選挙2つ

いささか旧聞になりますが、大阪都構想の住民投票は意外でしたね。日本維新の会も大阪維新の会も前回の選挙では手堅い結果でしたからね。大阪人は当然都構想に賛成するものと思ってましたけどね。
維新の会というのはそもそも大阪を都にして経済の再構築を図るという趣旨の塔でしたからね。維新の会に選挙を勝たせておいて、都構想を否決するというのはどういうことなんだろう。さっぱりわかりません。
選挙後のインタビューを聞いていて、反対の人の意見の多くは、「4つの区に分かれて、住民サービスが低下する」というのが多かったように思うけどね。
何を根拠に住民サービスが低下すると言ってるんだろうね。一方維新の会は「区で運営することによって、細かいサービスが可能になる」と言っているしね。どちらも根拠のないことを主張するばかりで・・・・
ま、当然そうだよね。どんなシステムになってもうまくいくか、うまくいかないかは、運営する主体がしっかりしているかどうかだと思うのだけれどね。やらないうちから、低下するといわれても維新といてはどうしようもないね。

結局、大阪人は維新の会の主張をあまり理解してなかったということかな。昔の大阪人だったら、結局どっちがいいかわからんかったら、新しい方がおもろいやんか。いてまえいてまえ、で賛成したような気もするけどね。今の大阪人は標準語(考え方が)民族になって、口先だけの大阪弁になってしまったのかな。
いずれにしても、地盤沈下した大阪が、どうなるか見て見たかったけどね。残念。

さ、もうひとつの選挙、アメリカ大統領選挙が、なんだか勝ったのか勝たなかったのかわけのわからない結果で、バイデンが勝ったということらしいけどね。
しかし、トランプというのはひどいね。世の中に紳士というものがあるとしたら、まったく対極にある男だね。ま、不動産屋のオヤジだからな。
下品だよね。
え?不動産屋に対する偏見?まぁそうかもしれないけどね。やたら山を崩して、よけいなコンクリートを建てているだけのような気がするけどね。

怖ろしいところは、そのトランプに対して、半分ちかくの国民が支持しているということなんだよね。僅差だものね。
バイデンも苦労するだろうね。

話は変わるけど、トランプさんに一度、アコーデオンを演奏させてみたかったなぁ。
演説していても手を広げたり、狭めたりするゼスチャーが多かったものね。あそこの間にアコーデオンか、バンドネオンを置いてみたいなぁと思いながらニュースを見ていたんだけれどね。もう見られなくなるのかな。
2020111100001.png

トランプも「アメリカに過去の栄光をとりもどそう」なんてキャッチフレーズで走っていたけどね。
この「過去の栄光」問題をどうにかしないと、お互いに角を突き合わせることになっちゃうね。

中国が昔の大中華構想を持ち出すし、トルコもオスマントルコ時代の影響に憧れているようだし、イランもペルシアの栄光をなんて言っているようだし、日本だって太平洋戦争以前の大東亜共栄圏を夢見ているひともいるんだろうな。アメリカだってたった200年の歴史の中で、第一次世界大戦の特需、第2次大戦後のリーダーシップが忘れられなくて、戻ろうとしたってね。
みーんな時代が違うのに、戻りたがったら、当然ぶつかりますわな。
マケドニアあたりが「アレキサンダー大王の栄光を!ヘレニズムがどうなこうの」なんて言い出したりね。エジプトが「いやいや、我われの文明も古いでっせ」、ヒッタイトが「いったい、鉄が普及したのは誰のお陰だと思っているんでぃ!」イギリスだって、「産業革命でヨーロッパに富をもたらしたのは誰だったっけ?ドイツなんか一番後にできた国じゃないの。あんなやつの言いなりになるのはしゃくだね」なんてEUを脱退したとかいう噂。・・・はないか。

いいじゃないの過去の栄光なんて。おとなしくしてなさい「ええこ、ええこ」なんちゃってね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント