外出自粛の夜に

NHKのBS1で、ときどき「外出自粛の夜に」という番組やってますね。1時間弱くらいの番組ですが・・・

演奏会とかが中止になって暇になった演奏家たちが、自宅で演奏して、それをリレー形式で次のひとにバトンをつなぐという内容なんですが・・

1回目はウクレレ特集でした。世界中のウクレレプロ、愛好者などが次から次へと知り合いを紹介してリレーしてゆくという趣向。

ウクレレの場合は素人さんも混じり、母子で演奏したりもありましたが、次から次へとリレーしているうちに、ドリフターズの高木ブーが出てきたり・・・・
IMG_1283.jpg
彼はウクレレの入門書も出版したりしていますが、失礼だけど、それほど大したことは(笑)・・・・

あるいは、荻野目洋子が出てきたり・・・
IMG_1267.jpg
名前はしらないけど、サザンオールスターのなんとかさんが出てきたり、IMG_1269.jpg
ハワイのレジェンド、ロイ サクマが出てきたり、
彼はウクレレ教室をやっていて、卒業した教え子が5万人だって。
IMG_1278.jpg

ほかにもうまい人が結構出てきましたが、何といっても、ハワイの超絶技巧ジェイク シマブクロ
IMG_1271.jpg
ウクレレでこんな演奏ができるのかと、びっくらこん。

他にも音楽プロデューサーで、スタートがなかなかうまくいかず、30回目くらいで、ようやくうまく演奏できたという微笑ましい場面も。
ウクレレも持っていることは持っているんだけどね。ずっと押し入れの中。こういううまい人のを聞くとやってみたくなるね。


2回目(・・かどうかわかりません。もっと前からやっていたかも)は、在京オーケストラのメンバーが自宅でそれぞれの楽器を演奏するという趣向でした。
①東京都交響楽団のコンサートマスター 矢部さん
 22歳からコンマスに抜擢されているらしいからすごいね。
 タイスの瞑想曲を演奏。やっぱりうまいね。ビブラートのかけかたが勉強になりました。

②東京交響楽団 首席クラリネット奏者 吉野あきなさん
 チャイコフスキーのくるみ割り人形から「花のワルツ」

③NHK交響楽団 首席トランペットの長谷川さん
  ドニゼッティの歌劇「ドン・パスクァーレ」から 第2幕 前奏曲というのをやったんだけどね。
  この曲を聞くのは初めてだけど、映画「ゴッドファーザー」のテーマ曲に出てきそうな哀愁を帯びたいい曲だったね。
  この番組をみなければ、一生(といっても、もうあまり残ってないけどね)聞くことのなかった曲だろうね。一期一会。

④新日本フィルハーモニー  首席チェロ奏者 長谷川彰子さん
 演奏会はないけれども、毎日4時間は練習しているらしい。

⑤NHK交響楽団   コンサートマスター篠崎史紀さん
  彼は「マロ」という通称で親しまれている有名な人。演奏会では指揮者の左側で一番前だから、顔を知っている人は多いだろうね。
  なぜ「マロ」か?
  ま、顔みたら納得だね(笑)。長い鼻、高そうなべっ甲の眼鏡・・・・
IMG_1264.jpg

⑥東京都交響楽団  首席オーボエ奏者 広田さん
 なんの曲やったのかなぁ・・・わすれちゃった。

最後は7番目
東京フィルハーモニー  副主席トロンボーン奏者 辻姫子さん
曲はアメージンググレースとポピュラーな曲だけど、ビブラートが適度に効いていい演奏でした。
ちょっと気になったのは、ソファに座って演奏していたけど、隣に椅子もあるのに・・・ソファーだと下腹部が圧迫されて腹式呼吸がしにくいのではないかいなと・・・余計な心配。
IMG_1266.jpg
やっぱりこの曲は、フルートとか、バイオリンなどよりも、トロンボーンとか、テノールとかそうゆう朗々とした楽器があってるね。  

ま、国内で有名なオーケストラの首席奏者がやってくれるから、見ごたえがありますね。

面白かったのは、最初の矢部さん、この1週間ほど楽器触ってないって言ってたなぁ・・・
どんな楽器でも例え10分でもいいから、毎日触りなさいなんて言われてるんだけどね。オイラもどしろうとだけど、フルートを1週間も吹かないと、なかなか気に入った音がでないものね。

さて、この番組、次はあるのかな。まだあるのなら、コロナはもうすこし続いてもいいかもな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

浜えくせる
2020年05月23日 11:42
なかなか楽しくて有意義な番組をご覧になったのですね。

お茶の水駅近くには、新旧の楽器を売っている店が多いですね。じっくり
覗いたことはありませんが。
明治大学に阿久悠の記念施設があり、一度訪問したことが・・・
古賀政男さんや阿久悠さんは明治大学出身なんですね。
古賀さんのギターも飾ってました。

昔、銀座の歩行者天国でフルートを演奏していたスペイン女性はその後、オーストラリアへ行くと言っていたけど・・・
北海道・苫小牧のスナック「ネピア」で出会ったイスラエル女性はダンスがうまかった。彼女もその後オーストラリアへ行くとか、言っていた。
世界を股に掛ける?たくましい女性たちでした。
風船屋店主toHAMAsan
2020年05月23日 14:46
明治大前の坂道に、楽器屋は多いですね。20年くらい前に仕事納めで飲んで、ほろ酔い気分で下村楽器始め、かたっぱしから、冷かしていたら、冷やかしのつもりが売りつけられたみたいで、はっと気が付いたら、フルートを膝にのせて総武線に乗ってました。「れれ?」っというのが、GGのフルート生活の始まりでした。自宅に防音室がないので、トランペットとか、サックスでなく、フルートを買ったというところが、酔ったとはいえ、多少の理性は残っていたものと思われます。