風船屋GGのお気楽自転車日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 烏鷺、うろうろ

<<   作成日時 : 2017/04/19 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

岡山城はちょっと黒っぽいので烏城(うじょう)と呼ばれておりますのでね。烏城を見たからには、鷺城も見ないといけんということで、姫路城いわゆる白鷺城でございますね。
どっちがきれいかな。烏鷺の戦い・・というのは囲碁のことだけんどね。

画像

画像

ほー
画像

ほーほー
画像

へー
画像

へーへー
画像

世界遺産になってから、外人がやたら増えたね。
画像


平成の大修復で、中の2本の主柱のうち、1本を腐食部分を除去してつないだということだから、ちょっとそれを見に入場しようかなと思いましたが、急にめんどくさくなっちゃって・・・・・TVで見たし(笑)・・・

しろまるひめにご挨拶して、さよならです。
画像


どうもね、下関からこっち、山陽道というのはコンビナートが多く、トラック、ローリーが多く、あまり走っていて気持ちのいい道が少ないのですね。
だから、一部、四国に逃げて高松まで走ったのだけど、結局、山陽道にもどってきまして・・・・

国道を走っていると、道路標示がたくさんあって、道に迷わないというメリットはありますけどね。

そんなこんなで、明石港でございます。
向こうにみえるは淡路島。
阿波に行くときに使うルートだから、阿波路島だったんだね。
なにしろ、イザナギとイザナミが海をかき回して一番最初に作ったのが「おのころ島」という、いまの淡路島と言われております。

画像

牛窓に比べるとまだ、現役の漁港という感じがしますね。
画像


明石といえば、子午線と、ここ「魚の棚」、うおんたなと発音します。
画像

画像


朝10時過ぎなのでまだ客はちらほらですが・・・・
観光バスなんかも、来ると、かなり混雑します。
画像

画像


この季節、姫路から神戸にかけて、なぜかこの辺のひとは、「いかなごのくぎ煮」をたべます。
生で大量に買ってきて自宅で煮るひとも多いようです。
ちょっと甘めで、生姜が利いていておいしいですけどね。
100g800円というのは安い。ふつうは1000円以上しますけどね。
画像


明石といえばタコと・・・・(わぁ、うまそう。)
画像

焼きアナゴでしょうか。
画像


オイラはとりあえず、明石焼きの店にはいりまして・・・・
当然明石焼きと・・・・
画像

画像

明石サイダーを注文。
画像

最近はコーラなんかもストロングタイプが流行っていますが、こちらは逆にまろやかタイプ。ピリピリ系が嫌いな方にはおすすめ。

さて、おなかがいっぱいになったところで、今回の最終目的地、神戸の新長田に向けてしゅっぱーつ。

途中、大蔵海岸といったかな、こんなきれいなスポットもありますけどね。
向こうに見えるのが明石大橋(というのかな)
画像


大半は山と海に挟まれてせせこましい地区です。
関西ではこのへんから、神戸・芦屋にかけて人気のある地域なんですけどね。オイラはなんだかせせこましくていやだね。
左が山陽電鉄だったかな。右がJR山陽本線。その間を国道2号が走っていますので、こんな状態。
画像

地元のサイクリストは楽しそうにびゅんびゅん走っていますけどね。
ま、1級国道だから、舗装の整備はしっかりしているし、慣れれば走っていて気持ちがいいのかもしれない。

なんだかんだと言っているうちに、JR新長田駅にとうちゃこ。

さて、これはなんでしょう?
画像


じゃじゃーん
画像

じゃじゃじゃじゃーん
画像

わが憧れの「鉄人28号」です。


「お、お懐かしや、て、鉄人さま」
画像


なかなかの、期待以上の迫力です。
画像

画像



オイラは小学生の時はまんが少年で、月間雑誌「少年」を買ってもらっていたのだけど、仲間内で交換して、「冒険王」「漫画王」「少年画報」、「少年クラブ」ってのもあったかな。あとは「リボン」「少女」なんて、女の子のも読んでいたけどね。
その中で、竹内つなよしの赤胴鈴之助、横山光輝の鉄人28号、堀江卓の矢車剣の助なんかが好きでした。

ノートも鉄人28号と、赤胴鈴之助の落書きでいっぱいの状態。

・・・・というようなわけでして、久しぶりの再会でちょっと感動。
画像

画像


おもいっきりでかいのと、手前にものすごいちっちゃい女の子。
画像


いやーやっぱり来てよかった。長田もなかなかやるじゃないか。
できれば、28号の前に27号というのもいたんだよね。それも作ってくれないかなぁ。


大満足で新神戸から新幹線に乗り込みましたとさ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
囲碁の勝負を烏鷺の戦いとも表現するとは、貴ブログを読むまで知りませんでした。
数年前、青森県の黒石の旅館に泊まった時、その旅館で囲碁の名勝負があった由。その直前には宮城県の白石でも開催されたとのこと。
イカナゴか、コウナゴのくぎ煮は、時々買って食べます。
私はイカナゴとコウナゴ(小女子)の区別がつきませんが、この小魚を餌にして伊勢湾でカサゴ釣りをしたことがあります。カサゴが食いつく前に小鯖が食いついてきて釣果はイマイチでした。
浜えくせる
2017/04/20 06:48
黒石と白石ですか、囲碁そのものですね。
普通は黒のほうが先手ですから、白石よりも黒石で先に開催してほしかったですね(笑)。
イカナゴは中部から関東にかけて使われる名前のようですね。標準和名はイカナゴでいいみたいです。
いかなごの生き餌でカサゴですか、おもしろそうですね。
東京湾などでは、シコイワシで釣ったりしますが、生きたのはなかなか入手しにくいですね。
風船屋店主toHAMAsan
2017/04/20 11:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
烏鷺、うろうろ 風船屋GGのお気楽自転車日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる