雨中の鳥見

今日は昼前から雨もやみ午後から晴れという予報に騙され、うかうかと新宿御苑に鳥見に行ってまいりました。

なぜか、新宿近辺だけが午後まで雨雲が停滞し、寒くてちょっとマイリニータの午前でした。
ま、1時過ぎから雨もやみ、それなりに鳥も見ることができたので、結果オーライなのでありますけどね。

今まで、映像とか、画像では見たことがありますが、肉眼で見たことのなかったオシドリが、新宿御苑にうじゃうじゃいるというので、東京の友人に案内してもらい、でわでわでわと見にいったのであります。

新宿御苑は老人割引があって、入場料250円也。これで10時から16時まで遊んだのだから安い遊びです。

さて、雨の新宿御苑、
DSCN1079.jpg
DSCN1063.jpg
まずはお目当てのオシドリから・・・・
DSCN1054.jpg
DSCN1039.jpg
DSCN1078.jpg
しかし、ふざけた色をした鳥だね。
おしどり夫婦なんて言われていたけどね。最近は結構浮気しているという衝撃のレポートもあるみたいですね。
だからうっかりと「いやー、おたくは本当におしどり夫婦ですね」なんて言ったら、張り倒されることもあるね。

鴨類は、この他にもいろいろいます。
DSCN1058.jpg
DSCN1128.jpg
DSCN1127.jpg
DSCN1136.jpg
まいどおなじみのツグミ。印旛沼にも掃いて捨てるほどいますが、見かけるとつい撮りたくなる
DSCN1066.jpg
シメはラーメンで行きますか?いや、あっしはこの虫で結構です。と言っているのはシメ。
DSCN1073.jpg
キツツキの仲間のコゲラ
DSCN1102.jpg
DSCN1110.jpg
「いやぁ、最近カタがあがらなくってね。」とぼやいているのはシジュウカタ、じゃなくってシジュウカラ。
DSCN1094.jpg
DSCN1096.jpg
兄さは満州へいっただよ。モズが枯れ木でないてるよ。
DSCN1122.jpg
これはシロハラ・・・・
DSCN1130.jpg
こちらは、アカハラのトナカイ
DSCN1144.jpg
木陰から出てきたのであわてて撮ったら見事にピンボケ
DSCN1145.jpg
いつでも、どこでもおなじみのハクセキレイ
DSCN1158.jpg
おなじくムクドリ
DSCN1160.jpg

最後にでました看板娘!カワセミです。
DSCN1151.jpg
DSCN1152.jpg
DSCN1154.jpg

あの翡翠という字の翡はオスのカワセミ、翠はメスのカワセミを表すらしいのだけど、こいつはどっちなんだろうか。

ま、ともかく、こんな都会のどまんなかで、しかも近くにオカマも歩いているというのに(関係ないか)、よくこんなに鳥が集まるもんだね。
しかも250円!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

浜えくせる
2020年01月15日 22:33
新宿御苑でずいぶん多くの野鳥が観察できるのですね。
知りませんでした。
私は神奈川県内で主として池や水路で泳いでいる冬の渡り鳥を撮影しています。
オナガガモ、マガモ、コガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロなどです。
オシドリにはこの数年遭遇しません。井の頭公園で見た記憶がありますが・・・
家の近所では留鳥ですが、オナガが数羽飛翔するのを見かけます。
また留鳥のカワウやアオサギ、コサギ、オオバンは池でよく見かけます。
カワセミは蓮池等で見かけます。
ハクセキレイは都会にも出没します。
今度、泳がない野鳥の観察に新宿御苑にも行ってみたいと思います。
風船屋店主toHAMAsan
2020年01月16日 21:27
HAMAさんもなかなか鳥見がお好きなようですね。おおっぴらに他人の生活を覗けるのは、バードウォッチくらいですものね。鳥に取っては迷惑かもしれませんが。
井之頭は最近オシドリが見えなくなったらしいですね。オシドリを見るなら今は新宿御苑の上の池らしいですよ。雨の日の方がよく出てくるとかいう噂も。この日は30羽くらいいましたかね。高層ビルの谷間にこれだけの鳥が集まるというのはすごいですね。猛禽類もよく見かけるらしいです。