マスコミ統制

自民党の圧倒的多数による驕りも極まれりといった事件ですね。


自民党若手議員による勉強会で、政府に反抗するマスコミには広告を出すことをやめるべきだと、堂々と発言したというのですから、開いた口がふさがりません。(お前、また何か食べてるだろうって?はは、バレたか)

さすがに経団連の榊原会長は、広告は企業の独自の判断でなされるべきだとのコメントを出しましたけどね。当然のことです。
ただその企業も、テレビ朝日のように、「報道ステーション」で安倍政権に批判的だった、古賀茂明しを降板させ、元首相補佐官で、超安倍よりの岡本行夫氏に替えたりしていますから、あてにはならないのですがね。

ま、でも公然と発言するよりはましですね。

昔の自民党というのは党内派閥があって、党内で批判的な意見もわりと自由に言っていたという印象がありましたけどね。
あまりの圧倒的多数で、対抗馬の石破さんもおとなしくなっちゃったものね。
一度、民主党に大敗して、下野してから、浪人のつらさをシミジミと味わったから、反対意見を戦わせるというよりも、とにかく一致団結という雰囲気が固まっちゃったからね。よくない傾向です。

今回の勉強会で暴言を吐いたのは、井上議員、大西議員、長尾議員だったかな、この3人が厳重注意だけで済んでいるからね。木原委員長の1年間降板だけかな。痛くもかゆくもないね。
却って、勲章1つという評価ではないかな。この4人も安倍首相のお気に入りだからね。

日本の政界には「若いものは、これくらいの元気があったほうがいい」という空気がまだ残っているからね。

安倍首相は「奢ることなく、丁寧に説明をして・・・・」なんて言っておりますが、結局、これらの若手議員(若くもないけどね)が安倍に気に入られようとして、発言しているのだな。

これまた、安倍首相のお気に入りの作家、百田尚樹氏も過激な発言をして、これらのバカ手議員をあおっているから、始末に負えない。

「永遠のゼロ」なんて、感動ものの小説を書いていたけど、よく考えてみると、国家のために自分を殺して生きるカッコよさを書いていたのかもしれないね。
そういえば、「風のマリア」だったか、表題は忘れていましたが、ススメバチが主人公の小説も書いていました。おもしろかったけど、これも自分の身を犠牲にして組織のために働くロマンのお話だったなぁ・・・

マスコミが陰に陽に圧力を受けて、反対意見をかかなくなり、政府におべんちゃらを言う民間人が増えて・・・・なんてことになると「この道は、いつか来た道」ということにもなるかもね。

そのうちに、隣組の相互監視が強くなり、大日本婦人会なんかが結成されて、在郷軍人会みたいなものが、町内会の監視をして・・・・・なんてことにならなきゃいいけど。


そうならないように、よーく監視しておかないとね。
画像

画像


・・・といいながら、のんきに自転車旅行に行くバカ爺いもいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント