サリーちゃん頑張って

自転車道の亀裂。先崎川のちょっと先ですけどね。
こんな亀裂になっていて「危ないなぁ」と注意しながら走っていたのですが・・
画像

今はこんな風になっています。
画像

誰かが土をいれたみたいなのですね。
意外とちゃんと走れるのです。
いつまで持つかはわかりませんけど・・・・・

誰がやったのか知りませんが・・修理はここだけなんですよね。
その周辺にも亀裂はありますので、業者がやったのなら、そこもやればいいのにと思いますが、謎の修復です。


さて話しはかわりますが・・・・
東京電力福島第1原発の汚染水の吸着除去設備っていうんですかね、8月20日から動き出した、東芝製の「SARRY」ちゃん。

なんでSARRYっていうのか知りませんが、かなり好調のようですね。
噂によると、Simplified Active water Rerieve and Recovery sYstemの略らしいのですが(かなり苦しい略しかたですね)、魔法使いのように順調に動いているみたいですね。

最初から、これ使っていたら、もう少し速く処理できていたのではないかと思いますね。
日本にその技術がないのかと思っていましたが、結局、技術があるのに、想像力がたりなくて準備をしていなかったということみたいですね。

フランスの“アレバ”でしたっけ?「こういうの、もっとアレバなぁ」なんて思ってましたが故障だらけでしたね。その後の米国のキュリオン社?これも配管トラブルなんかが多かったね。「キュリオン?! 酢の物にしちゃうぞ」なんてね。

とにかく、セシウム137(だっけ?)に汚染された水が12万トン溜まっているらしいのよね。
12万トンてえことは120000トン=120000000リッター?か。
ドラム缶を200リッターとして120000000÷200=60万本分?
一日1回ドラム缶風呂にはいったとして、600000÷365日=1643年分?
ひとりじゃ使いきれないぞ。
(こんな換算に意味あるのかなぁ)
同じお風呂でも、ラジウム温泉とセシウム温泉では効能が違うのかな?

えーともかく、サリーちゃんはアレバとかキュリオンとは違う建屋の部分を回収除去いたしまして、あっぱれ!130万ベクレルあったセシウム濃度をわずか23ベクレルにまで落としたらしいですよ。5万分の1ですね。国土地理院みたいだな。
まだ1週間ちょっとだよね。
田へしたものだよカエルのしょんべん。見上げたものだよ屋根やのフンドシ。(下品だねぇ)

放射能付き高熱の部屋に飛び込んで行くロボットだって、作れといえば作れていたのではないかなぁ。要は「備えあれば憂いなし」が徹底していなかったのだよねえ。
実際は「備えがないので、憂いだらけ」でしたね。

そういった備えに対するコスト計算がはいってなかったのだな。
「まさかそこまで必要ないだろ」ってね。よくいるのだよね。
おいらも多分、言っていたね。

「杞憂」ってね、便利な言葉があるのだよなぁ。
「きみきみ、そんな事いってたらキリがないよ。杞憂だね」
昔、杞の国の人たちは、毎日、「空が落ちてくるのではないか」と心配しながらビクビクして暮らしていたらしいのだよね。


目先の収益も大事だからしようがないけどね。だからこそ、利益に関係のない第三機関のチェックが必要だったのだなぁ。
経済産業省は企業の保護者だからね。(もちろんこういう組織も必要ですけどね)
保安院がその手先ってのが間違っていたね。

今、脱原発論議が活発になっていますけどね、我々日本人は、ゼロか100かになり勝ちなので、じっくり議論して決める必要があるのですね。これらのコストまでいれて、どちらが得かということですね。
やっぱり日本国民が食べて行くためには、電力は必要ですしね。
いま、電力不安で海外生産に移行するメーカーが増えていますが、雇用が不振になってからでは遅いですからね。

火力発電増やすたってね、あの鳩山君が何の根拠もなしに世界に向かって宣言した「CO2 25%削減」ありますからね。知らんぷりしますか?
「あ、あの人は宇宙人だったので、日本国民じゃなかったのですよ。だからあの話はなしなし」「え、あんた達はあんなシトの言うこと信じたの?えー!日本人で信じている人なんて誰もいませんよ。だーれも」なんて言ってみますかね。
日本は世界中から信用されなくなりますよね。

本当に、無責任な総理でしたが、国民としては腹は立つけど、その責任をとらないといけません。
脱原発論議にしても、まずCO2 25%を前提に議論しろと誰かが指示する必要がありますよね。達成時期の遅れは弁明するとして。
「日本は言うけどやらない」という評価が広がりつつありますからね。ここで踏んばらないと。

いずれにしてもとりあえずはサリーちゃん頑張ってーっ
画像

(石の森プロには無許可です。お願い、許して)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クレー爺mochi
2011年08月27日 10:45
いや~ほじくってじゃなく、掘り下げてニュース等読んでおられるのには感心しております.
ドラム缶風呂で思い出します、ご幼少のみぎりに数回底に板を敷きご入浴、南洋では天水用として、現在はBBQ台としてお世話になっております。
CO2削減に自転車を古希・コキ・漕いで少しは貢献してるのですけどね~、
宇宙人よ俺を表彰しろ~
2011年08月27日 12:09
ドラム缶風呂懐かしいですねえ。子供のころ、一度だけはいったことがありますが、あれは直径60cmくらいしかないですので、今はたぶん無理ですね。はいることははいっても出る時にそのままドタッと倒れますね。