子だくさん

いのししは豚の仲間だけあって子だくさんですね。いのしし年は生まれる子は多いかな?


画像

人間は、なかなかできない人もいれば、またげば生まれるといわれるほど簡単にできる人もいますけどね。

よく「貧乏人の子だくさん」なんて言われますけどね。漢方医学の権威、丁さん(たしか、日本薬科大学の学長だったかな)によれば、医学的に説明がつくらしいですね。

オイラも蘭なんか育てているとよく経験するのだけど、あまり世話をし過ぎると、花芽が葉芽になって全然咲かないなんてことがあります。ある程度、栄養も水も減らし気味にしたほうが、花が咲きやすい。

人間も、栄養が足りない、環境が厳しい、マラリアだ結核だという危機があったほうが、妊娠しやすいらしいですね。
裕福にのほほんと育って、栄養が足りすぎていると却って妊娠しにくい傾向があるそうな。
動物も3月頃に発情期が多いのは、1月、2月のエサの少ない時期に危機を感じて、3月に発情するという話もあります。

またいろいろ不妊治療を施して、ようやく妊娠しても流産しやすい人は、太り気味の人が多いという現象があるそうです。
これは妊娠を維持するために脳下垂体から出てくるステロイドホルモンが、脂肪と親和性が高く、ただでさえ微量なのに、脂肪とくっついてしまって、肝腎の胎盤とか、子宮まで届かなくなるということらしいですね。子宮が至急欲しがっているので、支給しても子宮まで至急に届かないというわけです。

また、いわゆる「つわり」というのがありますが、あれは食欲を落として、やせて、脂肪をそぐためにある自然の摂理であるという説があります。ある程度やせて、ホルモンが標的臓器に届くようになるとつわりも止まることが多いらしい。
統計的には、やせている人の方が、肥満している人より、つわりも軽いそうな。

・・・・というわけで、えーと、新年早々、何の話してるんだっけ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

浜えくせる
2019年01月09日 10:03
GGは、産婦人科のコメンテーターのようですね。
子宮筋腫が出来ると妊娠しにくいとの情報もあります。
はたやん
2019年01月10日 08:15
自分のノウハウ:俗説では、神羅万象・生きとし生けるものは、体力の衰え:死期の近いことを自覚・認識すると、急いで子孫繁栄の為の生殖活動が活発になるという説があります!!
☆尤も、人間は宇宙物理・量子力学的理論に反して医学や遺伝子工学等の様々なことを発展させてしまっていて既に例外的に異常な長生きな生物になっており、死期を認識しても生殖・繁殖活動が活発化しない生物とか・・・??!!??
★それでも千年・万年単位で診れば、人間は自滅の道を歩んでいるのでは・・・!!??!!
2019年01月10日 19:19
若いころは花なんて見向きもしませんでしたが、中年になって蘭農家の人に、「蘭はあまり大事にしすぎると花が咲かない」と教えてもらって、それから育てています。動物も人間もおなじ傾向があるというのがわかって、面白くなり、ついつい書いてしまいました。産婦人科なんてぜんぜん用なしです。その前のプロセスには興味はありますが・・・
2019年01月10日 19:21
風船屋も体力の衰え、死期が近づいている気がします。急いで、生殖活動に励まなければ・・・・