カリブ海(その6:帰国)

獰猛なワニの攻撃を辛くも躱し、いよいよマイアミに向けて帰国作業です。

このあと、マイアミ市内のハイアットリージェンシーに投宿。もうレストランに行って食べるのも面倒なので、近くの自然食が売り物のスーパーでピザを買い込み、食べてから7時頃には早々と就寝。
翌日は3時半に起きて、5時出発。

7時半のAAでマイアミから、ダラスへ。3時間の航程。
ダラスで12時半のJAL11に乗り換え、無事成田に戻ってまいりました。

スーツケースがヒビがはいっていたので、JALに因縁をつけに行って、修理の申し込み。
荷物を受け取るとよーくチェックしないといけませんね。

5時には家に帰ってきました。いつも「火事で燃えてるんじゃなかろうか」なんて心配しながら、帰ってきますが、今回は無事でした。

お向かいのご夫婦が5歳くらい年上で、「風船屋さんも、もう少し歳をとってきたら、船旅のほうが楽ですよ」とお勧めいただいたので、試しに乗ってみましたが、まだちょっと早いかな・・・と。
このご夫婦は、カリブ海だとか、エーゲ海、バルト海だとか、いろいろなところを周航されているようです。

それに楽だといっても、普通の旅行よりも荷物が多くなりますね。
今回はそれほどうるさくはありませんでしたが、スーツを持っていったし、スーツとなると革靴も、沢登りのために、サーフィン靴、サンダルなんか、三足をスーツケースにいれるとけっこうスペースも取られますし、いつもより3キロほど重くなって18キロくらいになってしまいました。

旅の途中でJALカードで買い物をすると、500円で空港から家までスーツケースを送ってくれるというサービスがありましたので、ちゃっかりと送ってもらいましたので、帰りは楽でしたけどね。




"カリブ海(その6:帰国)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント