テーマ:料理?食材

気の早い贈り物

いつもの年なら、そろそろ秋風立つという頃なんですけどね。今年は「まだまだ、あづい!」今日も35℃越えてました。 そんな時に、おばさん友達から、いくらなんでもという贈り物が届きました。 「あんた、豚まん好きやろ」 いや、まぁ、好きですけどね。ちょっとまだ・・・早いんと違います? ま、しかし、大阪人だったら、暑中…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

しば漬けどす

いやぁ、かなんわ。もう梅雨明けも、ちこなりましてなぁ。鹿児島はんは、きょう明けたそうやおへんか。 なんか、しば漬け作るとなると急に京都弁になりまんな。 つゆが明けて暑い夏がくると、何はさておき、冷たいブブ漬けとしば漬けがおいしおすな。 というわけで、2,3年まえにもこのブログで書きましたが、「なんちゃってしば漬け」をま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

中華の鉛人 陳先生

あの四川料理の大家、陳建民の息子、陳建一さんね。一時は中華の鉄人なんていわれましてね。ま、有名人ですね。 陳健一さんの料理教室に何回か通って、血と汗と涙の結晶、免許皆伝となったのであります(ような気がします)。 卒業するときに陳先生が「おい、こいつをつれてけ。役にたつぞ。」とつけていただいたのが、今や、我が家の調理人となって活躍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅焼きそば

ま、関西人はソースが好きだということについては別に異論はありませんがね。なにしろ日本で初めてのソースが大阪のイカリソースってんですからね。もっとも、ブルドッグに吸収されちゃったらしいけど。 ま、しかしあまりソースばっかりだと馬鹿にされそうなんでね。たまにはソース焼きそば以外の焼きそばも食べてみようかなっと。 なんといいますか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トマトのぬかみそ

まだ、我が家のぬかみそ床は健在で頑張っております。 きゅうり、ナスもあまり続くと飽きてくるので、たまにはトマトでも入れてみるかと・・・・ 3日前に埋葬していたのであります。 どれどれどれ・・・・ うーん、見た目はあまり変化がないね。 切ってみてもあまり変化なし。 食べてみても普通の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

五目豆でござーい

ま、なんといいますか、こういうのを「年寄りの冷や水」というのでしょうな。 ジムに行って、自転車こぎ、ウオーキングマシーン、階段上りのような有酸素運動と、筋トレなどをやっておるのでございますが、過ぎたるはなお及ばざるがごとしといいますけれども、さすがにレッグプレス100キロ荷重は爺にはちときつかったか、しばらく治まっていた腰痛の眠り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタノツメ

菜園をやっている知人から、唐辛子をいただきました。 いわゆるタカノツメですね。 空を飛んでる鳥の鷹は、爪はこんなに赤くないけどね。どうして鷹の爪というのかな?ピリッとするほど鋭いということかな。 こうすればカタノツメ・・・・なんちゃって 鷹の爪なんてのは、スーパーでも売ってるけど、ちょっと気の抜けたのもあるからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新タマネギ

春になりまして、新タマネギとか、新ジャガイモとか、春キャベツ、春ニンジンなんてねいろいろ出回ってますね。 新タマネギなんてのは、だいたいスライスして生で食べる人が多いんじゃないでしょうか。おいしいものですね。 オイラはね、自慢じゃないけど、中性脂肪が340と基準値149のはるか上を飛んでおるのでございます。 ふふふ、ど…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いっぽん麺

先日、浅草橋のとある中華料理屋で食べた「一本麺」 いわゆる手延べの麺ですね。そーめんのように、延ばして延ばして、折りたたんでそれをまた延ばしというように 刃物を使わないで延ばした一本麺。 写真の麺はコースの後に出てきた麺なので、ちょっと小ぶりですが、正規の丼だと、26mほどあるそうな。 巻き尺をもっていくのを忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早口言葉

食用の菜の花が真っ盛りですね。 あの独特の苦みの混じった味がなんとも言えず、この季節はかなりな量を食べます。 だからいちいちスーパーでちまちました袋単位で買っていると高くつきます。 高くつくし、味も意外にそれぞれ違うのですね。品種も何種類かあるようですし、畑の土質によってもちがうようです。 オイラの場合はこの数年、気に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京とんかつ会議

