GO! GO!フィッシング

天気がよさそうなので、OMさん、YMさんと銚子漁港で岸壁釣り。


♪今日もきました、爺はきた~
岸壁の爺

朝6時に福島沖でM7.4の地震があり、「ちょっと、どうかな?」という気はありますが、ま、いっか。

大体、大きな地震のあったときは、特に低層性の魚は釣れないのよね。

釣れる釣れないは2の次で、まずは仕掛けを放り込みまして・・・・・
画像

画像


こんな干し鱈をしがみながら・・・シガシガ
のんびりと待つのでございます。
画像


いい加減、アゴがだるくなってきたころに、こんなハゼや・・・・
画像


画像


イシモチなどがボツボツと連れてきます。
画像


・・・・・と突然、氷漬けのサバを取り出したOMさん。

画像


「あれ、いつのまに釣ったの?」
「いんや、拾ってきたの」
来る途中で、銚子漁港の水揚げ場で網で船からトラックに移載するときに、ぽろぽろサバがおちるのだけれど、誰も拾わないんだって。ついてに氷まで落としてくれるという丁寧さ。
画像

3枚におろして、風干しにします。
画像


イシモチという魚は、高級かまぼこの原料になったりしますが、頭の中に大きな耳石をもっていて、釣りあげられると「グーグー」と文句をいいます。それで別名グチともいわれるのでおます。

イシモチは何匹か釣れますが、お目当てのアナゴで全然きません。やっぱり地震とミニ津波が影響しているのか。

暗くなってから、ようやくアナゴの小さいのが1本づつ釣れましたが、それっきり。

♪これっきり、これっきり、もう、これっきりですかー
と歌っていると

最後にYMさんの竿が大きくしなって、
「なんだなんだ、すずきか?」と騒いで、あがってきたのが、1m弱のサメ。
船釣りではたまに連れて、仕掛けも切られてシャークのたねですが、岸壁から釣れるのは珍しい。
画像

「サメって食べられるから、持って帰りなよ」
「えー?」
「フカヒレだけもって帰ったら?」
画像


ヒレだけ切っちゃおうか。
画像

「勘弁してくださいよう、だんな」
サメがサメザメと泣きますので、そのまま無罪放免となりました。
「大きくなって戻ってこいよー」

「もう戻ってこなくていいよー」

・・・・というようなことで、20時解散。片道2時間の道を走りまして、22時帰宅。
ヒャー疲れた。

釣るより、漁港でサバを拾っていたほうがいいかも。


"GO! GO!フィッシング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント