風船屋GGのお気楽自転車日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 徘徊ロード

<<   作成日時 : 2019/05/01 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明けましておめでとうございます。今日から令和ですね。きょうは何をしても「令和はじめてのナントカカントカ」になるわけです。

ちょっと小雨がパラついていましたが、令和初めての徘徊に行ってまいりました。
遍路に行こうと決めてから徘徊し始めて、遍路が終っても徘徊クセが治らず、ほぼ2年、徘徊し続けていることになります。
1周だいたい5Kmのコースを、基本は毎日。徘徊しない日以外は毎日歩いております(当たり前か)。

オイラの住んでいる町内は、堅気の衆が多く、ま、こんななんの変哲もない町並みなんですがね。

画像

画像

たまに、「お、カチ込み警戒のヤクザの事務所か?」というような家もありますが、
画像

基本は殺風景なカタギの家が多いのであります。

そこで、徘徊は坂を登って下りて、「染井野」という地区に行きます。朝起きてすぐにこの登り坂を登るというのは結構大変で、その日の体調がだいたいわかります。
染井野から坂を振り返ったところ・・・・
画像


この坂の右側が染井野1〜3丁目、左側が4〜6丁目となっています(多分・・・)
まずは、1〜3丁目を征服していきましょう。
こちらは、確か大林組が中心になって開発した地区で、割と和風建築が多い地区です。
画像

画像

画像

画像

画像

この辺りまでくると大きな家が多く、門構えのある家も増えてきます。車庫もキッパリとシャッターが下りており、ま、「シャッター通り」といいますか、「この車、高いんだかんな、さわんじゃねえぞ」という空気がひしひしと伝わってきます。車もレクサスとか、ベンツの大型などが多い。

画像

画像


1丁目の最深部から戻って、3丁目の方へ戻っていきましょう。4丁目からは、東急不動産の担当した地区が多く(多分・・・)、雰囲気が随分と変わってきます。
1丁目の和風地区から、4丁目に向けて歩いていく途中の3丁目あたりから、町並みの雰囲気が変わっていくのがおもしろい。

こんなネジネジの好きな人とか・・・・・
画像

画像

門柱にひっそりと隠れるピーターパンだとか・・・・
画像

白雪姫と小人の置物だとか・・・中にはこんなわけのわからないものとか・・・
画像

要するに個性派の家が増えてきますね。
なかには、こんなシーサーもいます。
いつも明るく元気で気のいいヤツです。魔除けの効果のほどは疑問ですが・・・
画像

車も、ちょっと小型にはなりますが、MINIクーパだとか、フィアット、VWなどが増えてきます。
画像

画像



さきほどの坂のある大通りを渡って、4丁目地区にはいっていきますと、建物の雰囲気がガラっと変わって・・・
門柱もペイブメントもレンガ風のものが増えてきます。
画像

画像


家も国籍不明の家が増えてきて・・・・
画像

画像


パルテノン神殿風?
画像

この円柱上のお城にはラプンツェル姫が閉じ込められています。
画像

こちらはなんちゃってドイツ風というのでしょうかね、木の筋交いを見せたデザインの壁ですね。
画像


画像

画像


ま、なんと言いますか、気の弱いオイラとしてはちょっと気恥ずかしい町並みなんですね。これが東急風というのでしょうかね。
今の住居を買う時にこちらも見にきたのですが、ちょっと恥ずかしすぎてご遠慮申し上げた地区です。

住むには恥ずかしいけど、徘徊するのは、おもしろいというか楽しい地区です。
お陰で隣村から徘徊するくそ爺いもいて、住民には迷惑な話です。

こちらが、オイラが勝手にメルヘン通りと名付けている小道なんですがね・・・・
なかなか歩いていると気持ちのいい小路です。
画像

画像

画像


なぜ「メルヘン通」というかについては、続編でお話しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徘徊ロード 風船屋GGのお気楽自転車日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる