サイクルカレッジ

CCA主宰の毎年1月恒例「サイクリングカレッジ」が千葉市内で開催されて、ちょっと覗いてきました。


本日の講義は
1時限目「自転車の掃除とメンテナンス」
2時限目「自転車の安全運転について」

なにしろ、いつも汚い自転車に乗っているものですから、きちんとした整備の仕方を習っておこうかなと1時限目を受けまして、2時限目はサボってしまいました。千葉の都会に出るといろいろとやりたいことがありますので・・・・

会場は「千葉サイクリング会館」。なかなか立派なビルです。
画像


講師は、自転車乗りなら必ず何かは使っている「和光ケミカル」社のナントカさん。(名前忘れちゃった)
オイラもデグリーザーとか、クリーナ、チェーンルブリカントなんかは使っているけど、WAKOブランドはけっこう高いからね。パーツクリーナーなんかはDIYで農機具洗浄用の安いやつ使ってたりして・・・・・

なかなか軽妙な語り口の面白い講師でした。
受講者は70数名、なかなか盛況です。
画像

基本的にはオイラのやり方もあまり変わらなさそうだけど、結局は細かいところまで、きちんとやるかどうかだね。
画像

画像

前後輪ともに外して掃除をしたほうがいいとのこと。

オイラはチェーンクリーナーでガラガラガラと車輪外さないでやっちゃうけどね。そんなところが違うってことだね。
チェーンも手作業のブラシでピンの一個一個を丁寧に掃除していました。

意外だったのは、オイラは例の白い泡の出るクリーナー(フォーミングマルチクリーナーだったかな)はフレームにしか使っていなかったけど、講師はチェーンクリーナーで油を落としたあとにこれををチェーンに吹き付けていたことだね。

泡が膨らんでいく過程で、ピンの中までよく浸透していくんだって。へー

チェーンの掃除は300Km~400Km毎にということらしい。

コストコのマイクロファイバーのウエスが掃除には安くて使いやすいというのも有益情報。
もっともオイラはタオルの古いのを使っているから、タダだけどね。
ま、でもふき取り性能は違うんだろうね。

いろいろと勉強になりましたが、知ることと、実際にやることってのはオイラの場合、違うからね。
果たして自転車はきれいになるのでしょうか。

この記事へのコメント