村上主義者

外出禁止令が出て以来、高嶋哲夫と中山七里を読みまくり、合計でどうでしょう、10数冊は読んだかなぁ・・・・最近読んだ、中山七里の「ヒポクラテスの誓い」なんてのは1日もたなかったなぁ。もったいない。もっとゆっくり読めばいいのに。

小説に飽きてくると、随筆とか、評論てのかなぁ、梅原猛さんの「水底の歌」とか梅原シリーズを読んだり、間に、村上春樹さんの相談本(・・というのかなぁ・・)なんか挟んで読んでます。

村上さんの本は面白いのでかなり読んでますが、なんだか終わりが雑なので(個人的な意見です。当たり前やろ)ま、ほどほどに付き合ってますが、世の中にはハルキニストとか、村上主義者と言われる、なんでもかんでもムラカミ絶対という人がいましてね。
オイラは野次馬的村上主義者ですね。
そういうマジ村上主義者が、村上さんにインターネットで相談してます。村上さんもそれに対して冗談半分、からかい半分、まじめ半分(お、足すと1.5や)で答えたものを本にしてるんですね。

それがこの「村上さんのところ」などに載ってます。定価1300円。ブックオフで300円。
IMG_1289.JPG
質問する側も本気なのか冗談なのか、こいつは頭おかしいのじゃないかと思われる人が多いのですが、それも含めてまじめそうに答えているところがおもしろい。255ページあるなかで、どこで止めても、どこから始めてもいいというのがお気楽。
イラストは今までは安藤水丸さんがやっていましたが、亡くなられたので今はフジモトマサルさんが描いてます。独特の羊と猫が特徴。

ちょっと、どんなことが書いてあるのか、村上さんには内緒でご紹介しましょう。
長くなるので、ほどほどのところで、読むのはやめて、本を買いましょうね(笑)

相談1
昨日、妻と喧嘩しました。謝りはしたのですが、まだわだかまりが消えません。口論に腹が立ち、こちらから怒鳴ってしまったことも反省してます。村上さんの思う夫婦円満の秘訣、腹が立っても怒鳴らない秘訣を教えてください。

答え
あのですね。こちらに向かって驀進してくる機関車に向かって怒鳴ったりはしませんよね。それとだいたい同じことだと思われたら如何でしょう?無駄なエネルギーは使わないようにして、身の危険は素早く避ける、これしかありません。人生の知恵です。頑張って平謝りしてください。

質問2
うちには5歳の男の子がいるのですが、彼はいつ地球に隕石が落ちてくるか心配らしく、文字通り夜も眠れないで気をもんでいます。5歳の子どもにうまく言って安心させたいのですが、いまいち確率の概念など難しいことは理解できないので納得してもらえません。彼にどういってあげたら良いと思いますか?

答え
そうですね。アリのことを考えてみてください。あの人たちというかアリたちは、いつ人間の靴底でぺしゃんこに踏みつぶされるかしれないのに、そんなことはものともせず、日々黙々と勤勉に働いています。アリが路上で人に踏みつぶされる可能性に比べたら、空から落ちてきた隕石に人があたる可能性なんて微々たるものじゃないですか。そんなことを心配して眠れない夜を過ごしていたら、アリが気分を悪くしますよ。「ふざけんじゃねえや。アリえねえ」とか言って、怒ってみんなで攻めてくるかもしれない。その方がずっと怖いじゃないですか。アリの身にもなってあげてください。

質問3
小さいころから同性に何となく嫌われてしまいます。
自分でいうのもなんですが、美人で才能があるので、仲間ハズレにされたり、ねたまれたりしてきました。若い頃は確かに上から目線の気がありましたが、今では歳も重ねて丸くなりましたし、かなり謙虚なつもりです。なのに先日同僚たちからさりげなく仲間ハズレにされました。
慣れてはいるものの、またかと、ショックでした。
悲しさとあきらめで寂しくてたまりません。集団と付き合えない自分が情けないです。この先どうすればよいのでしょうか。

