GO! GO!フィッシング

天気がよさそうなので、OMさん、YMさんと銚子漁港で岸壁釣り。


♪今日もきました、爺はきた~
岸壁の爺

朝6時に福島沖でM7.4の地震があり、「ちょっと、どうかな?」という気はありますが、ま、いっか。

大体、大きな地震のあったときは、特に低層性の魚は釣れないのよね。

釣れる釣れないは2の次で、まずは仕掛けを放り込みまして・・・・・
画像

画像


こんな干し鱈をしがみながら・・・シガシガ
のんびりと待つのでございます。
画像


いい加減、アゴがだるくなってきたころに、こんなハゼや・・・・
画像


画像


イシモチなどがボツボツと連れてきます。
画像


・・・・・と突然、氷漬けのサバを取り出したOMさん。

画像


「あれ、いつのまに釣ったの?」
「いんや、拾ってきたの」
来る途中で、銚子漁港の水揚げ場で網で船からトラックに移載するときに、ぽろぽろサバがおちるのだけれど、誰も拾わないんだって。ついてに氷まで落としてくれるという丁寧さ。
画像

3枚におろして、風干しにします。
画像


イシモチという魚は、高級かまぼこの原料になったりしますが、頭の中に大きな耳石をもっていて、釣りあげられると「グーグー」と文句をいいます。それで別名グチともいわれるのでおます。

イシモチは何匹か釣れますが、お目当てのアナゴで全然きません。やっぱり地震とミニ津波が影響しているのか。

暗くなってから、ようやくアナゴの小さいのが1本づつ釣れましたが、それっきり。

♪これっきり、これっきり、もう、これっきりですかー
と歌っていると

最後にYMさんの竿が大きくしなって、
「なんだなんだ、すずきか?」と騒いで、あがってきたのが、1m弱のサメ。
船釣りではたまに連れて、仕掛けも切られてシャークのたねですが、岸壁から釣れるのは珍しい。
画像

「サメって食べられるから、持って帰りなよ」
「えー?」
「フカヒレだけもって帰ったら?」
画像


ヒレだけ切っちゃおうか。
画像

「勘弁してくださいよう、だんな」
サメがサメザメと泣きますので、そのまま無罪放免となりました。
「大きくなって戻ってこいよー」

「もう戻ってこなくていいよー」

・・・・というようなことで、20時解散。片道2時間の道を走りまして、22時帰宅。
ヒャー疲れた。

釣るより、漁港でサバを拾っていたほうがいいかも。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

C爺
2016年11月23日 21:12
WOW!銚子までかっ跳びましたか!往復4時間お疲れさま。
OM親分の風干しグッドアイデアですね、
釣果はいまいちでも釣りは楽しいですね、グチは釣れてもぐちは言いません。
2016年11月23日 22:18
銚子センチュリーで自転車で往復した身が、しかも練習で自宅スタート、栄町経由の時は200Km超えてましたから、今は車の往復4時間でグチを言っているのだからしようがないですね。釣りをしながら、昔話をしたり、ガスコンロでアルミ容器のうどんを作ったり、そういうことが楽しいのですけどね。
浜えくせる
2016年11月26日 18:59
冬季も、地震直後も厭わず、釣行とは凄い。
日中でも穴子狙いですか?
伊勢湾防潮堤では、夜、穴子が釣れましたが・・・。
金沢八景から船で出て、100%イシモチだけだったこともありました。私だけすぐに船酔いで釣りになりませんでしたが。
昨年腰を痛めて、釣りは自重している昨今です。
2016年11月26日 21:49
日中から遊び半分で竿は出していますが、あなごはやっぱり日が落ちかけて、夕日の光が全反射するころからですね。東京湾はいしもち専門の釣船も出ていますからね。韓国ではいしもちは高級魚でお正月にはかかせない魚ですけど、日本ではいまいちですね。魚屋にはあまりでないですね。風干しして、ちょっと水分を飛ばすとうまいのですけどね。