いやー残念ですね。BSで放送されていた「東京とんかつ会議」が昨日で突然の最終回。 2年半ほど前から放送されていたのですけどね。オイラが見たのは1年半ほど前から・・・・ 会議のメンバーは・・・・・ 落語評論とグルメ評論で有名な山本益博氏、グルメ情報取材からグルメ評論化となった、マッキー牧元氏、アメフトの選手からコーチとなり今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あほんだら

さて皆さん。この黒い物体はなんでしょう。 なんだか真っ黒けのけですね。 ちょっと横には、刺身だとか、ご飯などがみえますので、これはおかずなんでしょうか? 新米の小僧さんが、煮込んでいて、うっかり丸焦げにしてしまい、親父さんに「この、あほんだら!しっかり見とかんかい!」と叱られた煮物。 ・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豚肉

若いころは、魚よりは肉、肉の中でも牛が好みだったのですがね。ま、最近はともかく、関西人は「肉」といえば、牛肉のことを指しておりました。豚は特に「豚肉」と言っておったのです。鶏肉は「かしわ」。 ところが歳をとってきて、あっさりした味を欲するようになってきたのか、最近は豚肉を食べたいと思うような時が増えてきましてね。ひとりで食べるとき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんちゃってしば漬け

最近、どうもなんちゃって料理が多くてね。参りましたね。なんというか、人生と向き合ってまじめに取り組むという姿勢がまったくなくなりまして・・・・ほんとにもう。 京漬物というのはなぜか高いような気がしますね。「しば漬け」なども好きなんですけどね。高いね。 スーパーなどで売っているのはそうでもないのですけど、京都の有名メーカーのものは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

なんちゃってイタリアン

ま、夏の間、さんざんお世話になったソーメンでございますがね。さすがにここにきて、ちょっと食傷気味といいますか・・・・暑さがちょっと和らいだということもあるのでしょうか。 ちょっと目先をかえてソーメンを食べようということでございます。ちょー簡単。 用意しますものは、ソーメン人数分。今日は2人前2把でございます。 トマト1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すき焼き餅

ちょっと涼しくなりました。関西の方は台風直撃しそうですが、関東はきょうは小雨がぱらつく程度でしたね。 多少、涼しくなったとはいえ、まだすき焼きの季節にはほど遠いのですがね。 ソーメンも食べ飽きたので、ちょっと昼飯にこってりしたものでも食べようかな・・・・ あのすき焼きの残ったところに、うどんをいれたり、餅をいれたり、ご飯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆーりん豚

どんどん暑くなっていきますね。気温が38度なんてね、体温より高くなってどないせえちゅうねん。 あまり暑い日が続くと、なんだか体もバテますしね。食事の支度も暑いと大変ですね。 あまり油を使うおかずも作りたくないねえという時は・・・・・・ 必殺油林鶏(ゆーりんち)のタレを使って、茹でた豚にかけると意外とうまいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パクパク日記inハワイ

いやーもうこの歳になりますとね。いろんな本能が満たされなくなって、たとえば睡眠とかね。もう食べる楽しみしかないのでありますね。 ・・・ということで、ハワイで何を食べてきたかというお話なのです。 昔はハワイというと、怪しげな日本食なんかもありましたけどね。最近は日本のチェーン店がそのまま出てきておりますので、そういうものを選ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本美乃主

えー、ホンビノス貝です。漢字で書きますと、本美乃主貝と書くらしい。 美の主、すなわち美の女神ビーナス様のことを、漢字で美乃主と書くのでありますね。 ホンビノス貝も昔はビーナス属に分類されていたけど、今は別の種類に分類されているらしいです。 それでも名残で、昔の名前で出ています。本美乃主貝。 もともとは北大西洋に生息し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんちゃってエナジーバー

冬は寒いので(今に始まったことではないですけどね)、実はまだ自転車の初乗りをやっておりません。へへへ 運動をしないと、肥満一直線になりますので、印旛沼の自転車道を歩いたりしておるわけです。 自転車に乗るよりは、風あたりもあまりないので、あまり防寒対策をしなくてよいので、なんとなく手軽で・・・・ それに年末にパンクをしてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おせちに飽きたその時は・・・

