観劇

人生60何年目で初観劇をしてきました。小学生の時に学芸会で見て以来かなぁ。あ、いや時間つぶしで歌舞伎の安い1幕ものを見たことがあったかな。「一の谷嫩軍記」だったかな。


テレビで藤山直美のしゃべりを聞いていて、これは面白いなぁと思いましてね。一度、芝居を見てみるかと調べてみたら、ちょうどやっているのでありました。

チケットの値段を調べていくうちに「え?」ということになりまして・・・・・

直接チケットを買うより、いくらか安い値段で、ツアーがあるのですね。
しかも、バスであちこち運んでくれた上に、バイキングの昼食付き、浜離宮入場つき(入場料は300円だけどね。)

ツアーというのはちょっと面倒な点もありますけどね。安いというのなら、なんの問題もありません。

11時前に東京駅横の鍜治橋ターミナルへ行きまして、バスに乗り込みます。
画像


あっというまに浜離宮とうちゃこ。ここで一時間半、時間つぶしをします。
たぶん、安くお得感を出すためと、昼食タイムを外すためでしょう。バス2台で60名近くいますから、昼食場所を探すのも大変なんでしょう。

こちらとしても、わざわざ浜離宮に行くなんてことはまずないと思いますので、こんなことでもない限り、残された少ない人生でくる確率は少ないわけです。強制力が働いて、連れてこられるとそれなりにおもしろいという場所ですね。

・・・・・というようなツアー会社と365連休爺いの利害得失が一致いたしまして、
ま、早い話が浜離宮とうちゃこなのであります。
画像


「12時40分にまたここに集合してくださいね。庭が退屈な人は、あるいて10分で築地市場がありますので、残り少ない築地をお楽しみください」
早い話が13時に昼食の予約をしてあるので、それまでは時間つぶしてよね。ということなのね。

築地も魅力あるけど、行けば必ず食べたくなるし、食べれば必ずバイキングが食えなくなるという、「ケプラーの必然第3法則」によって、築地に行かず、園内をゴロゴロじゃなかった、ぶらぶらしたのであります。

画像

画像


ま、しかしなんですね、汐留・浜松町あたりのビル群に囲まれた不自然な自然というのもなかなか風情のあるものでございますね。

樹齢300年の松
画像

画像


変わった色のコスモスが咲いています。
画像

画像

画像


園内の茶店に上がり込みまして・・・・
画像


画像


饅頭とお茶を飲んで居るあいだに、♪ちょうど時間となーりましたー
画像


予定通り13時にバイキングレストランにはいりまして、予定通りおなかがパンパンのキンキンになりまして「ぐぐ、グルジー。グルジア共和国ー」

しかしどうして、バイキングとなると実力以上に食べてしまうのかなぁ・・・・
生まれが卑しいからだなぁ・・・

15時に人形町の明治座にとうちゃこ・・・・
画像

画像


今日の出し物はこれ、「藤山直美のおたふく物語」
えーと脇役は林与一・・・え!?林与一ってまだ生きてたの?なんてつまらないことでびっくり。
音無紀美子、田中美佐子、少年隊にいた、錦織なんとかいう役者

画像


さてここで、バスとはお別れ。
「会場は3時半で開演は4時ですから、それまでは各自時間をお過ごしくださーい」
お芝居終了後は、あちらが地下鉄の駅になっておりますので、各自お帰りくださーい」
「人形町と、甘酒横丁はあちらでーす」

ここでチケットわたされてツアーは解散。

へーえ、こんなツアーもあるんだ。
おもしろし。

ま、このへんはいろいろ食べ歩きしたところだからね。時間つぶすのに苦労はしない。
ただ意外と、日曜日ってのはしまっている店が多いんだね。
洋食の芳味亭、キラク亭、小春軒も休み、例の親子どんぶりの玉ひでも休み。たいやきの柳屋も休み。
へー日曜ってこうなんだ。

今半は空いております。
画像

今半の「すき焼き肉まん」625円なり。ひえー高っけー
画像


水天宮さんに、安産のお参りしたりして・・・・・
いやいや別にこどもができるというわけじゃないのですけどね。世の中のすべてのかあさんのためにね・・・
画像

水天宮も建て替えてずいぶんきれいになったね。

そうこうしているうちに、時間も過ぎまして、開演15分前に着席。
しかしなんだね芝居ってのは、ばあさん連中が多いね。
それについてきた意外と爺い連中も多い。オイラもそうだけどね。
ヘー、観劇ってこういうものか。
画像


開演になりますと、写真は禁止となっておりますので、ま、本日の写真は、ま、こんなものでありますけどね。

前半55分、後半50分くらいで、間に35分の休憩がはいって、その幕間にみなさん弁当広げたり、1階のレストランに行ったりなさるのですな。
昼飯食べ過ぎて、そのあと肉まん食ったりしたものだから、弁当買ってこなかったんだよね。
何もしないで、ぼーっと35分間。芝居を観るのも大変です。

ところで芝居はどうだったのって?

うーん、藤山直美の面白さはトーク番組なんかのしゃべりのほうが面白いね。
そりゃそうだね、台本があるんだから、そう勝手なこともできないからね。

芸風はやっぱり親子だね。よく似ている。

おばさんたちはけっこう、途中で拍手をしたり、声をあげて笑ったり、楽しんでましたね。
ハンカチで涙を拭いているばあさんも。(お、ここは泣かんとあかんとこやったんか)

観劇で感激というところまではいきまへなんだ。
ま、でもたまには、こんなのもおもしろい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント