝になるのだ」という風に、易姓革命も悪利用されるようになりましたけどね。


・・・・というようなことでしてね。何をいいたいかというと・・・・

安倍ちゃん、もうそろそろやめてくんないかなぁ。徳が尽きてきたんじゃないの?
あらゆるトラブルがあの嘘っぽい答弁で、切り抜けてきているものねえ。
あの口先だけの答弁を聞いているだけで、なんかもうイライラしてくるのよね。
よくあんな答弁で騙されるものだよね。いやいや自民党員じゃなくて、国民がさ。
自民党員は、安倍ちゃんを担ぐことすなわちわが身の幸福だからね、しようがないけど、世論調査の支持率がなかなか下がらないからね。
だから「ほれみろ、これでいいんだ」と、甘く見られるんだな。8080、いや、ヤレヤレ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント