昭和は遠く・・・・

中村草田男の俳句に「降る雪や 明治は遠く なりにけり」というのがありますね。もっとも盗作騒ぎもあったようですが。

最近、つくづく「昭和は遠くなりにけり・・・」という気持ちになることがありまして・・・

この下期が町内会の班長を担当しておりましてね。12月の町内掃除もいろいろ道具の準備とか、ゴミのかたづけとか大変だったんですよ。
家政婦が入院中だったし。

そのなかで、がっくりくるお話。

えー皆さんは「じょれん」ってご存知ないですか?
え?知ってる?西部劇の主題歌だろって? ♪ジョーレン ジョーレン ジョーレン ローハイド!
あほかいな、そら「ローハイド」の主題歌でローレンローレンローレンですがな。クリントイーストウッドがまだデビューしたばかりでね。

ジョレン、こういうやつなんですけどね。
IMG_0327.jpg
IMG_0326.jpg
溝のどぶ浚いに使うとまことに便利。鋤簾と書きます。

町内会館に行って、「すみませーん、ジョレン貸してくださーい」と言ったら、40過ぎのおばちゃんが、「え?ジョレンてなに?」とおっしゃるわけです。
ジョレンってなにと言われてもね。ジョレンはジョレンとしか・・・・・
「ほれ、そこの、うん、それそれ」なんて言っていると。

「なーんだ、穴あきスコップのことですか。一般名称で言ってもらわないとわかりませんよ」だって。

ちくしょー年寄りだと思って馬鹿にしやがって。いいか、くそばばぁ。スコップなんてのはな、手前から向こう側にすくうものなんだ。
ジョレンは向こう側からこちらへすくうものなんだよ。ばかやろめ。一般名称がジョレンなんだよ。

・・・とは言わなかったけどね。

しかしね、穴あきスコップとはね。じゃあ、このジョレンの穴をふさいだら、あなたはこれをスコップと呼ぶんですか。

まったく、英語教育もいいけど、日本の道具は日本語で正しく教えてやって欲しいものだね、せんせい。


もうひとつは、カマキリのおなかにいる寄生虫。ハリガネムシっていうんだけどね。
こいつが実にもう凶悪、陰険、破廉恥なやつで、カマキリの中で成虫になり、カマキリをマインドコントロールして、水のある場所に歩いて行かせて、最後は水に飛びこませるんだよね。
水の中にはいったら、カマキリは死にますけどね、ハリガネムシは出てきて繁殖行動をするわけです。

多分、カマキリの半分くらいはこのハリガネムシが入ってますから、試しにカマキリを捕まえてお腹を水につけていると、にょろにょろとハリガネムシが出てきます。嫌なやつです。

ま、それはどうでもいいのですが、ある時「カマキリのおなかを押したら、ゼンマイみたいなやつがはいってるやろ」という話をしていたら、60代のおばちゃんが、「え?ゼンマイってなに?あ、あの山菜か」
なんてのたまうわけです。
ま、たしかに、山菜のゼンマイもありますけどね。

今はマブチモーターのおかげでモーターも随分安くなったから、動くおもちゃはたいていはモーターで動いているけどね。
昔は金属のベルトをギリギリと巻いてその反発力で汽車のおもちゃなんか走ったんだよね。

ま、今の子どもがゼンマイを知らないのは、当然かもしれないけどね。60代半ばのおばちゃんが、「ゼンマイ?山菜か、あ、焼肉か」
ちゃうちゃうそれはセンマイ。

そういえば、20年くらい前に、会社の女の子に雷電為衛門の話をしたら、「なんですか。それ」と言われたこともあったっけ。

まわりの話の通じる人たちが少なくなって話が通じなくなると、なんだか生きているのもつまんないね。
話の通じるような年寄りはボケてきているしね。もうホントに・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

むろくみちゃん
2020年01月08日 20:31
ジョレン?
え〜、わたしぃ〜若いからぁ〜ジョレンっていうの知らなーい。
穴あきスコップ?それも聞いたことないけどねー。
風船屋店主toMUROKUMIchan
2020年01月09日 10:12
ほれほれ、だからおじさんと付き合ってると勉強になるでしょ。
ところで、そしたら、このどぶ浚いの道具、なんて言ってるの?
鍬の横に壁があって、底に穴の開いているやつ?
sazae3
2020年01月09日 23:15
鋤簾は見たことはありますが、名前は知りませんでした。昭和の時代は好きで、懐かしんでいる高齢者しかも後期高齢者ですが(笑)知らなくて済みません。「十能」は知っています、使ったことがあります。
町内会のお役も高齢者になってくると大変ですね。何歳までやれるかしらと・・・元気なら何歳まででも引受けなくてはなりませんね。避けては通れないです。いろいろと考える今日この頃です。
風船屋店主toSAZAE3
2020年01月10日 08:37
SAZAE3お久しぶりです。体調はどうですか。
いやぁSAZAE3のお歳の方に「ジョレン知らない」と言われると、知っている風船屋の方が異常なのかなぁ・・・十能はよく使ってましたよね、火鉢、七輪(関西ではカンテキと言ってましたが)を使う時には必需品でしたからね。しかし、もともとは10の機能があるから十能と言われていたはずなんですが、そんなに機能がありましたかね。まさかあれで水を飲むひともいないでしょうし(笑)
子供のころに使っていた、あるいは見た道具の絵をかいて、残しておきますかね。出版したら、高齢の方が懐かしがって買ってくれるかも。センバコキとか・・・・