らくらくポタリング

らくらくポタリング。へへ・・。もともと楽に走り回ることをポタリングというのですが、そのうえ楽してどうしようというの。

いい天気で、自転車に乗ろうと思ったものの、さすがにこのところ、近所の印旛沼周辺はちょっと食傷気味。

急きょ、自転車かついでちょいとちょいとの輪行をしました。
京成臼井の駅から乗って、50分ほどの「青砥」駅を目指します。
青砥というのは、京成の上野行と、浅草行が分岐する重要な駅なので、よくホームには降りるのですが、まだ改札の外に出たことがありません(多分)。

別にどこへ行ってもいいので、ま、青砥で降りようということです。
あの辺りは昔は海の底だったろうから、堆積岩でいい砥石が出たのかな。もっとも住所表示では青戸と書いてあるところもあるけどね。

もう朝も寒くなってきて、6時前に出発するのはちとつらいので、通勤タイムが過ぎたころの8時39分の電車にのります。
狙い通り、車いす置き場に自転車を置くことができました。車いすがきたら明け渡しとなりますが、いままで来たことがありません。
画像


おりてみますと、重要な乗り換え駅のわりにはとってもシャビーな駅前でした。
画像

反対側もこんなの・・・・もっともまだ朝の9時半だからね。
画像


ここで自転車を開梱します。
あ、そうそう、自転車仲間の人に「GGさん、そのガムテープはなに?」とよく聞かれるのですが、輪行の時にここにロープをかけるので、スレ防止なんです。
画像


ここで、忘れ物に気がつきます。「アチャー」。
せっかくコピーした地図と「なび悦子」をテーブルの上に忘れてきました。
地図を見るのにと、老眼鏡はもってきたのに・・・・・・とほほほ

こうなると、動物的方向感覚に頼って、適当に走るしかありません。またその動物的感覚がアテにならないのよね、オイラの場合。

とにかく、中川にぶち当たってから、川に沿って遡上しようと走り出しますと、川にぶち当たる前に環状7号線にぶち当たりまして、標識をみると左折したら、亀有・高円寺と書いてあります。
高円寺?アホか、そんな町、こんなところで書かれてもな。
亀有はそういえば、この夏で40年間の連載を終了した「こちかめ」すなわち「こちら亀有派出所」(名前がちょっと違うかな)の舞台だったね。
別に愛読していたわけではないけど、ちょっと覗いてみるか・・・・

環状7号はさすがに交通量が多く、ちょっとびびってしまいます。
歩道も広くなったり、狭くなったりで走りにくいし、車道もトラックがくるといっぱいだしなぁ・・・・・
画像

「トラックがこうきたら、こうかわして、あぁ来たらダッキングでかわして・・・・」とシュミレーション。
「ちょっとちょっとおじさん、何してるの?」
「うん?車道ボクシング・・・」

歩道メインで何とか、亀有にとうちゃこ。カメはあるけど、オイラにゃカネがない。

こち亀の両さんに「すんません。水元公園に行きたいのですけど?」と聞いても、引退間もないので、記念写真を撮る観光客が多く、対応不能。
画像


画像

画像

仕方がないから、本物の交番で教えてもらいました。
画像


しかし、40年間にわたって、亀有を舞台にしたコミックを書き続けたおかげで、両さんはすっかり町の名士。
町のあちこちに銅像があるらしいのですが、いちいちお付き合いできません。
また、今度、商店街探索を兼ねてゆっくり来るかんね。バイバイ

飯塚橋で中川を渡ります。
画像

画像


渡ってしばらく走りますと、「水元公園」
むかしから、へらフナ釣りと、手長エビ釣りで有名なところで、もっとこじんまりしたところかと思ったら、意外に大きい。
画像

画像

自転車で走っても結構楽しめます。
画像

画像

画像

メタセコイヤの林、木漏れ日の中でお茶を楽しんでいるひともいます。
画像

釣り場として名高い「小合溜」
画像

近所に住んでいる爺さんは幸せだね。
毎日、糸をたらして、鼻水たらして・・・・
画像


水元公園を出ますと、すぐ江戸川の堤防に出ます。
画像

しばらく走りますと、取水塔が見えてきて・・・
水も食べ物も持たずに走りましたので、腹が減ってきて、ちゃんぽんのリンガーハットかと思いました。
画像


東京都の金町浄水場。うぉーさすがにでかいねえ。
画像

画像

浄水場の向こうに巨大な注射器が見えます。
画像


ここで堤防をおりて、右にいきますと、柴又の帝釈天
画像

画像

画像


ここの木彫りが意味は分かんないけど、立派な木彫りです。
画像

画像


団子屋の「高木屋」で団子を買います。
画像


♪宮さん 宮さん、ハンドルの前でゆらゆらしているのはなんじゃいな
♪あーれは、老舗の高木やの団子じゃしらないかトコトンヤレナ

画像


うん、小豆の味がなかなかしっかりしております。

狭い参道を自転車を降りておしていきますと、京成「柴又」駅
高砂から分かれてくる支線で京成金町線ですが、2駅でおしまいの盲腸のような線。
画像


その駅前には、寅さんの銅像が・・・・そういえば今年は寅さんの、なんだかの何周年か言ってたな。
画像


柴又から、京成「高砂」まで走りまして・・・・
画像

自転車をたたんで、駅前の中華料理屋で、マーボー豆腐定食900円遅い昼食。「あー腹へった」
画像


距離は大したことないけど(距離計も忘れてきたのではっきりしないけど。30KM未満だよな多分)、あちこち立ち寄ったので腹ヘリコプター。

京成臼井駅にかえってきたら、まだ14時半でした。たまにこんな遊び半分のポタリングもいいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浜えくせる
2016年11月04日 22:32
スカイツリーを注射器とは、面白い表現!
私は馬喰町で2週間の入院中の散歩時、両国橋から、また両国国技館近くからスカイツリーを眺めました。
水元公園(花菖蒲の見ごろ)や柴又は、以前写真撮影会で行ったところで懐かしいです。柴又では矢切の渡しにも乗りました。矢切の渡し賃は最近片道100円から200円に上がったようです。亀有界隈はまだ探索したことがなくて、両さんの銅像も知りません。
ともあれ貴兄の一日の行動範囲は広いですね。体力と食欲、好奇心があるからですね。
2016年11月05日 08:36
水元公園、撮影されていましたか。水元なんて見ずともわかるなんて、行っておりませんでしたが、実際に行くといいところですね。あそこまでいけば、矢切の渡しも乗るべきでしたね。時間はあったのに・・・残念。矢切の渡しに乗らなくて、歯ぎしりの私。
体力はないのですよ。食欲はありますけどね。自転車担ぐのに疲れ果てて、帰りの電車で眠り込んでしまいました。