アメリカ報告(その2:なに見てヨセミテ)

旅の2日目というか、実質初日なんだけど・・・・・

ヨセミテ公園から40分くらいの町のモーテルに泊まったご一行18人。昨日は約400キロをバスで走ったのですが、きょうは8時にホテルを出発、午前中ヨセミテ見てから610キロほど走って、バーストという町まで行きます。
バーストと言っても別にパンクしてるわけでも、爆発したわけでもなさそうです。

しかし、なんだね、610キロですよ、610キロ。大変ですよね・・・・・・運転手が。
乗客は「ま、よろしく」と言って寝てりゃいいのです。へへへ人の苦労はいくらでも耐えられる。

昨日だって400キロも走りながら、まだカリフォルニア州なんだよね。
日本の国土面積は378千平方キロ。地球から月までの距離もほぼ38万Kmだからおぼえやすいね。
カリフォルニア州の面積が424千平方キロだから、日本よりちょっと大きいね。
なにしろアメリカ全土だと、日本の面積の26倍あるっちゅうのだからね。バスで回るったって容易なこっちゃないのです。

カリフォルニア、アリゾナ、ユタ州、ネバダ州と回るわけですからね。毎日600Kmほど走ります。
「運転手さん、がんばってね」

・・・・というようなことを言っておりますうちに、もうヨセミテ公園にはいってきました。
画像

しばらくはバスでくねくね走ります。
こんなバスです。
画像

ヨセミテはカリフォルニア州なんですが、このへんは標高1500mから2000mありますので、雪が残っているというか、この日も雪がちらついておりました。
画像


ヨセミテは大半が花崗岩でございまして、堅そうな岩がそそりたっております。
これは「エル・キャピタン」と名付けられた花崗岩の一枚岩。どどーんと屹立しております。
地上に出ている分だけで1000mほどあるちゅうことらしい。ロッククライミングの人がよく登っているらしおす。
画像

画像


エルキャピタンといえば、アメリカのマーチの父といわれたスーザが作曲をした行進曲「エル・キャピタン」もいい曲ですがね。こいつをテーマに作ったんだろうか。あるいはキャピタンというのは英語でキャプテンのことだから、単なる「大将」ってなくらいの意味だったんだろうか。
こちらはブライダルベールフォール(花嫁のベール滝)と呼ばれる滝。
風が吹くと、霧状にサラーッと流れて花嫁のベールのようになるのだとか。知りまへんがなそんなもの。
どうせ白人か、日本の観光会社が名付けたんだろうけどね。もっと格調高いインデアンの名前があるはずなんだよね。
画像

画像


インデアンといえば、最近は「インデアンは差別用語である。ネイティブアメリカンといいましょう」なんてことになってきていて、ま、ちょっと嘘っぽい感じもするんだけどね。差別というのはもっと根源的なところにあるのではないかいね。
昔、♪One little, Two little, Three little Indian・・・・・なんて歌があったけど、あれはいまどうしているんだろうね。

画像


バスから降りて、あちこち写真を撮っておりますと、あやや、犬のような、オオカミはたまたキツネのようなやつが、こちらを警戒してじっと見ています。犬のような顔、きつねのようなシッポ、多分コヨーテじゃないでしょうか。

COYOTEなんだけどね、アメリカ人は「カイヨーリ」と発音してました。あいつらはTはLのように発音するときがあるからね。おいおい、もうちょっとこっちにコヨーテ。
画像



こちらはヨセミテ滝です。二段仕立てになってます。
画像

画像


近づいて下段の滝をみると・・・・・
画像

画像


こちらは「ハーフドーム」と呼ばれる岩山
画像

もともとドーム状の岩塊だったのだけど、半分崩れてハーフドームとなった次第。何万年も前の話しなんだろうけどね。日光が崩落面に当たって、水蒸気が出ています。
樹木は大体2種類だね。
松の仲間のシュガーパイン
画像

画像

シュガーパインのまつぽっくり、羽の先が尖っていて痛い。
画像

こちらはシダー、杉の仲間だね。
画像

画像


ま、こんなとこだね。雄大といえば、雄大。大雑把といえば大雑把。
自然は豊富だから本来は何日もかけて、歩いて楽しむべきところだね。

バスで来た観光客は「ここは、〇〇です」「こちらは××です」「あちらは▽▽です。はいおわり」って感じですね。

大雑把といえば、アメリカの食べ物は大雑把だけどおいしい。
これは昼にたべたサンドイッチ。一度食べただけだけどね。三度いっち。
見てよ、このハムの分厚さ。
画像


夜は夜で、ステーキ食べたんだけど。
日本みたいに、サシがどうの、舌の上で脂がとろけまんなぁなんて、アホなことは言わない。
男は黙って、赤身肉。味付けは塩とこしょうだけ。
画像


右側のジャガイモが大きすぎて(笑)、左のステーキが貧弱に見えますが、・・・・
ステーキだってよくよく見ればこの厚み。180gあります。
画像

団体でいったのに、焼き加減はきっちりミディアム。ごりっぱ。ステーキはやっぱりアメリカに一日の長があるね。

このアホみたいにでかいジャガイモもうまかった。焼いたジャガイモの皮はうまいねえ。

日本で急激に成長した「いきなりステーキ」というチェーン店。アメリカに30店くらい進出したけど、一部を残して「いきなり撤退」ということになったとか。ま、わかりますね。
「いきなりステーキ」は安いけど、ちょっと硬い。
こちらは安くて、ほどよい噛み応え。

バスに乗って旅行なんていうと、貧乏くさいけど、「運転手つき、超大型リムジン」に乗って610Km.

バーストのQuality Inn On Historic Route66というモーテルにトウチャコしたのが18:30

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント