手賀沼の鳥

えー本年の1月も本日で終了という日でございます。

手賀沼の鳥を久しぶりにみようと、鳥好き爺さんが大集合、・・・・といっても総勢3人だけどね。
この寒い日に一日中野ざらしで、「あんたも好きねえ」状態。

これが手賀沼。一時は水質が汚く、悲惨な状態でしたが、最近は大分ましになりました。
画像

暇な爺さんが鳥の生活をのぞき見。
画像


冬の日は高度が低く、鳥がいても逆光で写真が撮れないときが多く、残念なところもありましたが、本日、ともかく撮れた鳥たち。
まずはオオバン
画像

印旛沼にはなかなかこない鳥。ミコアイサ。巫女さんのようなメイキャップをしてます。
画像

画像

おなじみスズメ。ありふれた鳥ですが改めてみると、なかなか可愛いやつです。
画像

画像

草むらにいた、ゴイサギの幼鳥。こちらを見てすぐに寝てしまいました。
画像

画像

どこにでもいるアオサギ
画像

ヒドリガモ
画像

画像


きょうはカワセミの大安売り。あちこちにいました。
画像

画像

画像

コブハクチョウ
画像

これはなんだろ、アオジかな?
画像

モズです
画像

もずもずしないで、毅然としてます。
画像

孤独なムクドリ。ふつうはもっと群れていますけどね。
画像

ダイサギ師
画像

コガモかも
画像

カシラダカ?そうだっか。
画像

画像

尾がながいオナガガモ
画像

独特の立ち姿のツグミ
画像

画像

ゆりかもめ。カモメにしてはやさしい顔をしています。
画像

画像

田んぼの溝でザリガニをつかまえたカラス。
画像

ホオジロさんでしょうか。
画像

画像

オオジュリン(かな?)
画像

バンの若鳥(・・・と隣で歩く野鳥図鑑が申しております)
画像

カルガモ
画像

キジ(オス)
画像

キジ(メス)
画像

出歩くのが好きで、巣がシジュウカラなんちゃって。
画像

葦の中の鳥はなかなか焦点があいにくい。
前がメジロ、後ろがエナガのはずですが、大ボケ
画像

これもエナガのはずなんですがねえ・・・・
画像

画像


・・・・というような具合でして。残念ながら途中でバッテリー切れ。ノスリなんかもいましたが撮れず。
予備のバッテリーを持ってくるのを忘れちゃったというか、一日くらいは大丈夫だろうと思っていたのですが。

ともかく、タダで一日遊んで、安い遊びです。しかも10キロ近く歩いて、運動にもなるし。

この記事へのコメント

浜えくせる
2018年02月02日 13:47
手賀沼界隈では随分多種類の野鳥を観察できるのですね。
私は京浜のアクセスしやすい公園の池めぐりなので、種類も限られていますが・・・。
渡り鳥では、マガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、留鳥ではオオバン、バン、アオサギ、コサギ、カイツブリとカルガモです。
オシドリやコガモには遭遇しなくなりました。
ユリカモメは多い時といない時とあります。
シジュウカラやオナガなどは見かけますが上手く撮れません。
ともあれ野鳥の名前をある程度、覚えたのは定年退職後です。
2018年02月02日 17:53
私もご同様に退職と同時に双眼鏡を買いました。鳥をみるのは好きですが、名前を覚えるにはちょっとマジメさが足りないようです。性格が大雑把なので、カモなら「カモ」でいいじゃないかと思ってしまいます。ダイサギ、チュウサギ、コサギなども、ひとまとめにして、「サギ」でいいのではないかと。手賀沼は山階鳥類研究所があるくらいだから、種類は豊富なのかもしれませんね。