水道民営化

水道が民営化なんだってね。

先進国で一時はやったけどね。かなり公営に戻ってきているというじゃないの。大丈夫なんだろうね。
ま、鉄道が民営化されようと、電話が民営化されようと、たこ焼き屋が民営化されようと、知ったこっちゃないけどね。
水道は直接、生命維持にかかわるからね。心配だね。
画像


国会での説明を逐一聞いていたわけじゃないけどね。ちょっと気になるんだよね。
コンセッション方式っての?
その後の、テレビの解説などを聞いていても、設備の所有権は自治体にあって、維持・運営権は民間業者が持つんだって?
所有権と、維持運営権は明示されているけど、管理・運営責任はどこにあるのかというのがはっきりわからないんだよね。
最近、こんなのが多いよね。権利になると、こっちだこっちだとなるけど、義務・責任となるとあっちだ、そっちだ、むこうだ、オラ知らねえ。なんてことがね。
もし、衛生上、問題のある水が供給されたら、「設備が悪い」の「いや維持管理が悪い」なんてことになるんだろうね。
昔は水道管なんて、石綿管を使っていたところが多いからね。石綿だよ石綿。久保田鉄工のアスベスト問題なんてのは、このアスベスト管の製造だからね。いまはやめちゃったけど、管は埋まっているからね。いくら内面はライニングしてあるといったって、老朽化していたらどうなるんだろうね。

話は変わるけど、水道料金の一番安いのは、赤穂市なんだってね。1立法メートル45円。
一番高いのが夕張市で1立法メートル380円だってさ。

昔、船橋市から、佐倉市に引っ越してきた時に、水道料金のあまりの高さに飛び上がって、天井で頭を打ったこがあったけどね。
その頃は、佐倉市もほとんどが地下水で、夏は冷たく、冬はあったかいので、ま、我慢したけどね。いまは一般河川から取水してるから、まずくなったね。
船橋市は、工場はある、公営競馬、オートレースはあるはで、安かったんだね。
それに引き換え、佐倉は何もないからね。国立博物館なんて(公共料金のためには)クソの役にも立たないからね。日立電線なんかの小さな工場はあるかな。印旛沼あたりで、競艇でもやらないかな。

夕張なんか、地下水の個人的使用をもっと認めれば生活は楽になるのかな。
この水道料金は気の毒だね。メロンの汁を飲んでた方が安上がりかも。




この記事へのコメント