ちょーでんサイクリング

ちょーでんといいましてもね、弔電ではないのですよ。銚子電気鉄道なんですな。 このところ、トンとご無沙汰なんですがね。いつ倒産・廃線になってもおかしくない状態で、ずっときております。 銚子電鉄の「ぬれせん」なんてのを開発しましてね。一時は「わーっ」と売れたのですが、いかんせん電車の赤字をカバーするほどのものでもなく、厳しい状態…
コメント:0

続きを読むread more

花発多風雨

ははは・・またまた今日もお花見サイクリングでございますわいなぁ。 このところ毎日、昼前から風が強くなるんだよね。自転車で走っていてももう既に桜吹雪のところもあります。 明日は天気が崩れるらしいので、桜もあと3,4日かなぁ・・・・・ 中国の干武陵という人の漢詩、五言絶句だけどね。「勧酒」というのがあって、その一行に「花発多風…
コメント:0

続きを読むread more

聖火リレー

あーあぁ・・とうとう聖火リレーがスタートしちゃったね。ここまでやったら、もう無理矢理なんらかの形でやるんだろうなぁ・・・・ なんか、ススメ一億、火の玉だ という感じだね。 ちゃんと考えているんだろうか。去年の年末に五輪に向けて、5000人の医療従事者にボランティアで手伝ってもらう、なんて組織委がいって、馬鹿にされてた…
コメント:0

続きを読むread more

石っころ植物

通称「ぺぶるプラントPebble Plant」ま、石っころ植物ですね。 石っころと言われれば、そんな風にも見えますがね。 我家のペブルプラント。「めせん(女仙)」とも言いますね。目線じゃないです。 冬の間に成長して、夏は夏眠します。まぁ、その点ではシクラメンみたいなものですね。 春になると、成長した分、脱皮し…
コメント:0

続きを読むread more

桃の節句

我家の桃は今が花盛り。梅が2月で、桃が3月、桜が4月という、漠然とした刷り込みがあるのですが・・・・ じっさいは、桃と桜はほとんど同時期に咲くのですなぁ・・・・・ 桃の節句3月3日は現代の暦で、たとえば今年のカレンダーでは4月14日ですからね、平均気温があがってきていることを考えれば、今頃咲いても不思議ではないですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

咲いた咲いた桜がさいた

天気もいいし、風も強くないので、絶好のお花見日和。自転車にまたがって、パンパカパーン!印旛沼の周辺を走ってきました。 自転車道のレンギョウはほぼ満開ですね。サクラもきれいだけど、レンギョウの黄色もあざやか。 ここの桜はまだ、咲きかけたばかりです。 手繰り川手前のところはほぼ5分咲きですね。 八千代市寄り、…
コメント:0

続きを読むread more

柏崎刈羽原発

なんだってね。柏崎刈羽原発でテロ対策の監視装置が壊れたままだったんだってね。結果として、侵入がなかったからいいようなものの・・・ 監視装置がついていたって、彼らが本気になれば、容易に突破されていたとは思うけどね。日本はなんだか本気じゃないんだよね。いざとなれば神風が吹くからなぁ。 突破されてから、「想定外の出来事でした」というん…
コメント:0

続きを読むread more

ボケの花

ボケ老人の庭にボケの花が咲く。何の不思議もなけれども・・・・・ 昨日の強風・強雨で花が随分やられちゃったね。 水仙なんかもね。小さくて団体戦で頑張っているのは、意外と踏ん張ったけれども・・・・ 割と大きくて少ないのはぐったりなってますね。 「しっかりせよと、抱き起し」 ま、なんとかいけそうだね。 …
コメント:0

続きを読むread more

動物ビスケット

朝から雨でしてね。しかも、しっかりと降っとります。「月さま、雨が・・・」「春雨じゃ濡れていこう」なーんて言えません。 「春だからと言って、ばかにすんじゃねーぞ。今日は本気で降るからな」と雨もこう申しております。 午前中は家の中を掃除しまして・・・いつもなら雨の時はジムに行くのですが、そこは哀しいビンボー人。平日会員なものですから…
コメント:3

続きを読むread more

す・べ・る

もう大体、受験シーズンというのは終わったのでしょうかね。昔は今頃が国立2期校の受験でそれで落ちたら「浪人か・・」となっていたのですがね。今の受験システムは知りませんが・・・・ 昔の家庭まんがで受験生のいる家庭は「滑る」とか「落ちる」とか禁句になっていて、受験生の前では家族はものすごく気を遣っている場面が多くありました。実際生活では…
コメント:0

続きを読むread more

コロナの葬式

コロナが急に流行ったものだから、対応があまり合理的な検討がなされないまま、社会に普及してしまっているものが、結構あります。 前回のお金のやりとりをトレイを介して行うというのもそうですが、コロナでなくなった方の葬儀のやり方も「なんで?」というものが多いですね。 とにかく、家族でも遺体に接することができないで、病院など、亡くなった場…
コメント:0

続きを読むread more