やよい3月花の頃・・・

いやはや、速いもので、もう弥生、やよいですね。「やよいさーん、3番テーブルまで」なんちゃってね。いよいよお出ましです。


今年にはいって、初めて60Kmを走りました。50Km超えたのは今年になってきょうが初めて。へへへ
なにしろ寒かったものね。足も手も冷たくて、50Km超えなんてとてもとても。もっとも日が高くなってから出発すればいいのだけど・・・・7時過ぎに出てしまうのでね。
「うー、さぶいさぶい」と3,40Kmでかえってきてしまう毎日でした。
年末のブログで「よし、来年はもっと走るぞ!」と書いたボクちゃんはいったいどこへ行ったのでしょうか。

きょうは暖かくて、風もなく、絶好の自転車びより。
画像

寒風の向かい風が強いときは目に入らないけど、もうすでに、芽が出るどころか、花も咲いてんだね。
画像

画像


すべての生き物が動き出した気がしますね。
画像

画像


長く栄えることを願って、弥栄(いやさか)なんていいますよね。
沖縄民謡でも、「いやいや、いやさか」なんてかけ声がはいりますが。

弥生も弥(いや)と生(おい)がいっしょになって、いやおい、やよいとなったのですね。
だからみんな生きだしても不思議ではないのでありますね。

きょうはおもしろいものを見ました。
トビとカラスの喧嘩なんて、よくあるのですけどね。1週間くらい前にも空中戦を見ました。
だいたいにおいて、トビの負けといいますか、めんどくさくなってトビが飛び去りますけどね。
カラスはぎゃあぎゃあとうるさいし、くちばしも意外とするどいし・・・
トビはあまりなかないし、啼いてもピーヒョロロとしか聞いたことがありません。くちばしはするどく曲がっていますし、体もカラスの倍くらいの翼をもっていますけどね、それだけに小回りが利かないのでしょうね。
空中戦ではいつもカラスの勝利です。

今日はめずらしく、地上戦。地上戦といってもトビには戦う気があるようには見えないですけどね。

トビがなにかをつかんで畔に降りていきまして、つついて食べ始めます。
画像

何をつついてるのでしょうか。カメかなぁ・・・

しばらくすると離れたところにカラスが着地。
画像

素知らぬ振りをしながらちょっとづつトビに近づいていきます。
画像


画像


ま、カラスもね、ずるがしこいというか、陰険なようで、こんなミエミエの素知らぬ振りをしながら近づくとこなんて、かわいいものです。

画像


トビも、なんだこいつはというような顔で見ていましたが・・・・

カラスがエサをつつこうと顔をだした瞬間、トビがさすがに「うーわん!」じゃなかった、がぉっと脅したのでカラスものけぞって避けます。
ちょっとここが画面のフレームが外れたので残念。
画像


しばらくすると、また何事もなかったかのように、近づいていきます。「だるまさんがこーろんだ」なんて言いながらね。
画像


そうこうしているうちに、舞台右手からもカラスがもう1羽登場・・・・
画像


1羽を追いかけている間に、横取りをしようという魂胆でしょう。

さすがにトビもおなかがいっぱいになったのか、嫌気がさしたのか、飛んでいきました。

寒い間はやむなくテレビなんぞも見ておりましたが、こういう自然界のドキュメンタリーのほうがはるかに面白い。
本気で戦うとトビのほうが強いと思いますけどね。

この記事へのコメント

C爺
2017年03月02日 07:57
バードウオッチングもDO-に入ったものですね、春の芽吹きをポタリングで堪能ですか!いいですね!
コメントを書いていたら、ドクターが来られ本日退院OKの許可が出たぞ~
急いで帰りの支度しよう、そんじゃまた~ね
2017年03月02日 14:19
刑期の短縮が行われてよかったですね。今度は、再犯を繰り返さないようにしないといけませんね。
浜えくせる
2017年03月03日 02:46
カラス対トンビの貴重な対決が見られましたね。
カラスも空腹になると2、3羽で鳩を襲い、羽毛をむしって食べてします光景を目撃したことがあります。
2017年03月03日 16:13
カラスはなんでも食べますからね。それに普段は独立独歩で暮らしていても、いざとなれば社会性を形成できる知能もあるようですし・・・