災害列島

いやぁもう、コロナでいい加減参っているのに、まだ台風シーズンにならないうちに、洪水が目白押しだものね。

考えてみたら、日本ってのは四季も豊かだけど、災害も豊かというか種類が豊富だね。地震・噴火・洪水・台風・核発電所の爆発。
もっとも「そんなの災害の内にはいらないよ」なんていう国もあるだろうけどね。

ウィルスに関するパニック小説で高嶋哲夫の「首都感染」というのを、以前読みましたが、ちょっと嵌ってしまいまして、同じ作家の「日本核武装」とか「つなみ」「M8」など読んできましたが、今回「富士山噴火」というのを読みました。ストーリーそのものは同じ作家ですからだんだん飽きてきますが、地震・つなみ・噴火・核兵器などの各分野の知識がいろいろ書いてあるので素人のちょい齧りのお勉強にもなります。

富士山が噴火して、火砕流が流れてきて、御殿場市民が逃げる時間稼ぎのために、自衛隊が東名高速の橋をミサイルで爆破し、両側の山も爆薬で崩して、谷を流れる火砕流を一時的にせき止めるとかの場面は、ま、なかなか興奮しますね。
富士山てのは、1回の噴火であのような形になったんではなくて、5回くらいの噴火であのような形に、現時点ではなっているらしいですね。
先日テレビで薩摩硫黄島の取材していましたが、海中にものすごく大きな噴火口があるらしいですね。いま、もしあの大きさの噴火が起きたら、関東も20cmくらいの灰が積もるらしいですね。怖いのは7000年なんて言っても地球からいえば、「あっ?!」という間の時間らしいですからね。そういう島の上に我々は棲んでいるということなんですな。
2019100100001.png
日本は核兵器は持たないことになっていますが、核分裂発電所は一杯もっていますのでね。福島のようなことはお役人得意の想定外でメルトダウンがまた起きる可能性もあるわけですね。石炭火力発電は輸出もやめるということになりましたが、代替発電をどうするかという明確な考えもなく、節電運動もいつのまにか、言われなくなり、意味のないイルミネーションがあちこちで稼働しているのに誰も何も言わないですね。

Withコロナ、With核発電、With噴火、With洪水、いろいろ一緒に暮らしていかないといけないですな。はぁ・・・

いま、目の前のコロナにしても、なんだかモタモタしていますね。飲食店の営業時間を1時間短縮してどうなるというのかなぁ・・・
1月くらい前の、新宿と池袋の風俗店が感染源の半分を占めていた時に、強行に営業停止指示をしておけば、こんなになっていなかったような気がするけどね。結果的になっていたとしてももっと時間稼ぎができたんじゃないかな。

GOTOキャンペーンなんて、もう少し治まってからでもよかったんじゃないかと思いますね。経済沈下に焦ってしまって、見切り発車したけどね。結局、みんなでよってたかってウィルスを運んでいるようなものだね。政府の補助金で・・・・・
もう少し我慢した方が結果として、経済の影響も少なくてすむような気がしますがね。
分科会の人達も「僕はやめといた方がいいと思ったんだけど、政府の方針が先にありきでね」なんて無責任なことを言っているひとが多いですね。選ばれ限りはテーブル叩いてでも反対するほどの根性のあるひとはいないのかね。みーんな忖度ばっかりで・・・・

あ、災害の中に忖度も入れとかなくちゃ。いつのまにこんなに忖度が流行っちゃったんだろうね。安倍ちゃんのせいだろうね。
忖度というのは結局、だれも責任とらないんだよね。弱い人が自殺しちゃう構造なんだよな。やれやれ・・・

なんだか最近愚痴が多いね。「風船屋GGのグチグチ日記」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント