秋の長雨

まーもう、秋雨前線が椅子割っちゃって、ちゃうちゃう、居座っちゃって、毎日雨なんですね。


「小雨結構」「小雨決行」なんてLINEでダジャレを飛ばして自転車乗ってるバカおやじもいますけどね。
かしこいオイラは家の中に閉じこもって、きょうは暖房つけちゃった。
部屋が寒いと、フルート吹くにもギター弾くにも指がうまく動かないのよね。

楽器の練習に飽きたら、積ん読にしてあった本を読みます。

きょうは、先月買ったままにしてあった、フィールダーという雑誌。
最近、この手の雑誌が増えてきてるね。狩猟免許を取る女性も増えてきているようだし・・・・
もうすぐ千葉県では異常発生したキョンが解禁になるかもしれないからね。
つぶれた「行川アイランド」から脱走したキョンがあちこちで異常増殖して、最近は柏のあたりでも目撃されているらしいからね。そのうち荒川を渡って東京まで行くかもしれないね。

それはさておき、このフィールダーの10月号、特集は「野生美食倶楽部」
画像

表紙はぬーっと出てきましたヌートリア。

「野生動植物を食べないなんてもったいない」と言っております。
画像


第一弾はヌートリア
画像

捌き方などが出ております。
画像

画像

焼くと香ばしい肉の油の香りが立ち上がり、噛んでも筋は堅くなく、食肉としてのポテンシャルを感じさせる。
なんて書いてあります。

まーね、オイラもね。この調子で遊んでいると、そのうちお小遣いも枯渇してしまいますのでね。年金だけで食べていくためには、いろいろ野生の食材のレパートリーを広げておきたいと思っておるのですがね。
しかし、ヌートリアってはっきり言ってネズミだかんね。それにそんじょそこらで走っているものじゃないからね。
もーちょっとポピュラーなものないですかねと思ったら・・・・・

ありましたありました。すっぽんとミドリガメ、どちらがおいしいかだって。
画像

すっぽんの解体の仕方まで載ってます。
画像

画像

すっぽん鍋のできあがり。
画像

すっぽんはあちこちで食べたのでおいしいことはわかっているけど、ミドリガメはすっぽんと並ぶおいしさと書いてあります。へー
この筆者も試していないらしいけど、カミツキガメはもっとおいしいらしい。へー
近くの印旛沼にカミツキガメがたくさん繁殖しているので、この情報は実用的だぞ。
いざとなれば、オイラにはカミツキガメがついている。

最近はこういった野性食材を食べるイベントもあるらしくて、編集部から取材に行っております。
神奈川県相模原の廃村ビレッジで開催された「ビストロ山」

「常識を捨てた先に、幸せがある」だって
画像

うー。このカエル、うまそうに焼けているなぁ・・・姿焼きというのはちょっと抵抗あるけどね。
太ももの焼いたの、煮たのなんて、台湾の食堂には普通にあるものね。
鳥のささ身みたいにあっさりしてます。

スズメバチと野草のピザ
画像

スズメバチは川エビのような独特な風味と書いております。

ジャイアントミールの串揚げだって・・・・
クセのない味わい。スナック感覚で子供にも人気があったって。
画像

ミミズはまずいと言っている筆者。そりゃそうだろ道端のミミズをそのまま食ったらしいからね。
せめて泥抜きしないとね。
画像

2,3年前に秩父の山で、がけから落ちて2週間ほど見つからず、奇跡的に助かった人は、食べるものがないので、最後は土を掘ってミミズも食べたと言っていたけどね。生きるという執念だね。

きのこ探しのページも・・・・
一時「自分探しの旅」なんて流行ったけどね。ろくでもない自分を探すより、キノコを探した方がよさそうだぞ。
画像

日本にだってイタリアのポルチーニに勝るとも劣らない食感と香りのキノコがあるらしい。
ヤマドリタケモドキ
画像


川の外道食堂なんてのもあります。
画像

こんなブラックバスとか、ブルーギルとか、これも印旛沼にはたくさんいます。
画像

ブルーギルはまだ食べていないけど、もともと食用に輸入してきた魚だからね。
ブラックバスはスズキ科の魚だから、白身でおいしいよ。皮にちょっと匂いがあるから気になる人は皮をむいて食べるといいね。

毒きのこの見分け方とか、毒植物なども掲載。うーむなかなか内容豊富だね。
画像

画像

画像


「大麻は毒か?」なんて疑問を投げかけているお医者さんもいます。
画像

アメリカは州によって違うらしいけど、
緑は嗜好としても、医療としてもOKの州だって。柿色は医療用はOKの州、黄色はどちらもNGらしい。
画像

このお医者さんは「医療用としては認めたらどうか」と言っておられます。
抗がん剤と大麻を併用すると、腫瘍が小さくなった例などもあるらしい。モルヒネは副作用も大きいけど、大麻ならそれほどでもないということもあるらしいね。へー

そのほか、シイラの釣り方とかも載っています
画像

シイラはちょっと独特の匂いがあるのでね、嫌う人もいますけど、ハワイではマヒマヒといって、もっともポピュラーな魚ですからね。その辺の食堂にはいってもフライドマヒマヒはだいたいあるからね。


「捕まえろ、タダだ!」というコーナーもあって、今月はタニシの巻。
画像


タニシのオスとメスの見分け方。へー初めて知ったね。

画像


ま、なんといいますか、印旛沼の周辺に住んでいればお金が無くなっても、食べるものには不自由しないということが分かって、あんしんあんしん。そうだ、イナゴもいるしね。

なかなかおもしろい本でした。暇つぶしにちょうどいい。
さーて、明日は何をしようかなっと。

この記事へのコメント