埋め立て

沖縄・辺野古の埋め立てが始まっちゃったね。

画像

12月14日にやるってのは、前から言っていたけど、なんだろうね。赤穂浪士の吉良邸討ち入りに合わせたのかな。辺野古に討ち入りか。
安倍首相のことだから、12月8日、真珠湾攻撃の日にやるかと思っていたけどね。「トラ、トラ、トラ」。
赤穂浪士とはね・・・・・昨日は安倍ちゃんも、官邸で山鹿流の陣太鼓を叩いていたのかな。官邸に入るときの合言葉が「山」と「川」だったりして。

しかし、なんだね。デニー玉城知事なんてのは、埋め立て反対で立候補して、当選したということは、県民の意思が埋め立て反対ということじゃなかったのかね。
それをまったく無視して、強行するというのはすごいね。

よく地方自治なんていうけど、自治なんてのはかけらもないね。自治ってのは自ら治めるということなんだろうけどさ。町内自治会長より、権限がないね。

それでいて、「県民の皆さんの心によりそって・・・」なんて、シラーッと言えるところが安倍ちゃんのすごいところだね。

賛成すると公共投資予算を落とす、反対すると予算は干し上げる。ま、いってみれば脅迫だわな。ヤクザのやり口ですな。


沖縄のどこの演習地だか、名前は忘れちゃったけど、その村の人たちが、先祖代々、神と崇めていた山がありましてね。その山の周辺を米軍の演習地として、神の山をめがけて、ずーっと米軍が大砲を打ち込んでるんだよね。

その映像をテレビで見た時に、本当に気の毒で見ていられなかったね。(見ちゃったけどさ)
もっと気の毒なのは、70年も打ち続けられていたものだから、地元で育った子供も「へーそんな大事な山だったんですか」なんて言ってるのね。
中国人が靖国神社で新聞紙燃やしたなんて大騒ぎしているけどね。こちらは大砲打ち込んでるんだからさ。

ま、オイラもね、どうすればいいのかよくわかんないので、ひたすら慨嘆するだけなんだけどさ。
まずは、国民全員が、気の毒だなぁ、なんとかしなくちゃいけないなと思うことが、まず第一歩なんだろね。

終戦末期に、沖縄が米軍に占領されたときに、「まぁ、大変。でも沖縄でようございましたわね」なんて言った山の手のおばはんがいたらしいけどね。ほんとに人ごとなんだよね。いっそのこと、東京に原爆落としてやりゃあよかったんだよね。


スペインのカタロニア州みたいに、いちど独立の投票をやってみればどうだろうね。実際にはダメかもしれないけど、かなりインパクトはあると思うけど・・・・・・
座り込みとごぼう抜きの繰り返しではもうどうにもならないね。
薩摩の植民地にされる前は、中国に朝貢していたのだからね。歴史的には中国の属国だったともいえるわけだよね。

この記事へのコメント