大きなお世話

サプリメントのメーカーから、ある日、資料が届きました。


画像

「認知症は毎日の生活習慣で防げる」だってさ。
「うるせえー、大きなお世話だ。第一、認知症なら、もうすでになっとるわい。どうだ文句があるか」

いつの間にか、年齢データなんかは流れているんだろうね。ま、たしかに認知症気味ではあるけれども、こういう風に見知らぬ他人から言われると、なんだかむっとくるね。

一昨日、東京のソバ屋の二階で会社の同期入社の同窓会がありました。当時22名入社したそうで、内2名がなくなっていますので、20名の内、15名が参加というのは立派なものです。
ことしで3回目だそうですが、オイラは1回目は銚子センチュリーのスタッフ仕事があって行けず、2回目の去年はお遍路を回っていたので行けず、今年が初参加。
画像



ま、しかし、みんな元気なもんだね。もっともこういうのは元気な連中だけが出てきているので、そう見えるのかもしれないけどね。
とにかく大酒飲みで、毎日毎日、来る日も来る日も大酒かっ喰らって、「こういうのは早くに死んじゃうんだろうなぁ」と思っていたら、ところがぎっちょんすいっちょん。ぴんぴんしてるのよね。
「まだ毎日晩酌してるの?」と聞いたら、「いやぁ、木曜日は休肝日だよ。あまり飲めなくなったね。ま、4,5合ってとこかな」だってさ。

いまでもタバコも吸い、酒も毎日飲みながらぴんぴんしてるのがいるものね。
医者が言っている健康法なんてのは、守らなくても関係ないってことだね。

例のムツゴロウ畑正憲氏もタバコを一時やめたら、健康を害してしまったなんて言ってたものね。死んだってきかないから、まだ生きてんじゃないかな。

寿命なんてほとんど、遺伝子で決まっちゃうらしいからね。

コーヒーを飲んだらガンにならないとか、一時期言われていたけどね。DNAの中に、カフェインを分解するDNAを持っている人が50%ほどいて、その人は確かに抗酸化作用が有効に働くらしいけどね。残りの半分の人は、抗酸化作用も働くけど、その前にカフェイン過多で体を壊すらしいよ。

それにしても、オイラの世代では高校の生物でリボ核酸、デオキシリボ核酸なんて、すでに教科書に出ていたけどね。当時はそんな重要なやつだとは思わなかったからね。
「なんだかわかんないけど、テストにでそうだから覚えておこう」程度だったね。
リボ核酸がRNAで、デオキシリボ核酸がDNAなんてね。やつらも出世したものだ。



この記事へのコメント