行っちゃったね

台風19号が行っちゃったね。夕方のニュース見ていると北海道沖で、元台風19号なんて書かれて、モトカレみたいになっちゃってたね。
思っていたより西寄りで伊豆半島上陸だったね。


だいたい、台風の東側が風雨ともに強いものだけど、今回は降雨帯が台風の中心から北に延びていたから、あまり千葉には影響なかったような気がするね。
前回は、まったく準備をしていなくて、スダレを6枚飛ばされちゃったけど(笑)今回は庭にあるものは抑え、片付け、スダレは全部はずし、
「さぁ、来い」と手ぐすね引いてまっていたんだけどね。「え、もう過ぎちゃったの?」って感じだったね。
前哨戦の竜巻にやられて亡くなった方もおられるし、ブルーシートが飛ばされた人もいるから、こんなこと言うのもなんだけど、前回よりは千葉に関していえば、被害は少なかったんじゃないかな。

甲信越、東北の河川氾濫は多いみたいね。

しかし、それにしてもね。「ダムの放流」

多目的ダムの目的としては、水道用水の確保、農業用水の確保、今はないけど、水力発電、そのほかに、集中した降雨のバッファーというのがあったと思うのだけどね。
子供の頃は、ダムの効用を書きなさいなんていわれたら、何も考えずにそんなことを書いていたけどね。
今回の城山ダムの放流を始め、他のダムの放流を見ていたら、バッファーになっているとはとても思えないね。

だいたい広い範囲で雨が降ったら、河川の流域面積全体から集まった雨が全部川に流れ込むからね。
上流部はダムに集まり、中流・下流もそれはそれでいっぱいになりますわな。
中下流域が「うーもう食べられない。だめー」なんて、言っているところに「まぁまぁそうおっしゃらずに」なんて放水されるわけだからね。

ダム側としたら、これ以上貯めたら決壊するかもしれないよという脅し文句があるから、強いよね。そのおかげで中流域は洪水になってしまうという、なんともお気の毒。


ま、「坂道下り人生」のオイラとしては、難しいことは人にお任せして、あまりの天気のよさに自転車道を自転車も持たずにお散歩。
いろいろあちこち水たまりができているかもしれないから、歩いて行ったんだけどね。20キロほど歩いても、あまり損傷しているところはなかったね。
前回の15号と大違い。

いい天気です。まさに台風一過というか捜査2課というか・・・
DSC_0004.JPG
DSC_0005.JPG

いろいろな、小動物が「あーびっくりした。昨日のはなんだったんだろう」とおっかなびっくりで路上に出てきております。
ヘビの子供だとか、カナヘビ、バッタ、カメ、人生終了間近のカマキリなどなど・・・
DSC_0007.JPG
風はまだ残っていましたが、気持ちのいいウォーキングでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

浜えくせる
2019年10月16日 11:00
台風19号は大雨をもたらし、中部、関東、東北の河川の決壊、氾濫がすごかったですね。死者の人数もどんどん増えて・・・

ブラジルの場合、面積が日本の23倍で、河川に堤防を設けていたら、予算がいくらあっても足りません。
通常、豪雨があれば川幅が広くなるだけです。ただしブラジル駐在中の1979年と1997年の雨季は集中豪雨で、鉄道や国道や小さな飛行場が冠水しました。
50年に一度の洪水が20年に一度となったようです。

貴掲載の最後の写真、クレーン車かと思ったら、カマキリですね。
海にいるのは蝦蛄ですね。
風船屋店主toHAMAsan
2019年10月16日 16:07
80人近い死者が出て、「まぁまぁの被害で済んで・・・」と二階堂さんが失言してましたね。ま、確かに狩野川台風の時は、確か1300人ほどなくなっていますから、同規模という気象庁の話を信じれば、少なくて済んだということですかね。堤防が低くなっているから、盛り土してくれと地元が陳情していたのに放置していて、そこから氾濫した川もありましたね。役人お得意の「想定外の・・・」という話になっておりましたが・・・
蝦蛄はおいしいですけどね、カマキリはあまりおいしそうではありませんね。