答え
とても失礼なことを申し上げるようで心苦しいのですが、あなたのメールを読んでいると「かなり謙虚なつもりです」とおっしゃるわりに、それほど謙虚な雰囲気が伝わってきません(笑)。そういう姿勢も同僚の方々に自然と伝わるのではないでしょうか?
僕が思うに、あなたは「謙虚になる」という希望を捨てた方が良いと思います。いっそ「私は謙虚になんかなれないわ」と開き直った方がいいんじゃないでしょうか。そんな気がします。人の性格ってそんなに簡単には変わりませんし、演技を長く続けることもできません。これが自分のポジションなんだと腹をくくるしかないでしょう。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと言います。いろんなことを気にせず。自分らしくさばさばと生きていれば。それなりに近づいてくる人もいると思いますよ。

・・・・・

いやぁ、村上さんも、ヒマなんでしょうかね。それを読んで書き写しているオイラは相当ヒマということは確かですがね。
ま、でも読んでいて肩はこらないし、どこからでも読めるというのと、回答の内容は、さすがだなと思わせる冗談と本音を織り交ぜたところがなかなか楽しめます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

浜えくせる
2020年05月24日 00:08
「村上さんのところ」の紹介ありがとうございます。
人生相談物で、結構面白いですね。文庫本も出ているようなので、探してみます。
私は春樹ニストではなく、彼の作品は「1Q84」しか、読んだことがありません。蔵書に「TVピープル」がありましたが、まだ読んでいません。
私は朝日新聞を購読しており、土曜日版の「悩みのるつぼ」をまじめ?に読んでいます。回答者は、岡田斗司夫、上野千鶴子、美輪明宏、姜尚中の4人です。
昨日、JR新駅「高輪ゲートウェイ駅」とその界隈を視察してきました。
まだ都内の緊急事態宣言は解除されておらず、閑散としていました。
店員のいない売店とか、改札を出るとスタバがありましたが・・・
風船屋店主toHAMAsan
2020年05月24日 11:21
朝日新聞のお悩み相談ですか。12月までとってましたが、見たことないですね。(笑)。回答者のリストを見ても、なんだか・・・多分まじめな相談とまじめな回答なんでしょうね。亡き妻の方針をまだそのまま継続して、朝日と毎日を半年づつ取ってます。以前はそれに読売もはいってましたが、ナベツネ嫌いから、販売店に「ナベツネが死んでから来い」と言ってあります。妻は断りにくいのと、洗剤がもらえるという理由で、定期的に切り替えていたようです。私は毎日の方が、ベージ数が少ないので好きなんですけどね。朝日はだいたい32~36ページだったでしょうか。毎日は24~26ページで同じ値段というところがおもしろい。
フライングで、お出かけしましたか。
私も、そろそろと思いますが、レストランが出そろうまではもう少し時間がかかるかと、6月上旬には東京に行ってみようかと思ってます。
2か月ちかく、お金を使っておりませんでしたので、札束を握りしめて(笑)。

sazae3
2020年05月24日 21:21
私は友人のお嬢さんが朝日新聞に入られて、それ以来何の不思議も感じないまま朝日新聞を愛読しております。それ以前もそうでしたけれど・・・・

悩み相談には興味があります。自身も悩みが多い方ですので(笑)いろいろなお悩みにどのように応えるか?に興味があり結構好きです。

村上春樹さんの本も読みたいです!  でも1200円は結構なお値段です、私にとっては・・・・ブックオフに行ってみようかしら・・・・

風船屋店主toSAZAE3
2020年05月25日 19:00
朝日新聞の愛読者ですか。永年、読みなれるとやっぱり続けますよね。我が家は「新聞なんかどれでも一緒や」という意見の人が強くて(笑)洗剤優先でした。
私は個人的には、毎日がページ数が少なくても堂々と同じ値段で売っているというところが好きで(笑)、それと川柳の撰者のセンスが一番いいですね。朝日は昔は天声人語がなかなかしっかりしていましたけど、最近は筆者の知識をひけらかすような記事が多くなってきましたね。「村上さんのところ」は1300円も出すようなものではないです。かといって、ブックオフの300円のやつは私が買ってしまいましたし・・・・