水泳

いやぁ困ったもんだね。8月の暑い間、緊急避難的に自転車やめて、水泳に走ったんだけどね。

秋になって、天気が続いてさわやかな空気だというのにまだ泳いでいるんだものね。いったい、どうなっているんだろうね。

最初の内は、体が濡れるし、前後の始末が面倒だ、といやいやだったんだけどね。考えてみれば、水泳パンツいっちょうあれば、それでいいんだものね。体が濡れるといったって、自転車に乗っても筋トレしても結局はシャワーあびるんだから一緒なんだよな。

・・・となると、パンクはしないわ、掃除の必要ないわ、空気入れる必要もないわ、事故もないわ、お金もかからないわ、なにしろ水泳パンツさえあればいいんだものね。

昔はね、本とギターさえあればいいと思っていたけど、そのうちにいやいやオイラは釣り竿さえあれば生きていけるんだいということになって、いやいや自転車があれば生きていけるかも、いやフルートと自転車が・・・うーんピアノもとなってきましたが、そこにパンツも加えないといけなくなりそうです。考えてみれば楽なものです。

オイラの卒業した大阪府立T高校は府内で一番大きなプールを持っておりましてね。いやなんでも隣に石川という川が流れていたので、砂利が取り放題で、建築予算が余って、どでかいプールを作ったのだとか。50m×25mだったかな。深さは半分が1.2mで残りの半分が4mの深さ。
必要水量がやたら多いので、あまり水の入れ替えもできず、かといって、保健所の検査にひっかかるとまずいので、やたらとカルキをいれてね、目が痛いったらありゃしない。夏の終わりごろになると、緑色してんだものね。カエルがお腹を上向けてぷかぷか浮いてるなんてのは日常茶飯事でした。(カエルも死ぬようなプールってどんなプールや)
1年生の夏休みは水泳の特訓があって、泳げない人は4mの深さのところに放り込まれて、おぼれながらも岸につかまったら、また竹竿でつつかれるというような、本当に今だったら警察呼ばれまっせ。
もっともそのおかげで1年の夏休みが終わるころにはほとんどの生徒が泳げるようになるんですけどね。
もちろん女子も例外ではなく、腰にさらしを巻かれて(おぼれたときに掴むためですね)、やっぱり4mに放り込まれるらしいです。オイラの3歳年上の姉も4mに放り込まれて、竹棒を出してくれたので、それに捕まったら、ずるずると押し込まれて、改めておぼれたそうです。

3級の試験を受けるときはどんな格好でもいいから、5mの飛び込み台から落ちる(飛びこみではなく)のが必須科目。オイラも股間を抑えて足から落ちたりしてました。1,2級は頭から飛び込むんだけどね。
定時制の人達も夕方、登校してきて、昼間働いて汗をかいてるから、非公式に泳いでから授業を受けるんだよね。ある夏の日、5mから飛び込んで4mの底まで行くと水が冷たいものだから、心臓麻痺になった人がいました。深いプールは気を付けないとね。

まぁひどい教育でしたけどね。ま、今となってはお陰様で、この歳になっても泳げています。今の子どもは過保護になって可愛そうな気もします。もっともスイミングスクールに行っているからもっと正しい泳ぎ方になってるか。オイラの背泳ぎなんて「お前のは、アンギラスの盆踊りや」と体育の教師が言ってたものね。

ま、そんなこんなで、1000m単位で泳いだのは50年ぶりくらいかなぁ・・・・・
しかも澄み切った水でね。高校のプールは緑色でしたから(笑)
2020100300001.png

透明だとどういういいことがあるかというと、隣のコースを泳いでいる女性のきれいなおみ足が見られるということですね。水圧で大体のひとが足が締まってみえるんですけどね。ひとりだけ、50歳代と思うけど、ふくらはぎも細からず太からず、きれいな足の人がいるんだよね。
エバラ焼肉のタレを塗って、かぶりつきたいくらいの見事なおみ足。
思わず見とれているうちに息をするのを忘れて水を飲んでしまうこともしばしば。
まぁ、医者から痛風になりたくなければ、水を一日2リッター飲みなさいと言われていますからね、500ccくらいはプールで飲んでいるかもしれないね。
それと、反対側のコースでは幼児教室みたいなのをやっている時があって、ま、なんといいますか、若奥様の水着姿がね、へへへ。
ひとりだけ、ちょっとどうかなというほどの、コマネチもびっくりというハイレグの水着のお母さんがいましてね、ちょっと浮いてますね。
あそこまで切れていると、おけけの処理も大変だろうと思うのでありますが、余計なお世話でしたね。

というようなことで、700mから1000mほどゆっくりと泳いで帰ってくるのでありますね。
300mの差はなにかというと、ま、その、なんといいますか、美人の人口密度によっては、ついつい泳いでしまうということですな。

水泳というのは意外と疲れるものでして、午後はDVDを見たり、本を読んだりしているうちに、こてっと寝てしまうこともあります。
ひどいときは、パソコンをうちながら寝落ちしてしまい、はっと目がさめたら、画面にJJJJJJJJJJJJJJと無限の文字列が並んでいたことも。ほんの1,2分でしょうけどね。
夜の睡眠に差し支えるので、できる限り寝ないようにはしているのですけどね。

あ、そうそう、プールで何人かの女性とお話をするような中になりまして、83歳のひとがふたり。どちらもクロールがゆったりとうまくて、毎日1000m泳いでいるそうな。しかも、キックターンで休みなしに泳いでいるから大したものです。

「あんた、若いのにどうして25m毎に休憩してるの?」なんて聞いてくるんだよね。だってしんどいんだもの。大きなお世話でい!
しかし、73のくそ爺をつかまえて若いとはよくも言ったもんだけど、ほぼひとまわり上だからね。おそれいりやした。

ま、しかし冗談はぬきにして、水泳と自転車は使う筋肉も違うから、バランスをとった方がいいんだけどね。膝も自転車は縦にうごかすけど、水泳は振り子のように動かすからね。そろそろ自転車に戻らないとなぁ。しかしなぁ、自転車は美人密度がなぁ・・・・・仮に美人がいたとしてもヘルメットかぶって、サングラスして、足首までのスパッツ穿いてだからねえ。チンパンジーが乗ってたってわかりゃしないね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント