三笠会館

ま、ね。毎日、平々凡々として、自炊生活をしたり、ご飯貯金を遣ったりして、地味ーな生活をしておりますのでね。

たまには、自分へのご褒美といいますかね。(褒美が多すぎる?うーん、そうかなぁ)

今日は、女性介護者ふたりつきで、銀座で昼食。

第一候補のお店が一杯で予約がとれませんでしたので、やむなくというか、行き当たりばったりで、銀座並木通りの三笠会館へ。
ここはいつも前を通るのですが、あまり興味もなく、入るのは初めて。
和食あり、中華あり、おフランスあり、鉄板焼きまであるという、レストランのデパートみたいな店。
あまり期待もせずにはいりましたが、榛名という名前のおフランスレストラン。結果としてはなかなかよかったです。

創業70年とかで、創業者は奈良県のご出身。三笠山に因んで、三笠会館と名付けられたのだとか。
故郷を偲びながら、がんばられたのでありましょうな。「・・・三笠の山にいでし月かも」
看板のマークも鹿のマーク。建物はなかなか渋い建物です。

前菜はなんだかんだと説明はうけましたが、まったく憶えておらず、写真も忘れておりました。
2番手の野菜サラダ。
こんなヤツです。
IMG_0530.jpg
やたら種類が多く、アーティチョークだけは憶えておりますが、あとは全然憶えておりません。・・というか席の関係でオイラの聞こえない方の右耳側で説明してくれるので、あまり聞こえなかったのですじゃ。もっとも聞いてもすぐ忘れるので同じことなんですがね。
介護人たちもさっそくお写真を・・・・
IMG_0529.jpg
続いて、牡蠣のなんたらかんたら。おいしゅうございました(岸朝子調で)
IMG_0531.jpg

お次は、空っぽのスープ
IMG_0534.jpg
撮影を忘れて、飲んでしまったのであります。確か、菊いものポタージュだったかと・・・(おいしゅうございました。)

メインディッシュは、タラか、豚か選べとおっしゃるので、北海道産のなんとかかんとか豚のヒレのグリル
IMG_0536.jpg

これもなかなか味の濃い豚でおいしゅうございました(こればっかりや)

あとは、デザートとコーヒーがでてきて、その後に小皿に3種類ほどのおつまみが出てきて、「え、これなんですか」というと、お茶菓子ですとのこと。
なんだか、デザートはデザートとして食べ、コーヒーを飲みながらお茶菓子をつまむということらしい。
IMG_0539.jpg
大皿のデザートの向こうに見えているのが、その噂のお茶菓子なのでごぜえますです。
チョコレート、柑橘類のなにかの砂糖漬けみたいなやつと、あとなんだったかなぁ・・・
今回は介護人が比較的若いこともあって、「写真、写真」と言ってくれるので、わりと写真を忘れずとりましたが、もう少し年齢の高い介護人というか同伴者の場合は、どちらも写真を忘れるというのが最近のパターンなのでありますね。

たまにこういうことがあるから、独居老人生活もなんとかやっていけるのでありますね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント