不適切なこと

あついなぁあついなぁあついなぁあついなぁと何回繰り返しても・・・・暑いなぁ

もうね、なんというかね、一日がぼーっとしてるんだよね。
そのうちに「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」ってチコちゃんに叱られそうだね。

なんだかね、世の中に文句をいいたいことも一杯あるんだけどね。文句を言う元気もないね。
文句を言うのもエネルギーがいるということが、よっく、わかりました。

しかもね、最近、リコーダーのグループでグレべという超低音楽器を吹いているものだからね、これが雨どいくらいの太さがあるものだから、吹いても吹いても手ごたえがないっちゅうか、なんちゅうか本中華。フースカフースカ、ふぉーふぉーってな感じで息を吹きすぎて貧血になっちゃうのよね。
午前中練習会でそれをやって、午後はピアノのレッスンに行って、ハモンとかいう音階練習をやって、指がこむら返りになって、もうなんだか大変な一日なんでございますよ。
普通ならハモンの進みが遅いからといって、破門になるところだけれどね、やさしいセンセでなんとか続いておるので、ございます。「ほめて育てるいい先生」に対して、「ほめられてうぬぼれる生徒」というわけで、いい組み合わせなのであります。
画像


ボケた頭とかすんだ目で見るものだから、テレビのニュースもよくわからないんだけどね。
バスケットの選手がジャカルタでストリートガールだか、カラオケクラブで女の子を拾って、ホテルに連れ帰ったんですと・・・・

それでね、どうも女の子とにゃんにゃんしちゃったらしいのだけどね。

それをマスコミが、ホテルで「不適切な」行為をした、と責めているのよね。

不適切な行為というけどね、この場合の「適切な」行為というのはどういう行為なのでしゅか。

ホテルまで連れてきたいじょう、やることをやるのが適切な行為であって・・・・・

なんてつまらない理屈をこねると、またバカにされるからやめようっと。

それにしても最近「不適切」という言葉を使い過ぎていると思いませんか。
正すべきマスコミがそれに悪乗りして使うものだから余計に・・・・・

この記事へのコメント

浜えくせる
2018年08月31日 00:31
問題は日本バスケットボール協会会長が、選手の出発前に現地での注意事項を具体的にきちっと伝えたかどうかです。
女性の会長では、無理かも知れませんが。
4選手を強制帰国させたり、謝罪会見させるのは行き過ぎと思います。重大犯罪扱いでひどい。
報道されなければ、被害者のいない話です。
インドネシアの刑法には疎いですが・・・

2018年08月31日 17:52
まぁ「よくやった」とは言いませんけどね。あまり大騒ぎするようなことでもないような気もしますね。日本代表のジャージを着て、繁華街を(MM6といわれる危険な地区もあります)歩くというのは、大人の男として、ちょっと常識がないという気もしますね。
インドネシアは経済も発展してきていますが、島嶼部が多く、貧富の差が大きいですね。メナードのように美人の産地といわれる町もあり、日本のスポーツ兄ちゃんがフラフラと出来心ということはあるでしょうね。
それよりも最近、ボクシング、体操協会などのように、権力者の問題の方がもっとマスコミが騒ぐべきだと思いますね。
はたやん
2018年08月31日 19:25
『不適切・・・』とはベクトルが異なりますが・・・、

自分は『遺憾に思う』の遣われ方に違和感があり、自分的な解釈では、『思い通りではなく・意図した想定通りではなく』等で、『残念である』と言う意味であると理解しているので、単純に謝罪の言葉ではないので、本来的には謝罪の意図で使うのであれば、『お詫び申し上げます・申し訳ありません』と、続かなければならない筈ですが、『遺憾に思います』で、終わらせている場合が多いのが残念です‼

ついでに余談ですが一言居士としては・・・、

頑張った・結果を出したアスリートが普通に遣うようになってしまった『元気や勇気を与えられれば』についても大いに違和感があり、本来的には『元気や勇気を貰っていただければ』と遣うべきであって、元気や勇気は受け手側がどう感じたかであって、送り手側が『与える』ことではない筈であり、自分たちの時代ではそうであったし、著名な写真家も同様な見解を述べられていたこともあります‼

・・・時代と共に変化すると言う次元のものではないと思っています‼
2018年08月31日 20:23
まことにどちらも、おっしゃる通りですね。
「遺憾に思う」というのは謝罪する気がないということの表明ですね。ちょっとこのところアスリートをほめ讃えすぎのような気もしますが・・・頑張って結果を出したことに対して敬意は表しますが、税金を使っていたりもしますのでね。もう少し謙虚さも欲しいですね。