あなご釣り

1年前の自転車事故で負傷、リハビリ中のTNさんの社会復帰訓練(?)を兼ねて、OM親分と銚子港であなご釣り。

GGとTNさんは遅刻して17時銚子到着。ちょっと時間を読み違えておりました。銚子って遠いー。

来るべきウナギ捕獲禁止に備えて、なんとかアナゴを確保する練習です。

日没間近の銚子港
画像


テーブルの上にビールの空き缶のように見えるものがあるかも知れませんが、多分幻覚です。
きょうはマジメにアナゴ捕獲法の調査をしております。
画像


あなごのあなちゃんは夜行性ですので、暗くなるまでは、こんなサッパや
画像

画像

ドンコなどが釣れておりましたが・・・
画像

画像


もっともサッパなんて関東ではバカにしておりますが、岡山にいけば、この酢漬けが名物でママカリといいます。
あまりのうまさに、ご飯が足りなくなり、隣りの家にママ(人妻じゃありませんよ。まんま)を借りに行くのでママカリと言われて珍重されているのですね。
ドンコも見た目はきたないけど、最近人気の出てきている魚。

なんて負け惜しみをいっているあいだにだんだんと辺りが暗くなり、お寺の鐘がごーん・・・
こんな鉛筆みたいな小アナゴが釣れてきました。
画像


お母さんを呼んできなと放流します。

そのうちにOM親分の竿がガタガタと揺れて・・・・・
画像

60cmくらいの立派なマアナゴが釣れてきました。
画像

そのうちにオイラの竿もぐぐぐっ
これも立派なアナゴです。
画像

江戸時代にはあなごの事を「つの字」なんて隠語で呼んでおりましてね。
こんな格好になるからなんですね。
画像


暗くなった6:30から8:00くらいまでの1時間半で60〰70cmの丸丸と太ったアナゴが5本。

竿数を増やせばなんとかなる。ウナギなんかなくっても大丈夫というめどをつけて無事納竿となりました。

TKさんはといえば、まだ立ち上がりに不自由なところはありますが、もう少しで通常歩行になるのではないかという印象でありました。
家の周りを毎日10分ほど、杖なしで歩いておられるとのことですので、関係者の皆さん、ご安心を。

ちょっと無理に連れだしたので気の毒だったかな。
多少の無理をするのがリハビリのコツ、なんて勝手なことを言っております。
また行きましょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント