なんちゃってイタリアン

ま、夏の間、さんざんお世話になったソーメンでございますがね。さすがにここにきて、ちょっと食傷気味といいますか・・・・暑さがちょっと和らいだということもあるのでしょうか。


ちょっと目先をかえてソーメンを食べようということでございます。ちょー簡単。

用意しますものは、ソーメン人数分。今日は2人前2把でございます。
トマト1個程度。タマゴ2個。ニンニク1片をみじん切り。
一応、なんちゃってといいつつ、イタリアンを目指しておりますので、青物はイタリアンパセリなんぞを用意したいところでありますが、カイワレを代用。

画像


卵はあらかじめ溶いておきます。
画像


鍋のなかに、オリーブオイルをいれまして・・・・ニンニクをいれて、油に香りづけをします。
ニンニクが焦げないようにちょっと中火くらいで・・・・・
画像



トマトをいれて・・・・
グジグジグジとかきまぜます。
画像

画像


トマトはしんなりというか、グッタリとなったところで(別にならなくてもいいのだけど)ソーメンをそのままいれます。
茹でる必要はありません。
画像


ただし、ソーメンをいれると同時に、お湯を1把に対し100cc、この場合200ccを投入。
・・・ということはあらかじめお湯を用意しておかないといけませんね。
画像


ソーメンがぐったりなるまでかき混ぜまして・・・
画像


ちょっと噛んでみて、好みの堅さになっていたら、卵を投入
画像


卵があるていどかたまったら、ホイっ出来上がり。
画像


今日の場合はちょっとお湯が少なかったかな・・・・・

やってみて気がつくのは、ふつうに食べるソーメンは、ゆがいて、冷水で揉み洗いするから、あまり塩気は気になりませんが、このままぶちこむと、ソーメンというのはものすごく塩味があります。
だからくれぐれも味付けに塩をいれようなんて思わないこと。
好みで胡椒とか、パルメザンなんかをかけるのはいいかもしれませんがね。

丼にいれて、これのどこがイタリアンなんだって?

へへ・・ま、オリーブオイルとトマトなんかがね、なんちゃってイタリアン。

この記事へのコメント

sazae3
2018年09月18日 19:29
我が家の最近のランチは、マンネリ化もこのところきにしている減塩料理の為かますますひどくなっています。同じものがぐるぐる繰り返し回っています(苦笑)
すき焼餅は流石に餅は使いませんでしたが即実行!
丼にしました。
なんちゃってイタリアンのランチも多分実現すると思います。
そうめんを使うなんてやって見たことも無い事、是非やってみます。そうめんに塩が入っているとは知りませんでした、ありがとうございます。
卵を最後に??卵は親子丼の様に半熟が良いのでしょうか?それともしっかり熱を加えるのですか?
そうめんがガッチリと固まるのではないでしょうか?
そうめんと卵がぐちゃぐちゃ??想像できません・・やったことがないから・・・

まぁ・・心配しないでやってみたほうが早いかな?今週は週末にならないとお昼は居ませんが・・・
2018年09月19日 10:41
ははは・・・失敗しても責任はもてませんから(笑)よろしくお願いします。とにかく簡単なのが取りえですね。
卵は好みで、私は半熟と固化の中間くらいで、食べていますが、固化しきってもソーメンが固まってしまうということはないと思います。失敗しても、トマトとソーメン(その気になれば堅いまま齧っても死にゃしません)と卵ですから、例えどんな形になろうとも根性を出せば食べられます(笑)。それではがんばってください。
sazae3
2018年09月24日 18:13
作りました。ありがとうございます。思ったよりイタリアンぽい感じで我が家の場合はスパゲッティで作ったほうが良かったかも、素麺をそのまま使うというのが珍しくて作ったのですが、我が家の素麺が少し古かったのでしょう!独特の乾物のにおいがしていました。でも美味しかったです。海苔をトッピングしていい感じでした。
トマトはこのところ高価なので一つだけにしてデルモンテの箱入りトマト6個分というのを使いました。レパートリーが一つ増えました。肉など何にも入って居なくても美味しいのです。あぁ‥卵のいいお味が出て素晴らしいと感じました。写真が無くてすみません。
2018年09月25日 09:29
食べることができてよかったですね。ソーメンというのは油を使って伸ばしているので、普通はその年に作ったものよりは翌年、あるいは保存によっては、翌翌年の方が油分が抜けておいしくなりますけどね。我が家では今年買ったものは(木箱で買ってます)わざと今年には食べないで1年置いてあります。乾物臭の強いときは、別に茹でて、冷水もみ洗いをしたほうがいいかもしれませんね。別に茹でると、本来の食べ方したほうがいいということになるかもしれませんが・・・・