あーあぁ 逝っちゃったぁ

50年弱連れ添った連れ合いが先月の12日に緊急入院して以来、本人も戦い、オイラとしても必死の看病・激励をしてきましたが、入院して1週間の11月20日に意識不明となり、12月10日の0時25分にその71年と4か月余りの人生を終えました。

もう少し生きていろいろ楽しませてやりたかったのですが、ま、これも人生です。

本人は「ま、だいたいのことはやったから、もうええわ」と強がりを言っておりましたが、本音はもう少しテニスもやり、旅行も楽しみ、おいしいものを食べたかったに違いありません。

11月6日までテニスをやっており、かかりつけ医者から血液検査の肝機能の数字がおかしいといわれ、近くの東邦大病院で精密検査の結果、即入院、家に帰ることもだめとその日から闘病生活が始まりました。
膵臓がんは速いというのは知っておりましたが、まさかここまで速いとは・・・・・
本人も気づかないうちに蝕まれ、気が付いたときには、十二指腸にも肝臓にも転移していたという状況でした。

絶対、オイラの方が早く死ぬという確信がありましたが、いかに確信というものが当てにならないかということですね。

今更ながら、「伴侶」という言葉の意味を思いしらされ、唇をかみしめております。

・・・とはいえ、早く立ち直らなくては。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クク
2019年12月12日 22:27
奥様の突然の御逝去を悼みご冥福をお祈りします 71歳でとは早すぎますね
無理をせずボチボチと時間をかけて復活してください
風船屋店主toCUCUsan
2019年12月14日 15:15
ククさん、暖かいお言葉有難うございます。すい臓がんというのは速いと聞いてましたし、東部支部のY田さんも、まだ40代ですい臓がんで亡くなられました。彼も数か月だったですが、妻の場合は僅か1か月で驚きモモノキです。
入院した病院も奇しくも同じT邦病院。
ところで、CUCUさんも体調はどうなのですか。一時自転車を休んでおられたようですが、もう復活されているのですか。