こちはこっちこっち

「こちはどっち?」「こちはこっちこっち」と鹿島の海からお呼びがありましたので、コチ釣りに行ってまいりました。


2時に起きまして、鹿島港についたのが、4時。さすがに夏至も近く既に港は明るいです。
画像

空には細い弦月が・・・月齢28日くらいかな。よって今日は大潮。
画像

つれてもおかしくはないけど、気になるのは昨日から急に下がった気温。魚って服を着ていないから寒くなると口を使わなくなります。

5時少し前に出航。
画像

まずは、鹿島アントラーズの本拠地の前の鹿島灘でやってみます。
画像


今日の狙い物は、コチ。
天ぷらネタになるメゴチと区別するために、本ゴチとか、マゴチとか呼ばれております。
メゴチが20cm程度なのに対して、マゴチは70cmくらいにもなります。

仕掛けは、こんな鋳込みてんびんを使いまして
画像

てんびんから、2mくらいのハリスを出して、こんな針をつけます。
画像

針にヒューズを巻いてあるのは、餌のエビが水中でくるくる回らないように少し重くするためです。

餌のエビは尻から差す方法と、口から頭に抜く方法がありますが、水中で生かしておくためにこんな差し方をします。
画像


最初の30分で、2本あがりましたので、「お、今日はいいかな?」と思いましたが、その後は喰いが悪くなりました。
それでも結果的には5本のマゴチをあげ、水面でのバラシが2回、途中でのバラシが2回、あわせそこないのすっぽ抜け2回を入れると、打席11回でヒット5回というのは、ま、満足の結果でしょう。

マゴチというのは、こんな顔をしています。
画像

画像

画像


船中のあちこちで、サメもつれておりました。
画像

引きも強くてなかなか面白いのですけどね。
画像

ひれを切って、フカヒレを作ってやればよかったかな。
画像

サメも悪気はないのだろうけどね。釣られてしまって「いたいよー」とサメザメと泣いておりました。
画像


マゴチは背びれの先がとがっていて、毒はないけど、刺されるといたいです。
画像

料理をする前に切っておかないとついうっかりと触ってしまいます。
画像

それと、エラ蓋のさきにもこんな針が出ていて、以前うっかり触って指がスパッと切れたことがありました。
画像


釣れたコチは頸椎を切って血抜きをしておきます。必殺仕掛け人みたいですね。
画像


これが本日の成果。大きさは平均サイズですね。一番大きいので46cm600gでした。
画像


体がぬるぬるしていますので、たわしでこすります。
画像


頭をスパッと落としまして・・・・・
画像

普通なら、あら煮にするところですが、体に比べて頭が非常に扁平で肉も少ないので本日は廃棄処分。

お、オスでしたね。白子が出てきました。
画像

味噌汁とあら煮用にひれなどをよけておきます。
画像

あとは、3枚おろしといいますか、太いので、3本おろしといいますか・・・・
顔の醜悪さからは想像もつかないきれいな白身の魚でございます。
画像


本日は、刺身、アラの甘辛煮、アラの出汁の味噌汁、残りはフライ用にして、冷凍しました。

これ以上釣ると、さばくのも大変だし、あまり冷凍しても味が落ちるしね。
ま丁度良い数量でございました。あーおもしろかった。

この記事へのコメント

c爺
2016年06月05日 10:00
走っていますね~鹿島灘ですか!マゴチ結構合わせが難しいそう、てんびん使用・・・懐かしく思い出しました、
たしかメゴチは「ヌル」と言っていましたね、
わお~!さばいている写真を見ていたら、生臭い臭いがしてきたぞ~?
片貝漁港では「イサキ」が好調だったよ~。

2016年06月05日 18:41
うーん、イサキも今が旬ですよね。片貝港の源七丸で、昔、イサキが釣れ過ぎてクーラーに入りきらず、最後は中蓋も外し、氷も出して詰め込んだことを思い出します。その時は、船酔いで(というか、船を見たとたんに吐きましたので前夜の酒のせい?)10回くらい吐き続け、それでも釣っていたという浅ましさに思いだしても恥ずかしいです。