のこぎり山にのこのこと・・・

きょうは曇り時々晴れの予報で、懸案の内房総「のこぎり山」に登ってきました。

かなり以前に、車かロープウエーで登った記憶があり、山とも言えない山だったので、「ふふん」とちょっと馬鹿にして登ったのですが・・・・・・

下から登ると、いやーけっこうキツかったですね。
標高は330mくらいなんですけどね。上ったり下りたりのアップダウンがあって、古稀のGGなどはもう腰がコキコキとなって、まいりました。

電車で浜金谷まで行って、そこから歩くのですがね。
あれが、のこぎり山の山容です。のこぎりのように凹凸の激しい山際。
画像

最初の内はこんなだらだらとした道を歩くのですが・・・・
画像

まもなく、道がわかれます。左が「車力道」といわれるコース。右の階段が見えるのが「観月台コース」
車力コースから登り、観月台コースから降りてくる予定です。
画像


こののこぎり山というのは、凝灰岩のかたまりみたいな山で、いい石が採れることから、江戸時代末期、安政年間から石切りが盛ん。
横浜の開港に当たり、ここから石を運んだり、早稲田大学の校舎もこの石を使ったとか、江戸から明治ににかけた維新前後にはかなり石を切り出されたらしい。昭和35年くらいまで、石切りが続いたそうです。

その石を運んだ車力と言われる人たちが歩いた道なので、車力道と呼ばれておりますです、はい。
画像


画像

画像

画像


1個80Kgの石を3個、計240Kgを載せた、通称「ねこ車」を女性が1日3往復したらしいですな。
画像

安房女は働き者と昔から有名ですが、それにしても・・・・・・

そういう道を軽装の爺いがはぁはぁ言いながら登っているわけですから、お恥ずかしい。

だんだんと道というか階段がきつくなってきまして・・・・
画像

画像

画像

いやあー、もう、あきまへん。
画像



そのうちに石切り場にとうちゃこ。
なかなかの迫力です。
画像

画像

画像

画像


あの上の方が、通称「地獄のぞき」といわれている部分。あそこまで登ります。
画像

画像

その前にまずは「東京湾を見下ろせる展望台」というところまで登ります。
ここで、休憩。コーヒーを飲みながらやれやれ。
画像

右をみれば金谷港。
画像

左を見れば、保田漁港と勝山漁港が見えます。
画像

いったん石切り場まで降りてから、また日本寺の方に向かいます。

日本寺というのは、時は奈良時代、聖武天皇が全国に国分寺を作ったり、大仏を作ったりしていたころに、行基がこの山の上に創建したお寺だということで、随分古いお寺なんですな。
その境内そのものが山の頂上のひとつをなしているわけです。
画像

画像

百尺観音。えー1尺30cmとして、30mか。
画像

薬壺(やっこ)を持った、薬師如来。高さ31m。こちらは座って31mだからね。百尺観音より高い。
画像

画像

千五百羅漢(の一部)
画像

これがさきほど下から眺めていた「地獄のぞき」
岩の先端がライオンの顔のように見えます。
画像

地獄のぞきといったって、フェンスの中から見ている限りは地獄は見えません。
やっぱりフェンスを越えないとね。「おにいさん、もっと前に出なさいよ」

「じゃぁ、あんたからどうぞ」
「うむ、むむむ」
画像

「GGさん、腰がひけてるよ」


ま、しかし、大峰山の修行場のほうが、はるかに怖かったけどね。ロープでしばられて上半身乗り出すんだよね。
20歳くらいの時だから、怖いもの知らずだったけど。「親孝行するか!」「はい!なんでもします」

あちこちを見ている間に累積標高600mを越えまして、GPSデータでは平面移動は6Kmくらいしか歩いていないのに、疲れ果てて降りてまいりました。

金谷港の「ザ・フィッシュ」で3時の昼食。
このあたりは、さすけ食堂とか、船主(ふなおさ)とか、有名な食堂がありますが、水曜日定休のところが多く、あまり選択の余地はありません。
「はかりめ御膳」というのを頼みまして・・・・
画像


千葉の方はご存知かと思いますが、「はかりめ」というのは昔、ひもで棒をつって、片側に錘をつけて、その錘の位置で重さを計ったはかりですね。
アナゴが体側に斑点があって、目盛りのように見えることから、アナゴのことを内房総では「はかりめ」と言っております。
それと追加で、金谷アジのフライ。
とにかく朝食が5時で、昼食が3時ですから、もう腹がへって、腹がへって死にそう。
もう極限まで減って、ハラがぺこぺこなのか、ペコがはらはらなのか、なんだかもう・・・・・
がつがつがつ、と一気に食べてしまいました。

あーうまかった。うしまけた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クク
2017年11月17日 11:14
ご無沙汰です  しっかり走っていますね かみのやまの前夜祭の会場はどこの旅館ですか? 9月から土日が雨ばかりでサボリ癖がついて全く自転車とおさらばしています 10月にかみのやま温泉と山形に電車で行ってきました 蔵王の紅葉はちょっと早かったです
2017年11月17日 15:25
ご無沙汰しています。今年は雨が多くて自転車乗る機会が少ないですね。もっとも50歳台の頃は雨が降っていても「宇宙飛行士でい」といって、雨中でも乗っていましたので、単に歳をとっただけかもしれませんが。
自転車乗るだけだと、筋肉に偏りができますので、最近は低山歩きもしています。のこぎり山なんかでも筋肉疲労が起きてます。
前夜祭の会場は3年前まで使っていたホテルが廃業になりましたので、この2年は月岡ホテルというところです。城の裏になりますかね。