富山市疑会

秋の長雨とはいうものの、いささか長すぎるんじゃないですか。


おまけに台風3兄弟が同時発生したみたいだし。台湾の被害も激しいようですね。
朝一番では雨が降っておりましたので、あきらめてゴロ寝の不貞寝をしておりましたら、ごろごろごろと56を100回くらい繰り返した5600くらいのあたりで、雨があがりまして、「よし!走れるところまで走ろう」走ってまいりました。

阿宗橋、あそう橋です。・・・・あ、そう・・・なんて言わないでね。
画像

久しぶりにちょっと薄日が射しまして、影のできるサイクリングなんて何日ぶりだろう。
画像

東京はこの4日間の日照時間の合計が1時間に満たないらしいね。
画像


走れるうちに走っておこうっと・・
画像


これ、なんだろうな。ノビルの花かな。ノビルという割には伸びないね。
画像

画像


天気が悪いので、家の中でTVを見ていることも多く、いやもうあちこちでいろんな事件があって、楽しませてくれますねえ。
築地問題がこれからというのに、富山市議会問題が出てきて・・・・
もう少し後でもよかったのに・・・

富山市議会も政務調査費の不正使用、もうなんといいますか、あきれて、開いた口がふさがりません。
顎がはずれたかと思い、饅頭を口にいれたら、くしゃくしゃと動き出しまして、まことに食い意地というのは恐ろしい。
饅頭代を富山市議会に政務調査費の一環として請求しなくちゃ。
また、領収書に数字を書きたして、なんとか処理してくれるでしょう。

それにしてもせこい話だね。あの舛添がはるかにかすんでしまったね。
2000円の領収書に2を書きくわえて、22000円にしちゃったとか、1にちょっと加えて4にしちゃったとか・・・
ひとりで700万円ごまかして、「何につかったの?」と聞かれて、「飲み代に使いました。誘われてついつい飲みにいきました」なんてね。
数字を書き加えたり、白紙の領収書もらったりとか、昭和40年代のサラリーマンみたいなことやってんだね。
サラリーマンと違って、これは公文書偽造ということになるのじゃないのかね。

富山県というのは、長野と並んで教育県として有名で、きれいな湧き水も多く(関係ないか)、精錬潔白な人が多いようなイメージがあったけど、なんかぐじゃぐじゃだね。

もう市議会議員なんかどうせろくな調査してないのだから、政務調査費は全面カットして、そのかわり、何も調査しなくてよろしい。としたらいいのじゃないかな。
ヘタになにかされるよりも、ジッとしてくれていたほうが、いいのじゃないかね。
いま、歳費の10万円アップの提案しているらしいから、あげてやってそのかわりに、活動費は自分で出せということにしたらどうだろう。

富山市の市立小学校、市立中学校の生徒は、市議会の議員さんのこの不祥事をどんな目でみてるのかなぁ。
「世の中なんてそんなもんよ。オイラも卒業したら市会議員になろう」と思ってるかなぁ。
どんな筆跡でもまねできるように練習してたりしてね。

自転車からかえってきたら、ちょうど民進党の代表選挙をやっておりました。
候補3人の中では、やっぱり蓮舫が圧倒的に演説がうまいね。中身はともかく、人の心に訴えるコツを知ってるね。発音も明快だし、聞きやすい。

前原は、民主党時代の失敗の反省ということを前に出しているのはいいのだけど、だからどうするということが明確でないね。失敗を知っている我々がもう一度中心となって・・・・という論法じゃ弱いね。

小沢一郎が「今のわれわれには政権担当能力はない。自民と手を組もう」といったのを猛反対した結果があの尻オムレツ・・じゃなかった支離滅裂だものね。
小沢一郎のいう通りにしてたらよかったのに・・・・・

それぞれが自分たちの力というものを把握していなかったんだね。

長妻もよく勉強はしていたけど、いきなりピストルもって、敵(官僚)の中に飛び込んであえなく返り討ちだものね。
あまりにも稚拙なやり方だったけど、それにしても誰もサポートしてやらなかったものね。

蓮舫もいい線衝いていたけどね。行政改革というのはあれくらいやってちょうどいいと思うけどね。どうせ官僚の反撃もあるだろうから・・・・
彼女も党内サポートがほとんどなかったしね。

野田首相もあまりにも馬鹿正直だったね。解散の約束までしちゃったからね。
あのとき、もう少しのらりくらりしておれば、経済状況ももう少しよくなってたのにね。

6月頃から、輸出超過で国際収支が赤字になり始め、円安政策を進めるいいタイミングだったんだよね。

勝手に円安政策を進めると、世界から総スカン食ってしまうので、国際収支の赤字で、「ま、円安誘導も仕方ないね」という世論になり始めてたんだよね。

アベノミクスがどうのこうのと言っているけど、確かに日銀を白河から、黒田に切り替えたのはよかったけど、ある程度は、時間の問題だったんだよね。

あの時も、小異をすてて、党内で全面サポートしてやればもう少し粘れたと思うのだけれどね。

みんなあまりにも子供っぽかったね。小沢一郎以外はね。

一番恥ずかしかったのは、オイラにとっては、玄葉外務大臣だったね。
ウクライナかどこかの外務大臣と会談したときに、握手をして、相手の外相は玄葉の顔を見て、握手しているのに、玄葉はカメラの方を見ているんだものね。
あの時は日本人として本当に恥ずかしかったね。

人とあいさつするときは、握手するにしても、まず相手の顔を見てからしっかりと握手するものだぜ玄葉くん。

鳩山なんてのは論外だったね。え?欄外?そうかもね。

民進党の道はまだまだ遠いね。底はうったかもしれないけど。

岡田代表は好きだけどね。ちょっと地味すぎるわな。

ま、蓮舫さん頑張ってくれたまえ。というより、民進党の議員諸君、小異を捨てて大同につくということを真剣に考えないとね。自民党を喜ばせるだけだよね。


この記事へのコメント

はたやん
2016年09月16日 07:11
長妻厚労相に関しては自身の党どころか、どのマスメディアも協力的ではなかった訳で、消えた年金問題を1年で解決すると豪語した言いだしっぺの晋三ちゃんは、改造内閣で長妻さんを復帰させてあらゆる手段で支援し結果をだせれば、任期延長も自動決定すると思うけど??!!??・・・それほどの大物ではないか!!

喫緊の重要課題・問題は日銀の紙幣大増刷問題で日本の人口動向推計的には果たして出口があるのでしょうか・・・??!!??
2016年09月16日 16:35
はは・・安倍さんちの晋三ちゃんは、それほどでもどれほどでも大物ではないと思いますけどね。ましてや野党の議員を大臣に迎えるほどの器量は・・・・
フィリピンのやんちゃ大統領でさえも、市長の任期問題でやめて、娘と交代しましたけどね。晋三ちゃんは無理やり延長しますか。過去に問題があったから任期がきまったんだと思いますが、人気さえあれば、任期などどうにでもなるということですか。