ネオテニー

皆さん「ネオテニー」ってご存知でしょうか。GGは最近初めて知りました。
日本語でいうと、幼形成熟といって、一時期有名になったウーパールーパーのように、幼体のまま成熟しちゃったものを「ネオテニー」というらしいですね。


画像

サンショウウオの仲間は普通幼生期は水中でエラ呼吸をしていて、成長すると変態して肺呼吸となり陸上生活になるのですが、ウーパールーパ別名アホロートル君はエラ呼吸のまま、水中で成熟し、繁殖するのですね。
オタマジャクシが、カエルになるのを嫌がって、オタマジャクシのまま卵を産むようなものですね。
幼稚園児が子供を産むような・・・・ちょっと違うかな。

いやね、われわれ、モンゴロイドすなわち蒙古系人種は、人類でいえば、このネオテニーだとおっしゃるのですのですな。
え?誰が言っているかって?澤口俊之教授という、認知神経科学者なんですね。
北大の理学部をでて、京都大の大学院で研究といいますからまんざらデタラメでもなさそうです。

人間の脳細胞は15歳くらいで成長のピークを迎えるのですが、モンゴロイドは進化の過程で、できるだけそのピークを遅らせようとして、ネオテニーを進化戦略に取り込んだということらしいのですな。
だから、顔が大きく身長が低いという、幼児体型を残しているのだということらしいです。

そうか!そうだったのか!あいつらは小顔で足が長いけど、アホやったんやー!

と喜んでいいのかどうか知りませんが、15歳でピークを迎える脳の成長を出来る限りずらそうという進化戦略のようですよ。
馬の赤ちゃんなんかは、生まれてすぐに歩けるようになっておりますが、その代わり、脳の成長が早くにピークアウトしてしまうのですって。

知能の高い動物ほど、脳細胞成長のピークが遅く、だからずいぶんと長く、親が面倒みながら、しつけないといけないのですって。

西洋人はわりと早くに独り立ちしますが、日本人は25歳くらいまでしつけ続けると、より高等な人間になるらしいですよ。
その躾を怠ると、子供のように、マナーを理解しないで、電車の中で化粧をするような女性ができあがったり、人との話の途中でメールチェックするような人間が出来上がる。

というようなことが、澤口教授の著書「平然と車内で化粧をする脳」という本に書かれております。

要するに、われわれモンゴロイドは、成人してもしばらくはいろいろな事を教え、躾けた方がよいと、そういうことになっているらしいので、親は覚悟しないといけないですね。

しかし、既に今の親世代はしつける知識がないとすると、どうすればいいのでしょうかね。


この本で、他に色々書かれていて「へー」という部分を抜き書きますと・・・

*25歳以上でも脳の成長がとまるということではなくて、確かに毎日、100万個から200万個のニューロンが死んでいるらしいですが、短期記憶に関係している「海馬」などは成長するらしいですね。ネズミの実験では、じっとさせていたネズミよりは、例のあの回転遊具とか、滑車などで遊ばせたネズミのほうが、脳細胞の増加が多かったらしいです。

*それとおなじネズミの例で恐縮ですが、1匹で買ったネズミよりも、複数で飼ったネズミの方が、脳細胞の増加が多かった、だからコミュニケーションが大事らしい。

えーと、だから年をとってもあきらめないで、好奇心をもって、遊びとか、運動とかいろいろなことをするのは大事だということのようですな。

その他に、脳細胞の増加を促進する食べものについて書いてありました。
とにかく脳内物質にとって食物は大事だと・・・・

タケノコはチロシンが含まれていて、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの元になる前駆物質であるということらしいです。たけのこに限らず、チロシンの含まれる食物は他にもあるらしいですけどね。

他には良質なタンパク質が大事。米はほとんどデンプンと思っているひとが多いけど、アミノ酸のバランスのいいたんぱく質でもあるということらしいです。
米はゆっくりと消化されるので、効率よく脳に届くということもあるらしいですね。

あとはマメ類はコリンという物質を多く含んでいるので、これは体内でアセチルコリンに変化して、これも脳内物質だというのですね。しかも記憶に関係している物質ですと。
オイラはマメは好きだけどね。あまり記憶力は・・・・
ま、食べていないともっとヒドイということにしましょう。

あとは、サンマ、イワシなどのEPA,DHAは有名なところ。

えーと、ご飯に冷ややっこ、タケノコの土佐煮、イワシの塩焼きなどか。

速い話が、旬の食べ物を中心とした日本食ということらしいですよ。よかったね。


脳にいけない食べものもありまして、イケナイということではないけど、カリウム、塩化ナトリウムなどの摂取が多くなり過ぎると、脳が活発になり過ぎてよくないらしいですね。ほどほどにということらしいです。
ジャンクフードには多く含まれるので気をつけましょう。




この記事へのコメント