雑煮とお節料理も3日目ともなりますと、いささか食傷気味になりますね。昔のことを考えるとぜいたくな話ですけどね。 お正月料理にも飽きてきたときは、カレーもいいし、お茶漬けもいいですが、たまには宇宙食なんてどうでしょうか。 こんなやつです。 ひとつは、ストロベリーと書いてあります。 イチゴ味の錠剤かシートかと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉もやし

超大型台風21号がしつこい秋雨前線をとりあえず吹き飛ばしてくれたようですね。いい天気になりましたが、午後後半まで風が強かったです。 ・・・・というわけで、自転車に乗るのは明日からになりそうです。 一昨日の土曜日に同窓会忘年会の会場下見に東京へ出た折に、上野駅の「大鰐温泉物産」ワゴンが出ておりまして、「温泉もやし」というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の鬼皮むき

NHKの料理番組で栗の料理をやっていたのを見て、急に食べたくなり、買ってきました。 なんといいますか、脇の甘さといいますか、進化の不思議を考えるたびに、カニと、ウニとクリの防御の脇の甘さを感じますね。 この3つに共通するのは、外側がやけに防御が堅いということなんですね。 カニの中でも花咲ガニなんてのは、誰も触れられない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イエローストーン(その4:食べ物編)

よく言われますのが、イギリスは食べ物がまずいとか、アメリカは食べ物ががさつだとか、言われますがオイラはそんなことを感じたことはありませんがね。店に依るのではないでしょうか。 イギリスのフィッシュ&チップスだって、新鮮なコッドを揚げたものはおいしいですしね。アメリカの空港で一度、バーガーキングでハンバーガーを食べたときに一部冷たい部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎名物

長崎名物数々あれど数あれどホイホイっと 結果としていいますと、おいしいものが多かったですね。 ちょっとなぁ・・・というのは昔から有名なざぼん漬ですかね。砂糖が多すぎて・・・・もう少し少なくできないものですかね。 後は味で文句はないけれど、値段で文句のあるのが「じゃがめる」 生キャラメルのじゃがいも味で、空港でしか売ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長崎さるく

ぶらぶら歩くということを、長崎ではさるくというのですね。散歩と歩くの合成語かな? 島原を出発して、2時間。道もわからず「なんとか広域農道」という、やたら長い農道をナビ悦子の言う通りに走りまして、長崎にトウチャコ。 佐世保のホテルをキャンセルして、新たに予約したホテルをなんとか見つけ出しました。 やたらと安いホテルで、ツイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

島原大変

佐世保のホテルを引き払い(いいホテルでしたが不便)、島原へと走ります。 なにしろ農業土木出身なもので、ダム、川、水門などを見ると無性に興奮いたします。 佐世保から、島原に行くのに、諫早を通ることになりそうなので、なんとか、家政婦をだまして寄り道し、諫早水門を見たいものだと思っておりましたら、寄り道どころか、ナビ悦子の道案内がこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保

長崎から佐世保に行くのに、高速で行く場合は、いったん嬉野、武雄方面に走らなければならず、三角形の2辺を走るので、なんかしたような気もするのですが、一般道を走るよりも速いようですので、高速を突っ走って3時間。佐世保のホテルにはいります。 眺望が良いということで、予約したホテル「弓張の丘ホテル」ですが、確かに佐世保湾が一望に見渡せて眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍艦島

姪っ子が、佐世保で結婚式をするというので、行ってきました。 「うへー遠いなぁ、できれば錦糸町か船橋でやって欲しいなぁ」という気もないではないですが、ま、ついでに長崎周辺を遊んでくるもよかろうと、行ってまいりました。 長崎空港に9日(金)に降り立って、さて式は明日だし、とりあえず何をするかと、まずは長崎市内に向けてレンタカ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まーらーたん

船橋に行くたびに、人が並んでいるので。なんだろなぁ、そんなにうまいのかなぁ・・・と気にはなっていたのですが。 店の名前は「上海麻辣湯」・・・店の名前か料理の名前かよくわかりませんが。 よくみると、東魁楼と書いてあるので船橋に昔からある、老舗の東魁楼が麻辣湯の専門店を出したようですね。 いつもは10人くらい並んでいるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more