手話ニュース

最近、テレビを見ることが多くなり、いよいよころ寝ゴロゴロ人生を驀進中です。


見たい番組は大体、録画しておいて、見たい部分だけ飛ばし飛ばし見ているのですがね。
録画予約の設定の関係で「手話ニュース」の始まりか、終わりがちょっと混じることがあるのですね。

ちょっと見てみますと、そのうちになんだろな?ということになってきます。

手話ニュースというのは、目は見えるけれども、耳は聞こえない人たちのために放送されているのですよね。
だったら、テロップを流せばいいじゃないかと思うのですけどね。

画像


なぜかいつも、喪服のような黒い服装の方ふたりが出てくるのですが、きょうは比較的明るい色の服装のおねえさん。
画像


きょうは、ソフトバンクの孫社長がトランプ次期大統領と会って、「アメリカに5兆円の投資をするかんね。よろしくね」という会談をしたというニュースをやっておりました。
画像


よくわからないというのは、このおねえさんは一生懸命、手話で熱演してくれているのですがね・・・・

このおねえさんをやめて、全部、文字で流したらいいのじゃないかと思うのですが・・・背景に関連映像を流してね。

たまに、こういう関連映像とテロップの組み合わせで流れる時もあるのですが・・・・・・
画像


まぁ手話というのは、先人の計り知れない努力の結果、整備されてきたのだとは思いますし、こういったディスプレイのないところでは意思の疎通方法としては便利この上ないと思いますがね。

しかし、やっぱり隔靴掻痒というか、なんというか・・・・

例えば、「おはよう」なんかの場合は、まず寝ていたことを示すために、右手こぶしをこめかみに手枕のように当てがって、朝ということを表現して、挨拶をしめすために、両手の人差し指を胸の前で向かい合わせに立ててから、指を折ってお辞儀を表す。あるいはダイレクトに手をしたにおろしてお辞儀をする・・・・
ということで、「おはようございます」ということを表現しているのですね。

日常生活では非常に大事な表現ですが、テレビの場合は「おはよう」と字幕にかけばそれで済むわけですね。

なんのために、あのおねえさんが汗をかいているのか????

手話を勉強している人のトレーニングとして流しているのかなぁ????

ま、いずれにしても最近は東京あたりのカフェではこういった障害をもったひとの働く店も多くなってきそうだから、基本的な単語は覚えておいたほうがいいだろうね。
こんにちわ、おはよう、注文おねがい、ありがとう・・・・なんかですね。

誰に教えてもらうのが一番いいか?

やっぱり、この人じゃないですかね。
画像


かなり得意なようですよ。

 「手話っち!!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント