フィッシング詐欺

いやぁ、オレオレ詐欺にかかった人のニュースなんかみるとね、「なんでこんなものにひっかかるのか?」と不思議でしようがないのですけどね。


ついにオイラもフィッシング詐欺にひっかかってしまいました。

メールボックスに楽天から「あなたの決済カードの有効期限がもうじき切れます。すぐに更新していただかないと、アカウントが無効になります」なんて書いてありましてね。なんだかおかしいかもなと思いながらも、買い物できなくなっても困るので、ぽちっとURLをおしてみました。
そしたら、セキュリティソフトから、「ピピピピっ、これはあやしいぞ。キケンキケンキケン」と、まぁこんな文章ではありませんでしたが、警告がありまして、「へえぇ、やっぱりね。楽天はちょっとセキュリティがあまいのかな」と、その時は事なきを得たのですが・・・・

そのうちに、アマゾンからも似たようなメールが届きまして、こちらもぽちっとなと、押してみたら、警告も何もなく、まことに見事に本物っぽい画面が出てきたわけです。一旦切って、アマゾンのヘルプ画面でこんなメールが来たけど本物かどうか聞こうと思ったのですが、いろいろやってみたけど、聞き方が悪いのか不得要領でよくわかりません。

通販会社も、売ることには必死で、いろいろな画面の工夫をしているけど、偽画面の情報とか、見破り方なんかは出てないですね。

買いたいCDもあったので、いちいちコンビニ決済するのも面倒なので、カードの番号とセキュリティコードを入力しましたところ、これが見事にフィッシングだったというわけです。

フィッシングが好きで、いろいろお魚ちゃんを釣りに行きましたが、まさか自分が釣られるとは・・・・
2020092700001.png
2,3日後に、カード会社から電話がかかってきまして、「〇月〇日にあなたは、こんな買い物をされましたか?」と聞かれまして、いいえと答えたら、「じゃぁこれは?」「こちらは?」と3件ほど確認されまして、最後の4件目はたしかに自分の注文したCDだったので、イエスだったのですが、後の3件はまったく憶えがなかったのです。

以前に、シベリア航空のカウンターでスキミングされて、10万円ほどの買い物をされたことがありまして、その時も海外にまで(といっても携帯なので先方は知らないのですが・・)カード会社から確認電話をいただいたことがあります。

まぁ、しかし、「道によって賢し」といいますか、カード会社はよくおかしいとわかるものですね。感心しました。

おかげさまでロシアの場合も、今回のアマゾンの場合も決済をストップしてもらって、イガッタイガッタメデタシメデタシとなったのです。

とはいいましてもカードはその時点で無効になって、再発行となるので、面倒なことこの上なし。

インターネットで使う場合は、念のため、決済銀行の残高は数十万円程度に抑えてはあるのですけどね。それでも全額引き落とされたら、痛手は痛手ですね。しがない年金生活者ですから。

それにしても、カード会社はどうやって見分けているのでしょうね。こんどカード会社の人と知り合いになったら、聞いてみよう。
もっとも確認電話もらった時に聞けばいいんだよね。聞きそびれちゃった。


本日のお言葉

「魚は釣っても、釣られるな!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

まさる
2020年09月28日 13:18
お気の毒様です😅
まさる
2020年09月28日 13:19
お気の毒様です😅
風船屋店主toMASARUchan
2020年10月02日 16:10
ははは・・・まぁ永年にわたってお魚を釣ってきましたから、たまに釣られるのも仕方がないですね。まさるちゃんも気をつけて。