パンク!

お、パンクといえばパンクロック!セクシーピストルですかい。


2019073000001.png

いえいえ、パンクはパンクでもね。あの、それ、自転車の・・・・・・

昨日梅雨明け宣言が出たので、ほほいのほいと自転車に飛び乗ったのはいいのですけどね。
KIMG0609.JPG

梅雨の間、ほとんど乗っておりませんでしたのでね。ま、早い話が、タイヤが空気がなくなってぺっちゃんこだったのでごぜえますです。
そこに、適当に空気をシュカシュカ、シャカシャカ、キンキンにいれたものでごぜえますからして、
ちょっと、どうも、クリンチャータイヤがのクリンチャー部分が歪んだまま、空気パンパンになったのでしょうね。
いまから考えるとどうもそうとしか、思えないのでごぜえますです、はい。

その歪んだところから、8気圧のパンパンになったチューブが、脱腸のごとく徐々に顔を出し、8キロくらい走ったところで、急に「パーン!!」と爆発しよったとですもんね。
いやー驚いたのなんのって、ペダルは固定したままなので、思わず前のめりに(パンクは前輪でした)こけるところだったとです。

こうなるともう、パンクではないですね、セクシーピストルおよびでない。いわゆるバースト、破裂というか爆発というか・・・・

普通のパンクであれば、穴のあいているところにパッチをはって、「はい、終わり」なんですが・・・・

これでは、パッチの貼りようも、なかとですもんね。
KIMG0611.JPG
KIMG0612.JPG

裂け目が30cmくらいあったとですよ。

ま、幸い、予備の・・・・えーと、なんといったっけ、あの、その、夏に海水浴に行くといつも歌っているやつ。
えーと、あ、そうそうホース!
ちょっと違うかな、あそうそう、チューブだ、予備のチューブがあったので、なんとかなりましたけどね。

炎天下でチューブの交換。暑かった。

長期に乗らなかった場合、自転車の出発時の始業点検はきっちりとやりましょうね。
0

この記事へのコメント